March 22, 2006

Movie "Get Rich or Die Tryin'": Story Of Search

(少しだけネタばれになります) 

【映画『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』】

サーチ。

音楽ヒップホップ界のカリスマラッパー、50セント(フィフティー・セント)主演の映画が登場した。タイトルは、2003年のデビューアルバムと同じく『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン(金持ちになるか、さもなくば、死か=成り上がりか野垂れ死にか)』。フィフティー自身が、本人のほぼ自伝的映画の主人公として演技する。全米ではすでに2005年11月に公開され話題になった作品。

50セントの実際の人生にほぼ近い物語ゆえに、様々なエピソードが実にリアルに描かれる。父親を知らずに、母親に育てられ、その母親は彼が8歳の時に殺害される。環境ゆえにギャングスタへなっていき、その世界でトップに登りつめていく。だが、コロンビア人との抗争に巻き込まれ、思わぬ展開へ。

ラッパーとして、やっていこうとするが、なかなかうまくいかず、金に困り強盗をするが、その帰り道、何者かに襲われ、9発もの銃弾を浴びて地面に倒れる。「地面に倒れて9ミリの銃身を見つめた時、死を覚悟しつつ、助けに来るべき父を待っていた。俺は父親を探していた。だが、俺が探していたのは、父ではなく自分だった」。

50セントは映画の中で言う。これは「サーチ(探し)の物語だ」と。まさにあらゆる点において「サーチ」だ。どん底、ぎりぎりのところでサヴァイヴして生きながら、愛と裏切りと友情の間で人生を彷徨うソウル・サーチンの物語でもある。また、彼はずっと知らなかった父親も探していた。だが、彼が最終的に探していたものは、実は父親ではなく、自分だった。ドラッグを売る闇の世界では、愛はご法度だ。しかし、彼は無意識のうちに愛を探してしまう。たまたま愛に出会ってしまったのかもしれないが、その愛が彼の人生を劇的に変える。

それにしても、銃弾の音がスクリーンから聞こえるたびに、僕はびっくりしてしまう。見終えて、かつてのこうした映画、『ポエティック・ジャスティス』、『ボーイズ・ン・ザ・フッド』、『ジェイソンズ・リリック』などと同様の、重い気持ちを持った。リアルであるだけに、そのリアルさが辛い。

フィフティーの演技は、立派だ。ラッパーは皆苦労しているから、苦悩の演技がうまいのか。またストーリーの骨格がしっかりしているので、飽きない。

エピソードのひとつで、リック・ジェームス似の男が出てきて、彼がちょっとした鍵を握るが、これがなかなかおもしろかった。

フィフティーはすでに次回作『ホーム・オブ・ザ・ブレイヴ』への出演が決まっている。また試写室には、珍しくヒップホップのラッパー風の人たち、Bボーイ系の人たちが何人も来ていた。

+++++

Get Rich Or Die Tryin'
『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』
監督ジム・シェリダン 出演カーティス”50セント”ジャクソン テレンス・ハワード
音楽クインシー・ジョーンズ 上映時間1時間56分
配給UIP
シネマライズで初夏ロードショー予定


+++++

オリジナル自伝『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』
5月上旬 青山出版社から発売予定
予価1575円 仕様四六判本文約320ページ

ENT>MOVIE>Get Rich Or Die Tryin'

投稿者 吉岡正晴 : March 22, 2006 02:23 AM
コメント