November 12, 2007

Nick Okai Dies At 60

【ダンス・クリエイター、ニック岡井氏60歳で死去】 

死去。

日本のソウル系ダンス・クリエイターであり、多くのソウル・ステップのダンスを考案し、また現役ソウルDJとして活躍、ソウル・ミュージック業界に大きな足跡を残したニック岡井氏(本名・岡井邦彦)が2007年11月11日(日曜)午後、東京都港区の自宅で死去した。60歳だった。長く肝臓の病気を患っていた。通夜は11月18日(日曜)(18時)、葬儀は11月19日(月曜)(午前11時)、臨海斎場(東京都大田区東海1丁目3ー1)で行われる。喪主は妻・佐和子さん。

11日は朝、妻佐和子さんがでかけたときは元気で、午後2時頃には友人と電話したことが確認されているが、7時過ぎに佐和子さんが帰宅したときには冷たくなっていた、という。現在、遺体は警察に移され、死亡原因、推定時刻などが調べられている。肝硬変で何度か入退院を繰り返していた。この8月にも一時的に入院していた。しかし、9月29日の恒例誕生日イヴェント、また10月の「ニック岡井の還暦を祝うハワイツアー」(10月12日から4泊6日)には若干元気はなかったが、しっかりと参加していた。

ニック岡井氏は、1947年(昭和22年)9月29日神奈川県生まれ。ニックネームの「ニック」は9月29日生まれと、本名「邦彦」の音の響きから。1960年代後期から新宿の「音楽をかけて踊る」いわゆる「踊り場」などに出入りするようになり、ソウル・ミュージックと出会い、その魅力に惹かれる。新宿の喫茶店「ジ・アザー」(1966年頃から)や「PGS」(1968年頃から)などに出入りし始める。1966年頃、友人で踊り好きだったクック豊本氏、チャッキー新倉氏とともに歌って踊るグループ「クック・ニック&チャッキー」を結成。ライヴ活動を開始。1970年シングル「ライダー・ブルース」でデビュー、その後「僕の彼女は三つ年上」、さらに1971年に「可愛い人よ」をリリース。「可愛い人よ」はリリース当初はヒットしなかったが、新宿ゲットで頻繁にプレイしたところ、徐々にヒット、全国のディスコで人気を集めた。しかし、グループは1972年に解散。その後、ニックは新宿ゲットでディスコDJとして活動したり、また数々のダンス・ステップを考案したりして、日本のソウル界、ダンス業界に大きな足跡を残した。ニックが考案したステップで有名なものには、レア・アースの「ゲット・レディー」、「可愛い人よ」、「セクシー・バスストップ」など。日本のソウル系ダンス・ステップの第一人者。ディスコ創世記からかかわり、ディスコ全盛期をリアルタイムで生き、多くのステップを残した人物である。

所属していたディスコは、1971年からの新宿「ゲット」、1979年から六本木「インフィニティ」、1984年から白金「ダンステリア」など。

1990年、フジテレビで『ダンス・ダンス・ダンス』というテレビ番組が生まれるにあたってダンスチーム、「キング・オブ・ソウル」を故ドン勝本氏、マイケル鶴岡氏と結成。同番組のレギュラー化に伴い、毎週番組内で華麗なダンスを繰り広げた。このキング・オブ・ソウルは1991年バブルガム・ブラザースの武道館の公演で踊ったり、その後歌にも進出、1993年には「可愛い人よ」をリメイクして発表、話題を集めた。

最近は「ダンステリア」でのレギュラーのほか、高井戸クラブでのイヴェント、浅草AIクラブでのイヴェント、あるいは地方でのディスコ・イヴェントなどに多数出演していた。

日本のディスコ界でのステップの歴史を映像で捉えた教則ビデオ「ソウル・ステップ・アンド・ソウル・ダンス」が2000年に制作され、ここでニック氏が曲にあわせて踊り方を指導している。これは当初ビデオで発売されたが、2006年、装いも新たにDVD化されリリースされた。

盟友ドン勝本氏が4月19日に逝ってから7ヶ月もしないうちの旅立ちということになる。ご冥福をお祈りする。

+++++

今、ブラザー・コーン、江守さん、マイケルたちと三宿のソウルナッツで会っていましたが、ニックさんについてはまた、あらためて書きます。もう力が一気に抜けました。ニックさんとは1973年に会って以来なので、34年ということになります。最後に会ったのは、勝本さんの葬儀だったかなあ。

なお、ダズ・バンドのライヴ評は今日掲載予定でしたが、明日以降に掲載いたします。

+++++

ENT>OBITUARY>Okai, Nick (9.29.1947 – 11.11.2007, 60)


投稿者 吉岡正晴 : November 12, 2007 05:49 AM
コメント