September 15, 2007

Maceo Parker Thanks For Stuff At Blue...No, Billboard Live

【メイシオ、「ブル~~ノ~」と言う】

100%。

ギタリストの名前は、ブルーノー・スペイト。なんと、かつてアトランタのファンクバンド、SOSバンドにいた人物だった。ピーウイ、フレッド・ウェスリーを従えたメイシオは、かつてのJBホーンズ。このメンバーで横浜などで来日公演をしていたが、メイシオ・パーカー名義では、2001年4月、2005年9月以来ちょうど2年ぶり。その間にプリンスでの来日もある。メイシオ、マーサともに少し痩せたか? フレッドは相変わらずがっちりいい体格。

かつて自分の音楽を「98パーセントのファンク、2パーセントのジャズ」と宣言したメイシオだが、今日のこのファンク度合いは「100パーセント・ファンク」と断言しよう。

フレッドとメイシオはともに1943年生まれ、ピー・ウイだけ1941年生まれ、ちょっと先輩だが、ほぼ同世代の仲間。さすがにこの3人のホーンセクションは強力だ。今年4月にフレッドは、ファンク・マスターズで来ていたが、このときのジャボらオールド・スクールでやるのとまた違う。もちろん、フレッド、ピー・ウイなしのソロとも違う。おそらく、メイシオ、フレッド、ピー・ウイの3人を中心にしたバンド編成が一番はまるのではないかと感じた。長尺曲での3人のソロ・パフォーマンスの回しなどは圧巻だ。

3度の飯よりメシオが好きなソウルメイト、ハセヤンは「メイク・イット・ファンキー」のサビに行くところで、普通のファンクバンドだとが~~と行きたくなるのに、が~~といかずに、ぐっと引いて押さえるところが並じゃあできない、と感心。

そしてショー半ばで登場、毎度おなじみマーサ・ハイは見事な「シンク」を聴かせる。一方、コーラスを取る男性シンガー、コーリー・パーカーはメイシオの息子。また、メイシオがドラマーに向かって腕で指示をする様は、御大ジェームス・ブラウンを思わせた。しかし、そういえば、ボビー・バードの死去にはなんら触れなかった。まさかまだ知らないのかなあ・・・。

アンコールで、メイシオがマイクを取り、会場の照明や音響らスタッフに感謝を述べた。そして「and blue no...」と言って、瞬間にフリーズ、目の前のテーブルにあったメニューを取り上げ、「ビルボード・ライヴッ!!」と言い直し叫んだ。しかし、そのときすでに観客からやんやの喝采を浴びた。「オオッ、ノー」などこの日一番沸いた瞬間かもしれない。(笑) ま、ミスター・ブラウンがバンマスだったら、ミスター・ブラウンはメイシオに右手を広げて「わかってるな」と恫喝するであろう。(右手を広げられたら、5ドルの罰金という意味)

アンコール曲「ホワット・ユー・ノウ・アバウト・ファンク」から「ソウル・パワー」などのリフへの続くあたりは、怒涛のファンク。ぐちゃぐちゃどろどろファンクが炸裂、ファンク度は100パーセントから120パーセントへジャンプ・ア~~~プ! 間違いなくジェームス・ブラウンのDNAとレガシーはここに受け継がれている。

こんなファンクの洗礼を受けたら、黙ってまっすぐ家には帰れない・・・。

■メイシオ・パーカー最新作『M2~パワー・アンド・グレイス 』

M2~パワー・アンド・グレイス
マーカス・ミラー メイシオ・パーカー パッチェス・スチュワート フレッド・ウェズリー ケニー・ギャレット ハイラム・ブロック ポール・ジャクソンJr ヒューバート・ロウズ ジェームス・カーター バーナード・ライト
ビクターエンタテインメント (2001/03/23)
売り上げランキング: 33063

■過去関連記事

September 02, 2005
Maceo Parker Live: Another Minister Of Funk
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200509/2005_09_02.html(前回ライヴ評、セットリスト、メンバー表も)

April 21, 2007
Show James Brown And Don Katsumoto Live Of FunkMasters
http://blog.soulsearchin.com/archives/001722.html

April 23, 2007
FunkMasters : Good Audience Makes Good Performance
http://blog.soulsearchin.com/archives/001731.html(フレッド・ウェスリーを含むファンク・マスターズ・ライヴ評)

■メンバー

メシオ・パーカー/Maceo Parker (Alto Saxophone/Vocals)
フレッド・ウェズリー/Fred Wesley (Trombone)
ピィー・ウィー・エリス/Pee Wee Ellis (Tenor Saxophone)
マーサ・ハイ/Martha High (Vocals)
コーリー・パーカー/Corey Parker (Vocals)
ブルーノ・スペイト/Bruno Speight (Guitar)
ウィル・ブールウェア/Will Boulware (Keyboards)
ロドニー・”スキート”・カーティス/Rodney "Skeet" Curtis (Bass)
ジャマル・トーマス/Jamal Thomas (Drums)

■セットリスト

Setlist : Maceo Parker @ Billboard Live, October 12, 2007
セットリスト メイシオ・パーカー 
[ ] indicates album
compiled by the soul searcher

show started 21.35
01. Intro / Fiesta
02. Off The Hook [Made By Maceo]
03. Make It Funky - A Riff Of "It's Too Funky In Here"
04. Children's World [Roots Revisited]
05. Uptown Up [Funk Overload]
06. Think (Featuring Martha High)
07. (Funky Good Time) Doing It To Death
Enc. What You Know About Funk? [School's In]
Enc. Pass The Peas - A Riff Of "Soul Power"
show ended 23.02

(2007年9月14日金曜、東京・ビルボード・ライヴ=メイシオ・パーカー・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Parker, Maceo
2007-114


投稿者 吉岡正晴 : September 15, 2007 04:11 AM
コメント