March 06, 2008

Bluey Of Incognito Talks:

(2008年3月4日付けブログからのつづき)

【ギャグ好きインコグニートのブルーイ語る】

ワンネーション。

インコグニートのリーダー、ブルーイがライヴ後、出てきてほんの少しだけ話すことができた。調べてみると、ブルーイにインタヴューしたのは2002年のことなので、もう5年以上前だった。彼が『ソウル・ブレンズ』に来たのも、その頃なので、やはり5年以上前。でも、一応覚えていてくれたようだ。

それより少し前、「吉岡さん」と声をかけられた。なんとハンドカッツ・レコードの織田(おりた)さんだった。久しぶりで「なんでまた」と思ったら、なんと次のインコグニートの新作は、ハンドカッツからリリースされる、という。日本ではポニー・キャニオンからの移籍となる。

「やあ、どうも」「ハロー、君とはレコードの話をしたな」「そうだねえ、久しぶり」 ブルーイは現在日本人奥さんとロンドンに住んでいる。「娘は、今、11歳。最初は日本語をしゃべっていたんだけど、最近は英語ばっかりなんだよ。周りの友達と英語でしゃべれないとついていけないらしくて、英語ばかりしゃべって、日本語を忘れそうになってるんだ。妻ができるだけ日本語をしゃべるようにしてるんだけどね。でも、娘はフランス語もしゃべれるよ」「じゃあ、トライリンガルだ!」

「ところで、ステージでやった『オッパッピー』は、どこで覚えたの?(笑)」「ああ、あれか? (笑) いや、こっち(日本)に来ると(日本人の)スタッフにいろいろ尋ねるんだ。今、新しいギャグはなんだ、とか。それで教わるんだ。で、そんなネタを仕入れてうち(ロンドン)に帰ると娘も妻も、それを知らなくてね。(笑) 新しいネタを僕が東京からロンドンに持ち帰るんだよ。以前には『さんぺいで~す』なんてのもやった」 「あ、ねえ、『そんなのカンケイねえ』は?」 「もちろん、『そんなのカンケイねえ』」とジェスチャー付きでやってくれた。(笑) そこで、こちらも携帯に入っている小島よしおの動画「オッパッピー」を見せた。それを見るとブルーイ、「ファンタスティック!」と興奮しながら食いつき抜群。

インコグニートのライヴは、最後のアンコールをやった後、全員がステージに横に並び、手をつないでおじきをした。そのとき、ブルーイは「ワン・ネーション・アンダー・ザ・グルーヴ(グルーヴのもとに、ひとつ)」と叫んだ。そして、ボブ・マーレーの「ワン・ラヴ」がBGMとして流れ出した。彼らはその「ワン・ラヴ」に乗って退場した。いい演出、雰囲気だった。

(2008年3月3日月曜、東京ブルーノート=インコグニ-ト・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Incognito
2008-29

投稿者 吉岡正晴 : March 6, 2008 01:52 AM
コメント