October 19, 2006

Bar Kays: Funk Explosion!! Sooooo Dynamite!!

(若干ネタばれになります。これからショウをご覧になる方は、あなたのリスクにおいてお読みください)

【バーケイズ・ライヴ、ダイナマイト・ファンク炸裂】

大爆発。

まさにファンクが炸裂、大爆発。完璧なファンク、エンタテインメント・ショウ。息つく暇もなく、次々とメドレーになって繰り出されるバーケイズのソウル、ファンクのヒットの数々。結成40周年を向かえる大御所ファンク・グループ、バーケイズの久々のライヴ。この肉感的な、ソウル度、ファンク度超満点のバンドの見事なことよ。Funk To The People!

伝説のR&Bシンガー、オーティス・レディングのバックバンドから、成り上がったファンクバンド、バーケイズはこれまで、赤坂ムゲン(71年6月から7月)、渋谷「ライヴイン」(86年頃?)、日比谷野外音楽堂で行われたファンク・フェスティヴァル『レッツ・グルーヴ』(96年、他にコン・ファンク・シャン、エモーションズ、キャメオが来日)などで来日している。

下記セットリストで1から4まで一気。MCをいれてさらに5から最後までこれまた一気。ミディアムからアップテンポの曲ばかり(1曲だけスロー)による一気は、コットンクラブの気温を5度は上げ、うっすらと湯気が立ち込めた。一気飲みならぬ一気ファンクだ。More Funk To The People!

70年代から80年代にかけてのバーケイズのヒット曲、特に「シェイク・ユア・ランプ」から「ドゥ・イット」~「ホーリー・ゴースト」までの流れなどもう最高。つなげてスローの「アティテュード」へ。おどろくほど何の変哲もないこの作品が、超エロエロに変身。ここで若干の宣伝をしつつ、後半はロジャーへのトリビュート。キーボードのエズラが、ヴォコーダーを使いロジャーになりきった。

リードシンガーのラリー・ドドソンの衣装は、まさに70年代オールドスクールのファンクグループらしい、ど派手なラメいりのもの。こんな大げさなデザイン今時誰が作るというくらい、徹底してる。まさにソウル・ファッション。飛行機事故(1967年12月10日、オーティス・レディングとともに飛行機に乗ったバーケイズのメンバーが事故で死去)の生き残りメンバー、ジェームス・アレキサンダー(今回も来日しているベース奏者)とベン・コーリーがバーケイズを再結成し、その後何度かのメンバーチェンジ後、1970年にグループに入ったリードがラリー・ドドソン。ラリーも36年間バーケイズのメンバーだ。

ところで、ラリーが「1987!」とか年代を言って歌い始める曲。かえって調べてみるとそれぞれ、ヒット年号が違っていた。(笑) ま、ファンクだから気にしない、気にしない。Give More Funk To The People!

よく動き、同じステップをふみ、観客を巻き込み一体化して、ファンク・エンタテインメントの頂上を極める。40年、ライヴバンドとしてたたき上げてきた連中はさすがに年季が違う。まさに究極のファンクバンドのライヴ・パフォーマンスだ。

来年(2007年)12月10日は、グレイト・オーティスを奪った事故からちょうど40年になるのか・・・。事故機に乗らなかったジェームス・アレキサンダーは、まさに究極のソウル・サヴァイヴァー。ここでひょうきんに、そして元気にベースを叩く姿にオーティスの遺影が浮かぶ。まさにソウル・バンドに歴史ありだ。 今週土曜まで、今からでも遅くはない。

マネー・トークス
マネー・トークス
posted with amazlet on 06.10.19
ザ・バーケイズ
ブルース・インターアクションズ (1996/08/10)


■ライヴ

10月21日土曜まで、丸の内コットンクラブ。一日2回。
http://www.cottonclubjapan.co.jp/ccj/top.html
TEL : 03-3215-1555
(11:00 a.m.~11:00 p.m.)

■メンバー

Larry Dodson(vo), Darrell Stanley(vo), Archie Love(vo), Kurt Clayton(Key), Ezra Williams(key), Michael Anderson(g), James Alexander(b), Hubert Crawford(ds)

Setlist (Bar Kays @ Cotton Club, 10/18/2006)

show started 21:30
01. Intro
02. Boogie Body Land (1980)
03. She Talks To Me With Her Body (1983)
04. Hit & Run (1981)
MC
05. Traffic Jammer (1981)
06. Sex-O-Matic (1984)
07. Move Your Boogie Body (1979)
08. Do What U Want 2
09. Shake Your Ramp To The Funk (1976)
10. Do It (Let Me See You Shake) (1982)
11. Holy Ghost (1978)
12. Attitude (Tribute To Roger) (1978)
13. More Bounce To The Ounce (1980-Roger/Zapp)
14. Freakshow On The Dance Floor (1984)
15. Your Place Or Mine (1985)
Enc. The Slide (1995)
show ended 22:48

(2006年10月18日水曜、丸の内コットンクラブ=バーケイズ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Bar Kays
2006-194

投稿者 吉岡正晴 : October 19, 2006 05:47 AM
コメント