December 07, 2007

Philly Soul Christmas Night In Ginza: Today at 5pm

【フィリー・ソウル・クリスマス・ナイト今日5時】

定時。

2007年10月、東京メトロのイヴェントの一環である「メトロ・ミュージック・オアシス第13回」で大好評を博した「フィリー・ソウル・ナイト」が今回は「フィリー・ソウル・クリスマス・ナイト」となって帰ってくる。今夕5時、メトロ銀座駅のコンコースでケイリブ・ジェームス&フィリー・ソウル・サーチャーズの歌と演奏でお送りする。駅内ではなく一般の通路にステージを作り、無料のイヴェントなので、誰でもご覧になれる。

今回も前回同様上野の東京都立美術館で行われている『フィラデルフィア美術館展』とメトロのコラボレーションで実現したもの。フィラデルフィアと言えばフィリー・ソウルというつながりでフィリー・ソウル特集になっている。またメンバーは、ケイリブ、ゲイリー・スコット(サックス、パーカッション、ヴォーカル)のほか、アル・マーティン(ギターとヴォーカル)、ゲイリー・アドキンス(ギャッツビーのCMで「愛がすべて」を歌っているシンガー。もちろん、今回彼の歌で歌われる)、そして、ブレンダ・ヴォーンが参加。

今回は前回と違い12月開催ということで、クリスマス・ソングがセットリストに入っている。リハーサルで見たブレンダ・ヴォーンが歌うクリスマス・ソングは圧巻だった。どうぞお楽しみに。

なお、前回も超満員にふくれあがったが、今回もかなりの人出が予定されている。ファーストとセカンドは、基本的には同じセットリストになり、入れ替えだが、そもそも無料イヴェントなので、ファーストを見て気に入られれば、もう一度並べばご覧になれる。ただ座席数は約60弱なので、あっという間にうまってしまう。前回はファーストが終わる頃にはセカンドに入るために並んでいた方がけっこういたという。もちろん、その周囲は立ち見でいくらでも見られるので、お時間あるかた、立ち見でもいいという方はぜひどうぞ。

また、今回はゲイリー・スコット、ゲイリー・アドキンス、ケイリブ・ジェームスのCDの即売がある。ブレンダ・ヴォーンはTシャツを販売する。また、試しに「フィリー・ソウル・サーチャーズ」記念コーヒータンブラーを作った。様子見の販売をする。それぞれ時間が許す限りサインなどに応じる予定なので、お楽しみに。

前回だが、メトロの担当者から言われた言葉でひとつ印象に残ったものがある。「ショーの開始は、鉄道のイヴェントなので、きっちり遅れずに定時スタートでよろしくお願いします」

ということで、普通のライヴみたいに、何分押して始まるなどいうこともなく、5時ちょうどにイヴェントは出発進行! (の予定)

しかし、ケイリブが送ってきたセットリストだと絶対に45分じゃ終わらないんだけどなあ。後ろはいいかあ。(笑) 


Metro Music Oasis Vol.16(メトロ・ミュージック・オアシス16)

Philly Soul Xmas Night in Ginza(フィリー・ソウル・クリスマス・ナイト・イン・ギンザ)

1. 実施日及び時間 平成19年(2007年)12月7日(金)
1stステージ 17時00分~17時45分
2ndステージ 18時30分~19時15分

2. 場所 東京メトロ 銀座駅 日比谷線コンコース 銀座のオアシス
3. 入場料 無料
4. 出 演 者 紹 介
ケイリブ・&フィリー・ソウル・サーチャーズ
ケイリブ・ジェームス(キーボード・ヴォーカル)
ゲイリー・スコット(パーカッション、サックス、ヴォーカル)
ゲイリー・アドキンス(ヴォーカル)
アルバート・マーティン(ヴォーカル)
ブレンダ・ヴォーン(ヴォーカル)

5. お客様のお問い合わせ先
東京メトロお客様センター
TEL.03-3941-2004(年中無休9:00~20:00)

< 参 考 >
『フィラデルフィア美術館展:印象派と20世紀の美術』
Masterpieces from the Philadelphia Museum of Art:Impressionism and Modern Art

開催場所 : 東京都美術館(東京・上野)
開催期間 : 平成19年10月10日(水)~12月24日(月・休)
開室時間 : 9:00~17:00(入室は閉室の30分まで)
休 室 日 : 月曜日(ただし12月24日は開室)


ENT>ANNOUNCEMENT>Philly Soul Night

投稿者 吉岡正晴 : December 7, 2007 05:00 AM
コメント