April 14, 2006

June Pointer Dies At 52

【ジューン・ポインター死去】 

末娘。

音楽姉妹グループとして70年代から80年代に数多くのヒットを放ったヴォーカル・グループ、ポインター・シスターズの末っ子ジューン・ポインターが去る2006年4月11日(火曜)、カリフォルニア州サンタモニカ大学病院で癌のため死去した。52歳だった。癌の種類は発表されていない。ジューン・ポインターは去る2月から入院していた。

ジューンは、姉のルース、アニタの胸に抱かれながら、また兄のアーロン、フリッツも立ち会う中死去した。ボニーは立ち会わなかった。

ポインター・シスターズは、1971年カリフォルニア州オークランドでポインター姉妹4人、上から順にルース・ポインター(1946年3月19日生まれ)、アニータ(1948年1月23日生まれ)、ボニー(1950年7月11日生まれ)、ジューン(1954年11月30日生まれ)によって結成された。60年代後半はポインター兄弟の、姉妹のほか、上記2人の兄たちと教会で共に歌っていた。

DVD1973年、ニューオーリンズのプロデューサー、アラン・トゥーサンのプロデュースによる『ポインター・シスターズ』でブルーサム・レコードからデビュー。ここからいきなり、ファンキーな「イエス・ウィ・キャン・キャン」が大ヒットし注目されるようになった。ポインター・シスターズは、ソウル、ファンクだけでなく、1940年代のアメリカのノスタルジックなスタンダード曲も歌い、従来のR&Bコーラスグループと一線を画した。また、1976年の大ヒットブラック映画『カー・ウォッシュ』にも出演している。

1978年、3女のボニー・ポインターがソロシンガーとなるために、グループを脱退。ボニーは同年モータウンから「フリー・ミー・フロム・マイ・フリードム」がヒット。一方、ポインターズは3人組となり、一時期人気が低迷したが、1979年、ブルース・スプリングスティーンの作品「ファイアー」をレコーディングしたところ、これがポップ部門で2位まで行く大ヒットとなり、復活。以後、「ヒーズ・ソー・シャイ」(1980年)、「スロー・ハンド」(1981年)などの大ヒットが続出、70年代以上に大きな人気を獲得した。

その後、グループ活動と並行してジューン、アニータもソロ活動をしていた時期もあるが、ジューンはソロアルバム2枚をだしてグループを脱退。ポインター・シスターズは、しばらくアニータとルースの二人で活動、その後、ルースの娘イッサ・ポインターを加えて3人組として活動している。

ポインター・シスターズとしてはグラミー賞を3回獲得している。74年度、「フェアリーテール」で「ベスト・カントリー・パフォーマンス」、84年度「オートマティック」で「ベスト・アレンジ・フォー・ヴォイセス」、同年度「ジャンプ」で「ベスト・ポップ・パフォーマンス」。

ENT>OBITUARY>Pointer, June / April 11, 2006 (52)

+++++


LOS ANGELES (AP) ・June Pointer, the youngest of the singing Pointer
Sisters known for the 1970s and 1980s hits I'm So Excited, Fire, and
Slow Hand, has died, her family said Wednesday. She was 52.

Pointer died of cancer Tuesday at Santa Monica University of
California, Los Angeles, Medical Center, the family said in a
statement. She had been hospitalized since late February and the type
of cancer wasn't disclosed.

She died "in the arms of her sisters, Ruth and Anita and her
brothers, Aaron and Fritz, by her side," the family statement
read. "Although her sister, Bonnie, was unable to be present, she was
with her in spirit."

The Pointer Sisters began as a quartet in the early 1970s with
sisters Ruth, Anita, Bonnie and June. The group became a trio when
Bonnie embarked on a solo career.

The group's hits also included He's So Shy, Automatic and Jump (For
My Love).

The sisters, along with their two older brothers, grew up singing in
the choir of an Oakland church where their parents were ministers.
Bonnie and June formed a singing duo and began performing in clubs
around the San Francisco Bay area. Anita and Ruth later joined the
group and together, they sang backup for Taj Mahal, Boz Scaggs and
Elvin Bishop, among others.

Their first, self-titled album, The Pointer Sisters, debuted in 1973
and the song Yes We Can Can became their first hit. They followed up
with the album That's A Plenty, which featured an eclectic mix of
musical styles ranging from jazz to country and pop. They won the
first of their three Grammy awards in 1974 for best country vocal
performance by a group for the song Fairytale.

Bonnie left the group in 1977, and the sisters recorded several more
albums, scoring several hit songs that became identified as the
soundtrack of the 1980s.

The successful 1984 album Break Out earned two Grammy awards for the
songs Automatic and Jump (For My Love). The album's other hit song,
Neutron Dance, was prominently featured in the movie Beverly Hills
Cop.

June recorded two solo albums, and later left the trio.

Anita and Ruth still perform under the group's name. Ruth's daughter,
Issa Pointer, is the trio's newest member.

Two years ago, June Pointer was charged with felony cocaine
possession and misdemeanor possession of a smoking device. She was
ordered to a rehabilitation facility.

Funeral arrangements were incomplete.


+++++

投稿者 吉岡正晴 : April 14, 2006 03:20 AM
コメント