November 23, 2006

Musical Rent: 

【ミュージカル『レント』】

ロック。

レント (Blu-ray Disc)1996年にニューヨーク、オフブロードウェイで始まったミュージカル『レント』は、すぐにブロードウェイに昇格し、ずっとロングヒットを続けた。1998年、1999年に日本人キャストによるヴァージョンが行われ、その後、2000年夏、2004年2月アメリカ人キャストの来日によるヴァージョンが行われている。(他に2002年ガラ・コンサート、2005年に『レント』の派生プロジェクト『チック・チック・ブーン』なども行われている) また、2005年に映画化され、2006年日本でも公開され、さらにDVDも発売された。そして、今回はおよそ2年ぶりのニューヨーク・キャストによるヴァージョン。

昔の『ラ・ボエーム』を現代版に置き変えたミュージカルで、舞台はニューヨークのイーストヴィレッジ。とある安アパートに住むミュージシャン志望、映像作家志望らを軸にした人間模様を描くロック・ミュージカルだ。彼らの友人たちの内、半数ほどがHIV(エイズ)に感染していて、明日の希望がない。

しかし、どんな貧乏のどん底にいても、自分の夢をあきらめずに追い続けようというひじょうにポジティヴなメッセージや、通常のミュージカルではかからないようなロック音楽をふんだんに使いブロードウェイで大ブレイク、トニー賞などを多数獲得した。

さて、僕個人としては、どうもミュージカルが苦手だということを再確認した。(笑) しかも前回『レント』を見たのが1998年の1度目の日本人ヴァージョンということで、かなり印象が悪かったことを記憶している。今回は本場から来ているので、中には印象に残るパフォーマンスもあった。コリンズ役(スコッティー・マクローリン)の歌がよかった。

・・・と書いて、どうも僕はミュージカルの見方がそもそも違っているかもしれないと思った。どうしても、各個人の歌とか演技を見てしまい、ストーリーや全体的な俯瞰したものを見落としがちなのだ。そのシンガーやパフォーマーの歌などに感銘を受けないと集中が切れる。また、アメリカのミュージカルだと横の字幕を追ってしまう。そうすると、一体誰が歌を歌っているのかわからなくなる。(笑) ワイアレスマイクで演じるので、声がすべて同じところ(スピーカー)から出てくるので、複数のシンガーが交互に歌ったりすると誰が歌っているかがわかりにくい。生声だと、その声の方向で誰が歌っているか、ほぼ察しがつくのだが。そこで、ストーリーやキャラクターに感情移入できなくなる、という悪循環が生まれるわけだ。今回はストーリーとかも、けっこう予習したのになあ・・・。(苦笑) 

そして、このミュージカルはロック・ミュージカルなので、どうしても音楽が僕にはなじめない。そこで、思いついた。これを全部黒人のキャストで、もっとソウルフルな音楽ばかりでリメイクしたらどうだろうか。ファンキーにソウルフルにやってもらうのだ。白人が黒人のものをパクる例はいくらでもあるが、黒人が白人のアイデアをパクるのはあんまりないので、どうだろうか。タイトルは『ソウル・レント』とか『レント・ブラックヴァージョン』とか。

■レント、オフィシャルサイト

http://www.rent2006.com/#cast

(2006年11月22日水曜、新宿厚生年金会館=ミュージカル『レント』)
ENT>MUSIC>LIVE>MUSICAL>Rent
2006-215

投稿者 吉岡正晴 : November 23, 2006 04:34 AM
コメント