July 02, 2006

Big Big Thanks For Joining "Soul Searchin': The Session Vol.1"

Big Big Thanks For Joining "Soul Searchin': The Session Vol.1"

【感謝感謝感激感激】

感謝。

ダンス・ウィズ・マイ・ファーザーソウル・サーチン・ザ・セッション・Vol.1~トリビュート・トゥ・ルーサー・ヴァンドロス」、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございます。おかげさまで、大盛況でした。立ち見の方も多数いらして、しかも会場はかなりの熱気で長時間厳しかったかもしれませんが、ありがとうございます。出演者一同みなみなさまの熱い声援に感謝感激しております。出演者を代表して、改めて、御礼申しあげます。観客のみなさんも最高でした。

いやあ、それにしても盛りだくさんで、詰め込みすぎました。(笑) 前日、進行表をブルースアレーのほうに送ったら、マネージャーの高橋さんから、「吉岡さん、10時45分くらいには終わってくれない? うち、上がホテルでしょ、だから、10時半くらいには終わりたいんですよ・・・。マックス11時には・・・」との電話が。あ~~。とはいうものの、なかなか削るところがなくて・・・。

今回も出し物が多くて、みなさん大変喜んでいただけたようですが、アンケートをさらっと見たところ、一人芝居の高山広さん、ディーヴァ・グレイの歌がよかったという声が多かった。もちろん、全員、全部よかった、というお答えも多く、ひじょうに嬉しく思っております。また、バンドもひじょうによかった。

一人芝居は、後半、かなりの方が号泣していたようですね。高山さんは、舞台を天国にして、そこで、ひとりのおじさんが、天国にやってきたルーサーを迎え、いろいろ話すという状況を作った。そのおじさんは、ルーサーの過去を振り返らせ、天国のいろいろな掟などを教える。その中で、ルーサーの性格、習慣などがたくみに盛り込まれ、最後にじつはそのおじさんが、ルーサーの父親だった、ということがわかる。そして、最後に「ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー」が流れ、そこで、父と息子が二人で一緒に踊るシーンで暗転していく、というもの。

「ダンス・ウィズ・マイ・ファーザー」の中で、お父さんが子供のルーサー・ジュニアを両手で上に持ち上げるシーンを高山さんがやるが、それを見ていた黒沢さんも号泣。観客からもすすり泣きが聞こえた。いやあ、見事。すばらしい。

そして、その余韻もなくならないうちに、木下航志くんが登場し、「スーパースター」をケイリブと二人で。このアコースティックでのこの曲。これまたノックアウトさせられた。ちょうど僕はたち見のところでディーヴァと一緒に見ていたが、ディーヴァも「恐れ入った」という感じで感心していた。これは聞く側も集中した。この曲はあってるなあ。深みがでてた。本当に、航志君の声には磁力、吸引力がある。ついついぐいぐいと引き込まれていくのだ。リハのときよりもさらにテンポを落として歌う。「ドンチュー・リメンバー・・・」ではなく、「ドン・ユー・リメンバー・・・」とルーサーの如く丁寧に歌う。う~ん、うならせられる。(なお、この「スーパースター」は、7月23日日曜の「ソウル・ブレンズ」に航志君がゲストでやって、生で歌う予定だ)

ファーストが始まった時は10分押しだったのに、ファースト終了ですでに25分近く押していた。どこで、この押した分を取り返せるのであろうか。(笑) 

(この項続く)

+ご覧になった方で感想などをお書きになる場合、次の仮BBSへお願いします。

http://bbs6.cgiboy.com/9R0175079/

■メンバー
Cast & Stuff

BAND MEMBERS : Kaleb James & The Soul Searchers

Kaleb James: Keys/Vox (Musical Director)
Gary Scott: Sax/Perc/Vox
Hino Kenji: Bass
Takada Shin: Drums
Gats: Gtr/Vox

Guest Vocalists:

Maru
Shanti Snyder
Kishita Kohshi
Wada Masaya

Opening Act:
"The Soul Division" (acappella group): Uno Mitsuyoshi, Matsuura Michiko, Sakamoto Ryuta, Wakabayashi Yuusuke, Nakata Keiichiro

Special Guest:

Diva Gray

Surprise Guest:

Kurosawa Kaoru

Special Guest Actor:

Takayama Hiroshi

Panelists:

Yoshioka Masaharu (MC)
Matuo Kiyoshi
Odai Junko
Oka Nobuaki

Translator:
Maruyama Kyoko (for Kaleb and Diva on stage)
Okita Shino (for Kaleb and Diva and other American singers off stage)

■Soul Searchin' The Session Vol.1 Setlist

1st set

show started 19:44
00. Acappella Medley: (Here & Now, Superstar, Never Too Much, Dance With My Father, Luther Forever)(The Soul Division)
01. Stop To Love (Kaleb James & The Soul Searchers)
02. Never Too Much (Gats & The Soul Searchers)
--. Shine (New Song, Previously unreleased)(CD)
--. Got Me Home (New Song, Previously unreleased)(CD)
03. If Only For One Night (Shanti & The Soul Searchers)
04. Creepin (Kaleb & The Soul Searchers)
05. "Heaven's Studio" (One Man Play by Takahayam Hiroshi)
06. Dance With My Father (CD)
07. Superstar (Kishita Kohshi & Kaleb James)
show ended 21:28

2nd Set

show started 21:45
01. (medley) Don't You Know That (Kaleb & The Soul Searchers)
--Since I Lost My Baby (Kaleb& The Soul Searchers)
--Your Secret Love (Kaleb & The Soul Searchers)
--Wait For Love (Kaleb & The Soul Searchers)
02. So Amazing (Kurosaw Kaoru & Maru & The Soul Searchers)
03. Give Me The Reason (Shanti & The Soul Searchers)
04. Buy Me A Rose (Diva Gray & Kaleb James)
05. A House Is Not A Home (Wada Masaya & Kaleb James)
06. Love The One You're With (Soul Searchin’ All Stars)
Enc. Ain't No Stoppin' Us Now (Soul Searchin’ All Stars)
show ended 23:16

(2006年7月1日土曜、目黒ブルースアレー=「ソウル・サーチン・ザ・セッション VOL.1~トリビュート・トゥ・ルーサー・ヴァンドロス」)

ENT>MUSIC>LIVE>Soul Searchin': The Session Vol.1

投稿者 吉岡正晴 : July 2, 2006 07:43 AM
コメント