November 11, 2007

Jamie Aaron Kelley: The Legacy Of Elvis Is Here To Stay

【エルヴィスの魂、降臨か】

そっくり。

エルヴィス・プレスリーはアメリカの雑誌フォーブス誌の調査で一昨年(2005年)まで物故者年収ベスト・ランキングで5年連続1位になっていた。年に5000万ドル(約60億円)以上稼いだ年もある。昨年、カート・コベインに1位を奪われたものの、今年(2007年)10月末に発表された最新版で4900万ドルを稼ぎ再び1位に返り咲いた。

http://articles.moneycentral.msn.com/Investing/Forbes/TopEarningDeadCelebrities.aspx

「死して財を成す」ではなく「死して財を生み出し続ける」といった驚異的なアイコンだ。そして、そのエルヴィスのレパートリーをすべて覚え、そっくりに歌えるというシンガー、ジェイミー・アーロン・ケリーがライヴを行った。バックの編成はドラムス、ギター2人、ベース2人、キーボード、ホーンセクション3人、コーラス2人計11人。そして観客層は圧倒的に「団塊の世代」。みな30年~40年以上も前の青春時代にエルヴィスを好きだったのだろう。

興味津々で行ったが、これがまあ、よく似てる。ほんと、驚いた。アメリカでも大人気になるわけだ。動き方、歩き方、腰の振り方まで実によく研究している。話し方も、あのエルヴィス独特の南部訛りを自然に醸し出している。特に「…and ah…」とか「but ah…」といったあたりが実にうまい。エルヴィスの自伝映画ができるときには、ジェイミーは間違いなく主役候補だ。

また、バック・バンドが日本人ながらシンプルで息があっていて、ロックンロール、ロカビリーなどが上手。ウッドベースの人が作り出すロカビリー的なグルーヴ感には大変感心した。また、1曲が2-3分とみな短いのでテンポよくショーが進む。観客を立たせて簡単なダンスを踊らせた「アイ・キャン・ヘルプ」では全員が手を左右に動かすダンスをした。観客裁きもお手のもの。

アンコールが終わったところで、大のエルヴィス・ファン湯川れい子先生が花束をジェイミーに渡し、しっかり頬にキスをもらい、にこにこしながら通路を席まで戻っていった。すばらしい。

Setlist : Jamie Aaron Kelley @ Sweet Basil, 2007/11/09
セットリスト ジェイミー・アーロン・ケリー 

Show started 19:29
00. (Short Video)
01. You’re Mine Tonight
02. Uncle Penn
03. I’m Gonna Sit Right Down And Cry (Over You)
04. For My Heart
05. Sun Medley: Get Rhythm / Folsom Prison Blues / Mystery Train / Tiger Man
06. Only You (Platters)
07. You’re So Fine
08. Such A Night
09. Surrender
10. Return To Sender
11. Blue Bayou / Only The Lonely
12. Come What May
13. C’Mon Everybody
14. Raised On Rock
15. Just A Little Bit
16. I Can Help
17. I’ll Never Fall In Love Again (Tom Jones)
18. For The Heart
19. Blueberry Hill (Fats Domino) (Jamie on Piano)
20. Unchained Melody (Righteous Brothers) (Jamie on Piano)
21. Memphis In The Meantime
22. All I Ever Need Is You
23. The Elvis Medley: Jailhouse Rock / Teddy Bear / Hound Dog / All Shook Up / Don’t Be Cruel / Burning Love / Suspicious Minds / The Wonder Of You / Let Me Be There
Encore: A Little Less Conversation
Show ended 21.12

(2007年11月09日金曜、六本木・スイートベイジル=ジェイミー・アーロン・ケリー・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Kelley, Jamie Aaron
2007-152


投稿者 吉岡正晴 : November 11, 2007 04:37 AM
コメント