November 20, 2005

The Master Of Improvisation; Like Raindrops & Clouds : Joe Sample (Part 2)~

【インプロヴィゼーションの達人、ジョー・サンプル~雨粒や雲の如く~】

雨粒。

赤レンガに近づくと、通常はモーション・ブルーでのバンドの音が漏れてくる。誰が何をやっているかまでは、判断できないが、音がでているのがわかる。ところが、この日はいくら建物に近づいても、音は漏れてこなかった。港の静けさと石畳が印象的だ。ひょっとしてライヴ、まだやってないのか。

3階に上がり、入口のトンネルを進んでも、横のバーで流れているBGMは聴こえてきたが、中の演奏は聞こえなかった。そして、おもむろに重い扉を開けると、やっと、ピアノの演奏が聴こえてきた。すでにファーストセットが始まってしばらく経っていた。全体的に、ピアノからの直接の音も聴こえてくるほど、音量が小さい。これなら、外に音が漏れるはずもない。

軽快なリズムの曲を演奏した後、スコット・ジョプリンが作曲した「ジ・エンタテイナー」を演奏した。ジョーの解説によると1900年代初期にジョプリンが書いたということだが、1973年、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード主演の映画『スティング』のテーマ曲として大ヒットし有名になっている。

ピアノのタッチが違う。普通のホテルのバーなどで聞かれるラウンジピアノとは、まったく違い、クラス(品格)、格調がある。オリジナル曲以外のスタンダード曲の解釈がまたユニークだ。それは、その曲の理解度が圧倒的に高いからに他ならない。カヴァーする曲を知り尽くして、あたかも自分の曲のように消化して、それを輩出するから、オリジナリティーのあるカヴァーが生まれる。たとえ、自分のオリジナルであっても、時代とともに、その解釈を変えてしまう。

ファーストとセカンド、両方で「メロディーズ・オブ・ラヴ」と「アイヴ・ガット・リズム」を演奏した。しかし、どちらのヴァージョンもファースト、セカンドで微妙に違う。いや、大きく違った。アップテンポの曲で興がのってくると、彼はいつしか「う~~」とか「あ~~」とかピアノの前で声を出しながら演奏している。

「アイヴ・ガット・リズム」の後に、聞き慣れたメロディーが流れてきた。さて、~~~おおおっ、「ジョージア・オン・マイ・マインド」だ! ピアノ1本で歌もなく、彼は演奏する。彼もまたレイ・チャールズの大ファンだったが、ジョー・サンプルのまったくのソロによる「ジョージア・・・」はまた格別だった。

2セット終了後、楽屋に行った。マネージャーのポールさんに、「『メロディーズ・オブ・ラヴ』、セカンドのはファーストとまったく違いましたね」と言うと、「そうなんだ。ジョーはいつも違ったように弾く。そこがすばらしいんだよ」と答えた。「何年くらい、ジョーのマネージャーを?」 「16年かな。長いけどね。毎晩、違う彼の演奏を聴けるなんて、こんな嬉しい仕事はないよ。光栄だ。彼の演奏は、雨粒や雲みたいなもんだ。つまり、同じように見えて、どれも同じじゃないだろう。刻々と変化していく」 「おおっ、すごい。その通りだ! あなたは詩人ですね!」 「いや、僕が詩人なんじゃなくて、彼(といってジョーを指差す)が詩人なんだよ」  そう言ってにっこりした。

ミスター・サンプルに挨拶をして、「『メロディーズ・オブ・ラヴ』をまったく違った風に演奏されましたね!」と言うと、「(前に弾いたのを)覚えられないんだよ! (笑)」と返ってきた。「僕は、同じことを何度も繰り返すことができないんだ。すぐ飽きてしまう。ポップ・ミュージシャンは、よく同じことを毎晩毎晩繰り返しできるなあ。何年か前に、エリック・クラプトンのバンドでツアーしたことがある。そのとき、本当に毎晩同じように演奏しなければならなかった。みんなのことを感心したよ」

ちょうど、ワインが運ばれ、スタッフ何人かで軽く乾杯となった。毎日グラスで1、2杯ほど赤ワインを楽しむ程度だという。「いやあ、最近のジャズ・シーンっていうのは、ホーンセクションがひとつの音をえらく早弾きするだろう。(といって音真似) だが、どれもワンノート(ひとつの音、ひとつの音階)だけで、ハーモニーがない。ある時、マイケル・ブレッカーが『バババババッ~』(と少しメロディーをつけて、口真似)とえらく早く吹き、しかも、相当数の音を息継ぎもせず吹いていた。『マイケル、息をしろよ!(笑)』って感じだ。ハーモニーがないとメロディーがでてこない。僕自身はメロディーが好きなんだ」 徐々に、ジョーが饒舌になってきた。

(ジョーの話、続く)

(ジョー・サンプルは、日曜=11月20日=から一週間、ジョージ・デュークとともにピアノ・デュオ・ライヴを東京ブルーノートで行います)

1st set: Setlist(incomplete)

00. ??
00. Shreveport Stomp
00. The Entertainer
00. One On One
00. I Got Rhythm
00. Georgia On My Mind
00. Melodies Of Love
Enc.1. Jitterbug Waltz
Enc.2. How Ya Gonna Keep 'Em Down On The Farm? (Theme Of 369)
show ended 19:51

(2005年11月18日金曜、横浜モーションブルー=ジョー・サンプル・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Sample, Joe

投稿者 吉岡正晴 : November 20, 2005 04:12 AM
コメント