June 05, 2006

Soul Searchin': The Session Vol.1, Up To Date

【「ソウル・サーチン・ザ・セッションVol.1」出演者続々決定~ルーサーの親友ディーヴァ・グレイ、ベースに日野賢二、語り部・高山広】

続々。

来る2006年7月1日(土曜日)、ルーサー・ヴァンドロスのちょうど一周忌に行われる『ソウル・サーチン・ザ・セッション 第1回~トリビュート・トゥ・ルーサー・ヴァンドロス』の出演者が続々決まっている。これまでに確定しているアーティストをご紹介しておこう。

『ザ・ソウル・サーチン・ザ・セッション』は、一組のアーティストにスポットをあて、そのアーティストの知られざるエピソードなどをトークでご紹介しつつ、アーティストの持ち歌をシンガーたちが歌うというもの。歌は、日本在住のケイリブ・ジェームスを中心にしたバンドを軸に、様々なゲストシンガーが登場する。

今回のライヴの目玉は、まず、ケイリブがバンドを結成したこと。多くのゲストシンガーは、このバンドで歌う。バンドメンバーには、ベースに日野賢二、ドラムスに高田真、ギターにガッツ、サックスとパーカッションにゲイリー・スコットが参加することが決まった。中でも、ベースの日野賢二は、今回のテーマ、ルーサーの作品でベースを弾くのがマーカス・ミラーということで、日本のマーカスの呼び声も高い彼の参加は大いに期待される。このバンド名は、現在とりあえず「ザ・ソウル・サーチャーズ」と名づけている。

さらに、今回の最大の注目が、ルーサーになじみのスペシャル・ゲストの登場だ。ニューヨークのセッション・シンガーとして数々のレコーディングに参加、ルーサーとも古くからの知り合いで、70年代中期にルーサー本人に誘われセッションの世界に入り、多くのレコーディングを共にしてきたディーヴァ・グレイだ。ディーヴァはまた、ダンス・グループ、シックの初代ヴォーカルの一人でもある。ディーヴァとは、特別にトーク・セッションを設け、他では聞けないルーサーのエピソードを聞き、その後ルーサー作品を歌ってもらう。ルーサーを直接知るディーヴァの話は、興味深いものになるにちがいない。(ディーヴァ・グレイについては、近日中にさらに詳しくお伝えします)

すでにゲスト参加が決定しているのが、すっかり「ソウル・サーチン」ではおなじみの木下航志、前回から参加のガッツ(歌とギター)、前回でもマーヴィン曲で多くの聴衆を魅了したシャンティ、迫力のブレンダ・ヴォーンら。

また今回新しい企画として、「ルーサー物語」をアクター、ディレクト・ライター高山広が演じる。彼は一人芝居を多数演じている俳優であり、語り部でもある。約10分程度の「ルーサー物語」を彼なりの視点で、いくつかのエピソードを含めながら一つの短いトークドラマとして演じる。おそらくルーサーの人となりなどがこのドラマから感じられることになるだろう。

トークゲスト(パネリスト)は、自らのプロダクションにルーサーのヒット曲「ネヴァー・トゥ・マッチ」から「ネヴァー・トゥ・マッチ・プロダクション」と名づけているR&Bプロデューサー、松尾潔、NHK-FMの『ソウル・ミュージック』の選曲、DJでおなじみ尾臺順子、また、唯一無二、独自の「ステップ・アート」を発表し注目されているアーティスト、岡伸昭が参加する。司会進行は吉岡正晴。

この他、出演未確定のシンガーがおり、さらに若干の飛び入りゲストが参加するかもしれない。多彩なゲストが多い、相当密度の濃いルーサー・トリビュートのイヴェントになりそうだ。ルーサー好きの方も、ソウル・ミュージックに興味をお持ちの方も、存分に楽しめるものになるだろう。

(なお、現時点ですでにこのイヴェントは、座席の部分がほぼ満員になっており、立ち見になる可能性がでていますので、観覧ご希望の方は早めのご予約をお勧めします)

(出演アーティスト、ゲストなどの敬称略)

+++++

『ソウル・サーチン・ザ・セッションVol.1』 ~ルーサー・ヴァンドロスへ捧ぐ~

■日時:2006年7月1日(土曜)
開場午後6時 1部・午後7時半から、2部・9時半から
(1部と2部の入れ替えはありません)
■場所:目黒ブルースアレーhttp://www.bluesalley.co.jp/
■住所:〒153-0063 東京都目黒区目黒1-3-14
ホテルウィング・インターナショナル目黒B1F
■電話:03-5740-6041(予約専用電話) 
当日のお店の番号03-5496-4381
■行き方:JR山手線・目黒駅西口を降りて、恵比寿方向へ進み目黒通り(一方通行) を左折、100メートル弱・坂を降りた右側。地下一階。駅から徒歩3分。
■パネリスト:吉岡正晴(司会) ゲスト:松尾潔  尾臺順子 岡伸昭
■歌と演奏:ケイリブ・ジェームス&ザ・ソウル・サーチャーズ(日野賢二、高田真、 GATS(ガッツ)、ゲイリー・スコット)、 ゲスト・木下航志 シャンティ ブレンダ・ヴォーン、Maru(マル)、タケオ他。スペシャル ゲスト、ディーヴァ・グレイ。語り・高山広
■協力・ソウル・バー『下駄鬼』(03-3490-9302)
■チケット:テーブル席(指定)\4,500 立見(自由)\4,000
当日券は各料金\500UP (各税込)

+++++

■予約のしかた:二通りあります。

(1)「ソウル・サーチン・ホームページ」へ予約する方法
下記予約受け付けアドレスに次の事項を明記の上、予約メールをお送りく ださ い。

1)お名前と総人数、2)メールアドレス(できればいらっしゃる方全員のも のが あれば幸いです)、3)緊急の際の連絡先(グループの場合、代表の方だけでけっこう です)、4)このイヴェントを何でお知りになったか。 
折り返し確認メールを お送り します。
問い合わせ先・予約受け付けアドレス
soul_searchin_the_session@yahoo.co.jp

(2)直接、ブルースアレーに予約をいれる方法
予約用ホームページhttp://www.bluesalley.co.jp/reservation/index.html

上記ホームページにアクセスし、必要事項を記入の上、予約をする方法。また、03-5740-6041(予約専用電話)に電話して予約する方法。

では、7月1日にブルースアレーでお会いしましょう。

+++++

EVENT & ANNOUNCEMENTS>Soul Searchin'; The Session, Vol.1

投稿者 吉岡正晴 : June 5, 2006 06:22 AM
コメント