April 23, 2005

Pathos Is New Group With Old Me

【哀愁よろしく: ペーソス感じて】

(前日からのつづき)

握手。

30人も入ればいっぱいになるお店なので、座れない人が続出するほど大盛況だが、いろいろな新人アーティストたちが登場する。

ライヴでは「にしん」という平成のピンクレディーともいえそうな女性2人組、「ペーソス」というオジサン3人組(正確には50代の2人組+準メンバーのMC)、うら若き女性5人組のユニット「ピアニン・プラン」というのがおもしろかった。

特にペーソスにはやられた。昭和歌謡を平成にもってきて、ギター1本と哀愁を帯びた歌でやる。この歌詞がめちゃくちゃおもしろい。とぼけた味で、中年男の悲哀を浮かび上がらせる。歌詞を書き、歌うのが1952年山口県生まれ、どこかなぎら健一似の島本慶さん。ギターを弾くのが1953年愛知県生まれの岩田次男さん。そして、名調子の司会がスマイリー井原さん。歌手を目指して苦節30年、デビューして8ヶ月。なんとCDはPヴァインから。MCによれば、「デビューしたものの、どこの新聞も取り上げてくれず、唯一紹介してくれたのが、毎日新聞・・・」(観客からどっと笑い)とのことだが、けっこう話題になっているようだ。言ってみれば、オールドガイによるニューグループだ。

年をとって、どうのこうのと歌詞が続き、そして、「ビミョウ」とコーラスがはいる曲(タイトルは「涙腺歌」)がめちゃおもしろかった。他も、哀愁とお笑いと、どうしようもないせつなさが笑える。ほんとわらた。お笑いバンド、ノヴェルティー・バンドとして密かに注目だ。ちょっと、内緒でライヴ覗きにいきましょう。

後で紙資料・音資料ももらったのだが、その資料の中にいくつかの媒体に出たものがコピーされていた。そこには毎日新聞のものや、雑誌のものもあったが、なんと産経新聞の記事もあった~~。毎日だけじゃないではないの~~(笑) 

そして、ピアニン・プランは、ふだんはそれぞれ活躍しているメンバーが集まるプロジェクト的ユニット。この日は井上ゆかりさん(ピアノ)、ミヤさん(フルート)、平山織絵さん(チェロ)、里見紀子さん(ヴァイオリン)、はたけやま裕さん(パーカッション)の5人が自由自在に音をだす。ジャズとクラシックの中間というか、けっこうのりのいいオリジナル曲(「タンジェリン・クラウズ」)と「ストレート・ノー・チェイサー」を披露。女性パーカッションというのがなかなかユニーク。シーラEみたい。みんな素敵だ。

某レコード会社のKさん。アーティストと見ると誰にでも、「握手だけしていただけますか」と右手を出す。彼女たちにもかたっぱしから右手を差し出していた。今日ライヴを見せた新人たちがKさんのレコード会社から出る日は、果たして来るのか? 

(2005年4月20日水曜、荒木町ウィル(WILLE)=らっこ会)

ENT>MUSIC>EVENT>Rakko No Kai

投稿者 吉岡正晴 : April 23, 2005 11:37 AM
コメント