May 06, 2006

"Golden Funk" Party At Plug

【イヴェント「ゴールデン・ファンク」】


ファンク。

ゴールデンウィーク真っ只中。渋谷プラグの主催でゴールデン・ファンクというイヴェント。ゴーゴーのグルーヴ・プラネット、JBファンクのオーサカ=モノレール、そして、Pファンク系のフリーファンクと、さまざまなタイプのファンクグループを3組集めた。

前の用事が長引き、会場についたときは、すでにオーサカの途中からだった。「(自分たちは)1968年から72年までのファンクをやっています。ファンクとはなんぞや、って話なんですが・・・」とオーサカの中田さんが言う。そして、ファンクの説明。これが訳わからなくておもしろかった。

フリーファンクは、2週間ほど前に見たばかり。今回はアン・ピーブルスのヒット「アイ・キャント・スタンド・ザ・レイン」を聴くことができた。

オーサカ=モノレールは、6月にジェームス・ブラウン・ファミリーのクイーン・オブ・ファンク、マーヴァ・ホイットニーとツアーをする。

April 22, 2006
Marva Whitney, Another James Brown Diva, Will Be Coming To Japan For The First Time
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_04_22.html

すでに新曲「アイ・アム・ホワット・アイ・アム」をオーサカ=モノレールとともにレコーディング。これは6月の来日にあわせて7インチ・シングルがリリースされる。これを聞かせてもらったが、いかにもジェームス・ブラウンが作りそうなシンプルなファンク曲で、この声を聴くと、マーヴァの声はまったく問題なく、オリジナル・ファンキー・ディーヴァの名にふさわしい。また、マーヴァは来日中にアルバムをレコーディングする予定だ。 これは37年ぶりのアルバムになる。ライヴもかなりファンキーになりそうだ。 

マーヴァには来日中にインタヴューする。

■関連記事

February 20, 2006
Washington's Own "Go Go Sound" Still Alive & Kicking
グルーヴ・プラネットなど。
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200602/2006_02_20.html
April 24, 2006
J-Funk All Stars: Will Be One Nation Under A Groove, Someday
フリー・ファンクなど。
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_04_24.html

November 14, 2005
Osaka Monaurail Live:An Osaka Monaurail Addict
オーサカ=モノレールなど。過去記事も。
http://blog.soulsearchin.com/archives/000639.html


Setlist

Osaka Monaurail

show started 19:46
00. Introduction
01. Ceora (Lee Morgan)
02. Wine Spot (The JB's)
03. Introduction
04. Down & Out
05. Jam 1976
06. Give It Up Or Turnit A Loose
07. That's My Desire
08. Back And Alive '77 -- Two Houses Make A Happy Home
09. Mother Popcorn
10. Get On The Good Foot
11. New New Type Thing
12. Groovy, Groovy, Groovy
13. Double-Up, Now
14. Whatever You Do
15. Finale
show ended 21:00

Free Funk

show started 21:25
01. Opening S.E.
02. Move It On Funk
03. Easy Listening Syndrome (Short Version)
04. I Can't Stand The Rain
05. 一つになるために
06. Do Your Thing
07. Getting To Know You
08. Midnight Jam
show ended 22:25

(2006年5月5日金曜、渋谷プラグ=オーサカ・モノレール、フリーファンク・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Osaka Monaurail / Freefunk
2006-91・92

投稿者 吉岡正晴 : May 6, 2006 02:15 AM
コメント