July 27, 2005

Eric Benet Will Be Coming To Japan On September

【エリック・ベネイ来日決定】 

5年ぶり。

2005-0727-0414.jpgエリック・ベネイの来日が決まった。2005年9月、大阪ブルーノート、東京ブルーノート、横浜モーションブルーなどでライヴを行う。ベネイの来日は3度目。およそ5年ぶりの来日となる。東京では前回は新宿のリキッドルームだった。

日程は次の通り。

9月26日(月) 大阪ブルーノート 06-6342-7722
9月29日(木)~10月1日(土) 東京ブルーノート : 03-5485-0088
10月2日(日) 横浜モーション・ブルー 045-226-1919
10月3日(月) 名古屋ブルーノート 052-961-6311

エリック・ベネイは6月に6年ぶりの新作『ハリケーン』をリリースしたばかり。新作発売、そして、ツアーといういいタイミングでの来日となる。

エリックの新作について。
http://blog.soulsearchin.com/archives/2005_06_21.html

エリック・ベネイは1969年10月5日ウイスコンシン州ミルウォーキー生まれ。92年、姉妹のリサ・マリーといとことともにグループ、ベネイとしてキャピトルからデビュー。このアルバムはほとんど話題にならずに、エリックはソロ・シンガーへ独立。96年、改めてソロ・シンガー、エリック・ベネイとしてワーナー・ブラザースから再デビュー。

デビュー作『トゥルー・トゥ・マイセルフ』からは、映画『シン・ライン・ビットウィーン・ラヴ・アンド・ヘイト』に収録された「レッツ・ステイ・トゥゲザー」(アル・グリーンの作品とは同名異曲)がヒット。いわゆる「ニュー・クラシック・ソウル」「ネオ・ソウル」の第一人者として注目された。

さらに99年ソロ第2弾『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』からは、新進気鋭の女性シンガー、タミアをフィーチャーした「スペンド・マイ・ライフ・ウィズアウト・ユー」がブラックで1位を記録する大ヒットになった。

そして、以来6年ぶりの新作が、こんどの『ハリケーン』となる。2001年から2003年まで、アカデミー女優、ハル・ベイリーと結婚していた。

前回の来日から5年。前回来日もソウルファンを中心に大いに盛り上がったが、今回はさらに小さい会場ということでかなり熱気あふれるライヴになるだろう。

また、エリック・ベネイは10月2日(日曜)の『ソウル・ブレンズ』への生ゲストが内定している。

+++++

写真は、エリック・ベネイ最新作『ハリケーン』の中ジャケ。どうみても、平井堅だ。松尾潔さん、ベネイに平井堅のCD送ってるでしょう? それにしても、新作中の「インディア」(8曲目)、これはいい! 何度聴いても。

ENT>ARTIST>Benet, Eric

投稿者 吉岡正晴 : July 27, 2005 04:41 AM
コメント