May 30, 2008

Jamie Aaron Kelley: Tokyo Tour 2008, Less Elvis More Rock ‘N Roll

【ジェイミー・アーロン・ケリー・ライヴ】

老若男女。

エルヴィスの楽曲をそっくりに歌い人気となっているジェイミー・アーロン・ケリーが早くも再来日。都内で5本のライヴを行い、その最終日、スイートベイジルでのライヴを見た。

観客の多くはさすがに年齢層が高いが、前回よりも若い女性ファンが増えていた感じがする。観客の中に姉妹かと思えるような母娘がいた。何人かのグループで来ていたようで、お母さんは以前はエルヴィスをちょっと聴いていたのかな。それで、家に娘(推定7歳くらい)をおいてこられないので連れてきた、という感じ。最初は興味なさげに見ていた娘さんも、途中、ジェイミーが観客に体を動かさせる「アイ・キャン・ヘルプ」では、一緒に踊っていた。この曲では、会場全員が立ち上がってシンプルな動きに酔いしれた。老若男女、ジェイミーの歌を楽しむといったところだ。

DSC07998.JPG
(母・娘のイメージ絵)

ギター、ベース、ドラムス、キーボードの4人編成バンド。今回は全体的に、エルヴィスの楽曲のみだけで構成するのではなく、現在のジェイミーが気に入っている昔の曲なども多数いれていたようだ。

「現在作っている次のアルバムは、エルヴィス以外の曲もいれる予定なんだ」とジェイミーは言う。ある意味で、1950年代から1960年代初期のロックン・ロール、ロカビリー専門のシンガーというのもおもしろい。

彼がサム・クックの「サッド・ムード」を歌った。レイ・チャールズの「メス・アラウンド」も歌った。このあたりのソウル系選曲は嬉しいところ。

年内にその新作をひっさげて再来日するという。「今度は、もっと大きなステージ・プロダクションでやるつもりだ。照明、舞台などいろいろ凝ってね」とジェイミーは言った。また徐々にオリジナルを含めたエルヴィス以外の楽曲をショーの中にいれていくとも言う。

下記セットリストにオリジナル・アーティストを調べて記した。これを見ると、今回は比較的エルヴィスの曲が少なくなっている点に気づく。少しエルヴィスを減らし、より多くのロックン・ロール曲へ軸足を傾けた、感がした。(なお、セットリストに記したオリジナル・アーティストなどにまちがいがあれば、ご指摘ください。若干わからない部分もありました。メールは、 ebs@st.rim.or.jp まで)

■ 過去関連記事

November 11, 2007
Jamie Aaron Kelley: The Legacy Of Elvis Is Here To Stay
http://blog.soulsearchin.com/archives/002141.html

■メンバー 
Jamie Aaron Kelley (vo) with His Japan Team 【堤雅之(b)、森泰弘(g)、鮎川茂行(ds)、佐々木義人(key/pf)】

■セットリスト  ジェイミー・アーロン・ケリー
Setlist : Jamie Aaron Kelley @ Sweet Basil 139, May 26, 2008
[ ] indicates original artist or artist who made song hit

Show started 20:01
00. Video
00. (Instrumental) (Band Only)
00. Great Balls Of Fire (Band Only) [Jerry Lee Lewis]
00. Can’t Help Fallin In Love (Vocal) (Band Only) [Elvis ]
---Jamie on the stage---
01. If You Only Knew
02. Little Mama [Clovers ?? - 1954]
03. Since I Fell For You [Lenny Welch – 1963]
04. Lovesick Blues [Hank Williams -- 1949, Floyd Cramer -- 1962]
05. Mess Around [Ray Charles - 1953]
06. For My Heart [Jamie’s original]
07. Sun Medley: Get Rhythm [Johnny Cash – 1969] / Folsom Prison Blues [Johnny Cash – 1968] / Mystery Train [Elvis - 1959] / Tiger Man [Elvis –1969]
08. Don’t Forbid Me [Pat Boone – 1957]
09. You Mean Everything To Me [Neil Sedaka – 1960]
10. You’re So Fine [Little Walter Jacobs - 1954]
11. Such A Night [Elvis – 1964]
12. It’s Now Or Never [Elvis – 1960]
13. Little Sister [Elvis – 1961]
14. I Don’t Care (Just As Long As You Love Me) [Buck Owens – 1964]
15. Sad Mood [Sam Cooke - 1960]
16. Come What May [Clyde McPhatter - 1958]
17. C’mon Everybody [Eddie Cochran – 1959]
18. In The Ghetto [Elvis – 1969]
19. Memphis In The Meantime [Carl Perkins, John Hiatt – 1987]
20. I Can Help [Elvis – 1975] (dance with audience)
21. All I Ever Need Is You [Sonny & Cher – 1971]
22. Stuck In The Middle With You [Stealers Wheel – 1973]
Encore
23. Baby What You Want Me To Do [Jimmy Reed – 1960]
24. One Night With You [Elvis – 1958]
25. Introduction of Members
26. Suspicious Minds [Elvis – 1969]
Show ended 22:02

(2008年5月26日月曜、六本木スイート・ベイジル=ジェイミー・アーロン・ケリー・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Kelley, Jamie Aaron
2008-86


投稿者 吉岡正晴 : May 30, 2008 04:57 AM
コメント