March 20, 2006

Prince Talk Event Vol.3 Report

【安斎肇プリンスを語る】

爆笑。

音楽プリンスを研究する『プリンス・トーク・イヴェント Vol.3』が新宿ネイキッド・ロフトで行われた。第一部が僕がゲストで、第二部が安斎肇さんがゲスト、第三部で僕と安斎さん、そして、司会のテリー植田さん、ツナさんの4人で話を進めた。

6時過ぎに来てください、という安斎さん、到着は案の定7時45分くらいでしょうか。(笑) お店に入ってくるだけで、拍手があがりました。2部以降、安斎さん節、大爆発!! めちゃくちゃおもしろかった。そんなに好きだったんだ、プリンス。

安斎さんが、どのようにしてプリンス好きになったのか、安斎さんが持っている数々のプリンス・グッズの自慢など、一々、笑わせてもらった。安斎さんが、初めてライヴを見たのは1986年のツアー。横浜球場だった。そこで大きな衝撃を受け、どんどんとプリンスにはまっていった。この時は2日間、横浜にホテルを確保して見に行ったという。

今回のテーマは、2000年代のプリンス。過去5-6年のプリンスの動きをまとめて紹介した。安斎さん、とりあえずの進行表などまったく見向きもせず、話す、話す。

安斎さんは、シーラEのスティックを持ってる。ものすごくいい匂いがする。(自慢) 横浜にあった一時期プリンスが持っていたグラムスラムからもってきたグラスを持っている。(自慢) プリンスのマークの入ったハンガーを持ってる。(自慢) それぞれの自慢と、それに対抗するツナのバトルは、見ものだった。(笑) 安斎さんが、とても負けず嫌いで、「ちきしょう」という言葉が口癖だということを知った。(笑) 

(2006年3月19日日曜、新宿ネイキッドロフト=プリンス・トーク・イヴェントVOL.3)
ENT>EVENT>Prince Talk Event

投稿者 吉岡正晴 : March 20, 2006 05:01 AM
コメント