August 09, 2006

DJ Osshy Setlist After Long Deliberation

【クラブ・シック2006セットリスト~熟考の末に】

選曲命。

去る8月4日に六本木のホテル・グランド・ハイアットで行われたディスコ・イヴェント「クラブ・シック2006」でのDJオッシーのプレイした曲の全容が判明した。

本番の一週間以上前から、「何をどういう順番でかければいいのか」という相談をされ、「流れで、流れで・・・大丈夫ですよ」と何度も言ったのだが、「いや、完パケにしたいです」とまで言い出すほど。「だって、完パケにしても、前のDJがそこに入ってる曲かけたら、もうイチコロでしょ。(笑) 大丈夫、大丈夫。客ののり、見ながら、いつも通りやれば問題ないですよ」と安心させようとしても、根っから完璧症なのか、全部流れを作りたいという。

そこで、激論熟考の末、スタートのパターンが約4種類ほど用意された。が、案の定、なんとそのうちの3パターンは前のDJ(ニック岡井氏、DJアトム氏)らがかけてしまい、結局、その時点での未使用「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」から始まるパターンになった。ここからテンプス、ジェームス・ブラウン、ジョー・クォーターマンへ。70年代初期までのファンク・サウンドだ。ちなみに、ジェームス・ブラウンの「コールド・スウェット」は、実はニックさんが9時台にかけていたのだが、それは「ライヴ・ヴァージョン」。ここでは、オリジナルのスタジオ・ヴァージョンをかけたので、問題はなし。

そして、ファンキー・ビューローで少し新しくなり、マイケル・ジャクソンからはオッシーが目をつぶってでもできる70年代後半のダンス・クラシック系の流れに。

僕は、自分がまれにDJをする時には(基本的にはしませんが)、かけた曲をメモる。しかし、一時間分の選曲を、すべて覚えているのだから、オッシーおっそるべし~。すばらし~。あれ、よく見ると、悩んでたチークタイム選曲はなくなったのかなあ。チークも2-3パターン、作ってなかったっけ。(笑) しかし、選曲の流れ、構成でここまで徹底的に話し合うというか、話し込むっていうのは、すごいな。(笑) まさに「選曲命」ですね。

DJ Osshy Setlist Club Chic 2006 @ Grand Hyatt August 4th, 2006

00:00~
01. Play That Funky Music / Wild Cherry
02. I Can't Get Next To You / Temptations
03. Cold Sweat / James Brown
04. I've Got So Much Trouble In My Mind / Joe Quarterman & Free Soul
05. Clap Your Hands / Funky Bureau
06. Don't Stop Till You Get Enough / Michael Jackson
07. I Don't Wanna Lose Your Love / Emotions
08. Do You Wanna Go Party / KC & Sunshine Band
09. Funtime / Peaches & Herb
10. Boss / Diana Ross
11. That Lady / Isley Brothers
12. Back Stabbers / O'Jays
13. It Only Takes A Minute / Tavares
14. Armed Extremely And Dangerous / First Choice
15. Working My Way Back To You ~ Cupid / Spinners
16. Celebration / Kool & The Gang
17. Got To Be Enough / Con Funk Shun
1:00

ENT>MUSIC>EVENT>Club Chic 2006

+++++

投稿者 吉岡正晴 : August 9, 2006 02:55 AM
コメント