June 27, 2007

Corneille Showcase Live: When Will His Soul Searchin Start?

【コルネイユ・ショーケース・ライヴ】

ルワンダ。

1977年ドイツ生まれ、ルワンダ育ち、現在カナダ・モントリオール在住というマルチ・インターナショナルなアーティスト、コルネイユがこのほど本邦デビューするにあたり、プロモーションで来日、ショーケース・ライヴを2007年6月25日カナダ大使館内オスカー・ピーターソン・シアターで行った。

カナダ大使館では、別の場所で別のアーティストのショーケースを見たことがあるが、このオスカー・ピーターソン・シアターでライヴを見るのは初めて。約200席が階段状になっていて、見やすい立派なホールだった。

まずは今回のアルバム『ザ・バース・オブ・コーネリアス』のライナーを執筆した松尾潔さんの司会で会はスタート。彼が一言二言フランス語で挨拶をし、コルネイユの解説をして、その後、今度はカナダ大使がコルネイユの略歴を語ってから本人が登場した。

ギタリストひとりを従えてのアコースティック・ライヴで6曲。CDで聞かれるような透明感のある歌声を披露した。

ある意味ソウルフルではあるのだが、ソウル・ソウルしているわけではなく、憂いのあるソウルというか、黒っぽいソウルではなく、心のソウルをかもし出しているようなひじょうにユニークなアーティスト。最近でいうとラウル・ミドン、しばらく前だとシール的な方向性を感じさせられた。彼の場合、音楽そのものよりも、彼の出自(ルワンダで両親を殺された=十二分にソウル・サーチン)が話題になってしまいそうだ。そこを売りにして、どこまで売れるか、そして売った後どうするか、彼のソウル・サーチン第二章はそこから始まるような気がする。

しかしライヴ終了後、関係者への顔見世もなく速攻で帰ってしまったのはなぜだろう。人見知りなのかな。

■日本デビュー盤

ザ・バース・オブ・コーネリアス
コルネイユ
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/06/20)
売り上げランキング: 23


Setlist : Corneille @ Oscar Peterson Theater, Canada Embassy, June 25, 2007

show started 19:40
performance started 19:59
1. Back To Life
2. Love Is Good
3. Too Much Of Everything
4. I Never Loved You
5. I'll Never Call You Home Again
6. A Man Of This World
performance ended 20:20
show ended 20:27

(2007年6月25日月曜、カナダ大使館オスカー・ピーターソン・シアター=コルネイユ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Corneille
2007-84


投稿者 吉岡正晴 : June 27, 2007 12:27 AM
コメント