December 18, 2007

Marcus Miller Live : His New Album Is “Free”, But It’s Not Free

【マーカス・ミラー・ライヴ】


フリー。

「初めて日本に来たのは、1979年。サダオ・ワタナベと。それからブレッカー・ブラザース、カズミ・ワタナベ、マイルス・デイヴィス、デイヴィッド・サンボーン、ジャマイカ・ボーイズ、ライヴ・アンダー・ザ・スカイで来た。それ以降はもう覚えていない(笑)」 

来日歴28年を数えるヴェテラン・ベース奏者マーカス・ミラーはライヴ前にそう語った。日本は彼にとっての第二のホーム。ほんの30分弱だったが、何人かのソウル・ジャイアンツについて語ってくれた。この内容はいずれご紹介する予定。

僕自身が彼のライヴを見るのは前回(2006年)の『東京ジャズ』以来。そのときは、フランク・マッコムを迎えてのものだった。

ベースはリズム楽器だ。ドラムとともに音の底辺を支える。しかし、彼の手にかかると、リズム楽器としてボトム(底辺)を支えるのと同じくらい、トップ(上部)でメロディーを作り出す。そんな一見不可能に思えることをいとも簡単に自由自在に自然体でやってしまうところが、超一流のミュージシャンのなせる業なのだ。

ライヴが始まる前は、いつも同じようなサウンドになるだろう、と予測してしまうのだが、音が始まると毎回何かしら新しいインスピレーションを得る。彼自身がさまざまなものからインスピレーションを受け、それを指先から音楽として発信し、それを聴き手がアンテナでレシーヴするからだ。

メンバーは前回見たときとバンドは同じ。これにゲストシンガーとして、「ヘイ・ミスターDJ」の大ヒットを持つグループ、ジャネイの片割れ、ジーン・ベイラー(その昔は、ジーン・ノリスという名前)が参加した。

それにしても、重くファンキーで、そして歯切れがいいベースはかっこいい。全体的に、ドラムスのプージーとマーカスが大車輪になり、そこにキーボードのボビーや他のメンバーがいい感じでからむ。キーボードは3方キーボードで囲まれ前後ろ、左右、忙しい。しかし、あれだとどこから入ったんだ? 下からでもくぐっていったか。(笑)かなり自由度の高いジャム・セッション的ライヴで、アドリブも、その場の指示でキーボードになったり、トランペットになったりするようだ。

「70年代から80年代にかけてはミュージシャンにとっていい時代だった。音楽を作りたくなったら、本物のミュージシャンを呼んでこなければ作れなかったからね」とマーカスは言う。ここに集まったミュージシャンはいずれもリアル・ミュージシャンたち。ゆえに、一曲を何分でも演奏できる。まさにフリーなミュージシャンならではだ。

マーカスのベースを見たら、自分もベースを弾きたくなると感じるミュージシャンも多いのではないだろうか。

最後に宣伝。「マーカス・ミラーだ。最新作『フリー』、すごくいいできだから、チェックしてくれ! ほんとにいいできだよ」「でも、フリー(ただ=無料)じゃないよ。ちゃんとお金は払ってね!」 オチも忘れない。

■ マーカス・ミラー最新作『フリー』

フリー(初回限定盤)(DVD付)
マーカス・ミラー レイラ・ハザウェイ ケブ・モー コリーヌ・ベイリー・レイ キース・アンダーソン チェスター・トンプソン アンドレア・ブレイド グレゴア・マレ デイヴィッド・サンボーン ジュリアン・ミラー
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M) (2007/07/25)
売り上げランキング: 1541

■マーカス・ミラー関連記事

2005/03/15 (Tue)
Marcus Miller: Silver Rain
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200503/diary20050315.html

2003/08/19 (Tue)
Standing In The Shadows Of Legacy: Finally, Lalah Sings...
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200308/diary20030819.html

November 29, 2005
Marcus Miller: Another Strong Black Funk Band
http://blog.soulsearchin.com/archives/000666.html

September 04, 2006
Tokyo Jazz Live: Young Meets Old, East Meets West, Fresh Meets Mature...All Happening Here
http://blog.soulsearchin.com/archives/001248.html

Members

マーカス・ミラー/Marcus Miller(Bass/Vocals)
ボビー・スパークス/Bobby Sparks(Keyboards)
プージー・ベル/Poogie Bell(Drums)
マイケル・パッチェス・スチュワート/Michael 'Patches' Stewart(Trumpet)
キース・アンダーソン/Keith Anderson(Saxophone)
グレゴア・マレ/Gregoire Maret(Harmonica)
ジーン・ベイラー/Jean Baylor(Vocals)

Setlist : Marcus Miller @ Billboard Live, December 17, 2007
セットリスト マーカス・ミラー ビルボード・ライヴ

Show started 18:33
01. Blast
02. Jean Pierre [Miles Davis]
03. Panther
04. When I Fall In Love [Nat King Cole]
05. Free (Jean Baylor on Vocal) [Deniece Williams]
06. People Make The World Go Round (Jean Baylor on Vocal)[Stylistics]
Enc. What Is Hip [Tower Of Power]
Show ended 19:52

(2007年12月17日月曜、六本木ビルボード・ライヴ=マーカス・ミラー・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Miller, Marcus
2007-181

投稿者 吉岡正晴 : December 18, 2007 12:51 AM
コメント