April 23, 2007

FunkMasters : Good Audience Makes Good Performance

(お知らせ:【勝本さんとミスター・ブラウンの思い出~パート2】 は明日以降にお送りします)

【いい観客が作るいいライヴ・パフォーマンス】

オーディエンス。

ジェームス・ブラウンの屋台骨、まさにバックボーンとなったドラマー、クライド・スタッブルフィールドとジャボ・スタークス、そしてファンキー・トロンボーン奏者、フレッド・ウェスリー、3人あわせてファンク・マスターズが『ソウル・ブレンズ』にゲストでやってきた。日曜のファーストステージは5時から始まるので、番組冒頭ほんの15分弱しか出演できなかったが、もりあがったトークでプロモーションをしていった。

出番が終わって、彼らがスタジオを出ようとした時、スタジオ内にあったドラムセットにクライドが座って、叩き出した。ところが番組ではすぐに次のコーナーになるので、スタッフが「はやく、はやく(出て)」と大慌てになったのがおもしろかった。

さて、そのプロモーションのせいか日曜のセカンドショーは満員に。ということで、この日はかなりミュージシャンたちもやる気満々になっていた。特に印象的だったのは、彼らがやることは基本的にはいつも同じなのに、この日は彼らのことを本当に見たい、好きな人たちがたくさん来ていたために、ミュージシャンたちがその観客のリアクションに反応していたことだ。最初から観客は、リズムに踊り、アンコールの「ドゥーイン・イット・トゥ・デス」では、ほぼ総立ちになった。

また「パス・ザ・ピーズ!」とふれば、観客は「パス・ザ・ピーズ!」と歌う。少しもたつき気味の「セックス・マシン」でも、「ライド・オン・ライド・オン」と観客が歌う。観客はかなり若く、20代から30代、しかも渋谷でマンハッタンのレコード袋持ってます的な男性が多く見受けられた。おそらく90年代以降のレア・グルーヴのブームでJBズ、あるいは、フレッド・ウェスリー、ジャボ、クライドらの音楽に接したファンが来ていたのだろう。もちろん、昔からのジェームス・ブラウン・ファンもいた。結局、そのアーティストの音楽を知っているファンをたくさん動員できれば、ミュージシャンも喜んでいい演奏を見せることになるわけだ。

それにしてもフレッド・ウェスリーのトロンボーンというのは、一瞬にしてフレッドとわかる。かっこいいなあ。

この日のファンクマスターたちは、のりが違うパフォーマンスになり、結果、金曜より10分以上長くなった。あたりまえなのだが、改めてライヴはオーディエンスとミュージシャンが一緒に作るものだなあということを痛切に感じた。観客に拍手。

■Setlist : FunkMasters featuring JAB'O STARKS, CLYDE STUBBLEFIELD & FRED WESLEY @ Cotton Club, April 20, 2007
セットリスト : ファンクマスターズ・フィーチャリング・ジャボ・スタークス、クライド・スタブルフィールド、フレッド・ウェスリー
(transcribed by yoshioka.masaharu)

show started 20:02
01. Intro - Pass The Peas
02. Cold Sweat (Clyde)
03. Stormy Monday (Jabo)
04. Sex Machine (Clyde)
05. Never Make Your Move Too Soon (Jabo) (From Funkmasters' CD "Come Get Summa This")
06. I Feel Good (Clyde)
07. Papa's Got A Brand New Bag (Clyde)
08. House Party (From Funkmasters' CD "Come Get Summa This")
09. Breakin' Bread (Fred)
10. Come Get Summa This (From Funkmasters' CD "Come Get Summa This")
11. Let's Stay Together (Clyde) (From Funkmasters' CD "Come Get Summa This")
12. Mustang Sally (Jabo) (From Funkmasters' CD "Come Get Summa This")
Enc. Doing It To Death
show ended 21:35

(2007年4月22日日曜、丸の内コットンクラブ=ファンクマスターズ・フィーチャリング・ジャボ・スタークス、クライド・スタブルフィールド、フレッド・ウェスリー・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Funk Masters Featuring Jabo Starks, Clyde Stubblefield, Fred Wesley
2007-51


投稿者 吉岡正晴 : April 23, 2007 05:22 AM
コメント