November 02, 2005

Dinner Refugee: Searchin' For Good Cutlet

【夕食難民になりにけり】 

夕食難民。

収録を終えて、横浜ランドマークからオッシーを乗せて東京方面へ向かう。夜8時、小腹がすく。というより、ちゃんとおなかがすいている。何か食べましょうか、ということになり、とんかつはどうか、という話になった。オッシーが自由が丘の丸栄を提案、「いいね、いいね」となったが、ちょうど第三京浜を走っていたので、前ここにも書いた川崎のとん黒http://blog.soulsearchin.com/archives/000330.htmlに行こうということになった。

確か月曜が休みで、9時まではやっているはず。充分間に合うはずだ。だが、第三京品を川崎で降りていくだけに、一応電話確認したいところ。オッシーが104で番号を調べるとわからない、という。え~~? じゃあ、僕の手帳に電話が書いてあるかもしれないので、それを見てもらう。しっかり書いてあった。044...しかも、とん黒・月曜定休とまで書いてある。さすが、吉岡手帳。今日は火曜日。やった。そこで、電話をする。出る。やった。やってる。「もしもし、とん黒さんですか。吉岡です。ごぶさたです」 一瞬間があり、「あ~~、どうもごぶさたです」 「今日はまだ、やってますか」 「あ、今日はお休みいただいてるんです。いま、月曜と火曜が定休なんですよ」 「ありや~~~」 

というわけで、次のB案へ。自由が丘の丸栄。104で調べる。番号わかる。かける。しか~~し、出ない。微妙にやな予感。とりあえず、第三京浜を降りて、自由が丘に向かう。もしだめなら、自由が丘のとんきに行こうということになる。丸栄、ロータリーに一瞬車を止めている間にオッシーがロケハンに行く。やはり、休みだった。ぐるっとまわって、とんきへ。すると、なんとまあ、ここも定休日。

「とんかつ屋さんは、火曜日はだめということか」という暗雲が立ち込める。この時点で、ふたりはすっかりとんかつモードにできあがり、なにがなんでもとんかつという感じになる。たしか、目黒のとんきも火曜あたり、休みではないか。(後で調べると、火曜日・定休、さらに第三月曜が休み) キムカツは並ぶので今回はパス。じゃあ、最近密かにお気に入りの広尾の貴香村(たかむら)に行こうと提案。その前に、ステーキのBMはどうだ、風邪気味なら、肉でパワー付けだ、といって大鳥神社近くのBMに行くが、やはり並んでいて40分待ちと言われ撤退。

道順で行けば、次に白金すずきへ。白金トンネルを抜けると、すずきの看板に明かりがついていた。しかしここは9時まで。時刻は8時56分くらい。「すずき、あかりついてますよ!」「いやあ、ここは、9時までだから、もうユーターンして車止める頃には明かりが消えますよ。(笑) 貴香村はたしか9時半すぎまでやってるから、そっちのほうが確実ですよ」

し、し、しかし~~。貴香村の前に行くと、あかりが消えているではないか! な、な、なんと。火曜日、定休? きいてないよ~~。後で調べると、年中無休のはずだが・・・。果たして、なぜだ。なぞだ。

ここで、さっきまであかりがついていたすずきに急遽、戻ることにする。し、し、しか~~し。戻ると時計は9時を2分くらい回っている。あかりが消えてる・・・。さっき、はいっておけばよかったか・・・。一応、オッシーが降りて、店に確認しにいくが、「もうしわけない」と丁重に断られた。こんなもんです。

万策尽きた・・・。6軒、だめだったわけだ。こうして我々は夕食難民になったのだった・・・。

DINING>RESTAURANTS>ESSAY

投稿者 吉岡正晴 : November 2, 2005 01:52 AM
コメント