June 17, 2006

Stacie Orrico Showcase Live; After Two Years Of Soul Searchin'

【ステイシー・オリコ・ショーケース・ライヴ~新作からの作品を披露】

再認識。 

いよいよ7月1日に迫ってきた『ソウル・サーチン・ザ・セッション』の準備で音楽ディレクターのケイリブ・ジェームスとけっこうな頻度で打ち合わせをしている。選曲が最終段階になってきて、彼と「これは、絶対みんな聴きたがってるよ」とか、「これは、デュオでアレンジした」とか、いろいろ。また資料のCDをバンドメンバーに渡すなど、庶務がけっこうある。そんなわけで、先日渋谷でケイリブに資料CDなどを渡したが、ちょうどその日は恵比寿ガーデンホールで、ステイシー・オリコのショーケースがあるので、その場で誘ったら一緒に行くことになった。

ステイシー・オリコ (CCCD)どこでやるんだ?」とケイリブが恵比寿ガーデンプレイスを歩きながら尋ねる。「この先のガーデンホールだよ。来たことない?」 「ないなあ」  そして、かなり近づいて「ああ、ここか、何度もここでプレイしたよ。でも、いつも楽屋入口から入るから、こっちの正面玄関から入るのは初めてだ! なんという素晴らしい景色だ」 おおげさ。(笑) 中に入って会場に進むと、また「おお、こんなに綺麗なのか。(いつもステージから客席は真っ暗だかららしい) このホールは。外の景色もすばらしいじゃないか。マサハル、素晴らしい経験をさせてくれてありがとう」 おおげさagain。

会場に入ると椅子がしっかり並べられていて、前のほうにラジオ番組リスナー、読者など熱心なステイシー・ファンが。定刻をちょっとすぎ、司会者、東芝EMIの社長のごあいさつ、ビデオを見せ、ステイシーご本人登場。意外と小さい。司会者と質疑応答。これが約25分。けっこう、トークセッション、よかった。

そして、ギター2人とともにアコースティック・セットのライヴを開始。真中に前作からの大ヒット「モア・トゥ・ライフ」をはさみ、8月にリリースされる新作『ビューティフル・アウェイクニング』からの曲を中心に全5曲。

声がよく通って、なかなかメチュア(成熟)な感じ。デビューが早かったせいか子供っぽい印象があったが、今回のライヴを見て大人のシンガーになったという印象を強くもった。シングルになる「アイム・ノット・ミッシング・ユー」は最後に歌われたが、これはなかなかキャッチー。声自体が、かつてのティーンのシンガーの声から、大人の声になったような気がする。

ステイシー・オリコは、1986年3月3日アメリカ・シアトル生まれ。現在ちょうど20歳。14歳で『ジェヌュイン』でデビュー、17歳で『ステイシー・オリコ』、そして、約3年ぶりに新作『ビューティフル・アウェイクニング』となる。歌声を聴いていて、誰か白人のシンガー・ソングライターに似ているなあ、と感じていたのだが、その誰かが思い浮かばなかった。(あとで資料を見たら、好きなアーティストにアラニス・モリセットがあって、これだと思った)

幼少の頃は、教会でゴスペルに親しんだ。そして信心深い両親はエラ・フィッツジェラルなどのジャズを聴いていて、子供ながらにそうしたものを聴いていた。イタリア系アメリカンだが、ソウルフルな歌いまわしがあるのは、おそらくそのあたりに秘密があるのだろう。しかし、12歳からの数年間、「1日24時間おべっかばかり使う人たちに囲まれていると自分のことがわからなくなる」ということで、彼女は一度きっぱりと音楽の世界を離れる。約2年間の休養は本当に普通の世界に身を置き、当たり前の生活をしていた。時給7ドル50セントでウェイトレスのアルバイトもしたことがあるという。言ってみれば、この2年間は彼女にとってのソウル・サーチンの期間だったのだ。新作はそのソウル・サーチンの結晶ということになるのだろう。楽しみだ。

ローリン・ヒル、エラ・フィッツジェラルドが大好きだという彼女ははっきりと言う。「私はソウル・ミュージックをやりたいの」 ちょっと見直した。そして、今回学んだこと。ステイシーのスペルは、Stacy ではなく、Stacie ということと、オリコのスペルがOrico ではなく、Orricoと r がふたつ入ってるということ。僕は彼女のスペルも覚えなおして、再認識した。

ケイリブも「いやあ、もっとティーンエイジャーのシンガーかと思ったら、意外に大人のシンガーで、しかも声が強くて驚いたよ」と印象を受けた様子だった。

しかし、思いついた。ニーヨも、変な前座いれないで、司会者と質疑応答30ー40分くらいやって、観客からも質問などを受けたりしたら、けっこう文句もでなかったのではなかろうか。(笑) 

Setlist

show started 19.05
live performance started 19.35
1. Easy To Love You
2. Baby Girl
3. More To Life
4. So Simple
5. I'm Not Missing You
show ended 19.55

(2006年6月15日木曜、恵比寿ガーデンホール=ステイシー・オリコ・ショーケース・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Orrico, Stacie
2006-122

投稿者 吉岡正晴 : June 17, 2006 05:04 AM
コメント