June 23, 2006

Akita Shinji Live: Steve Sacks Has Nice Punch Line

【秋田慎治ライヴ】

多様性。

昨年は、期間限定プロジェクトTKYのキーボード奏者として活躍していたピアニスト秋田慎治が自らのソロアルバム『モーメンツ・イン・ライフ』をリリースし、その全国ツアーを行った。その最終日は、スイート・ベイジル。アルバムのほうが、ヨーロッパ調のかなりメロディアスな静かで白いイメージだったので、ある程度その路線かなとは思ったが、なるほど、という感じだった。さすが秋田さん人気で、会場は7-3で女性客多し。

同新作13曲中10曲をプレイ。日本在住のサックス奏者スティーヴ・サックスは、おもしろい日本語を操る。秋田さんに「何か一言ありますか」とうながされ、「一言はありません。レッツ・プレイ(演奏しましょう)」というのがおもしろかった。あと、セカンドセットの途中、みんなが話をするところでの、スティーヴのかたこと日本語での一口小話もビミョーなおもしろさ。ワールドカップにかけたこのネタは、いいオチだ。僕は、この小話を聞いていて、違うネタをおもいついた。

個人的には秋田さんのTKYでのプレイぶりの方向性が気に入っているので、後半、僕の聞く側としての集中力がなくなった。とはいうものの、ひとりのアーティストの音楽的多様性を示すものともいえるからいいのだろう。ただし、一歩まちがえると、イージーリスニング的なラウンジ風になってしまいそうなギリギリのところもあるので、そこのところ、ぜひよろしく。(笑) 

ところでファーストとセカンドの間に20分弱の休憩があるが、これくらいだったら、休みなしで一気にやってしまったほうがよいのでは? 営業的に、休憩をいれないとだめなのかな。また、全曲トリオ(プラス、フルート、サックスなど)だったが、1-2曲、まったく彼のソロだけのパフォーマンスがあっても、メリハリがついたかもしれない。ソロだけというのを聞いてみたくなる。

■メンバー

秋田慎治(ピアノ)
鳥越啓介(ベース)
小松伸之(ドラムス)
スティーヴ・サックス(サックス、フルート)

Setlist
show started 20:03
01. Summer Time
02. Here, There And Everywhere
03. Blue On You
04. Fahrenheit
05. Road To The Lord
show ended 20:50

Second set
show started 21:07
01. I've Waited For You
02. Reflections
03. Just Like It
04. Love For Sale
05. Introduction
06. Division Of The View
Enc. Spread To The Sky
show ended 22:44

(2006年 6月 22日木曜、六本木・スイートベイジル=秋田慎治ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Akita, Shinji
2006-128

投稿者 吉岡正晴 : June 23, 2006 01:31 AM
コメント