June 11, 2008

Funk Night : Andrea Hopkins At Il Buttero

【アンドレア・ホプキンス@イル・ブッテロ】

金曜夜。

広尾の瀟洒な一軒家レストラン「イル・ブッテロ」で、ソウルのライヴ演奏。ミュージック・チャージはなしで、以前、フィリップ・ウーのライヴでフィーチャード・シンガーとして歌ったアンドレア・ホプキンスのショウ。実はアンドレの夫であるシルヴァーノさんが持つのがこのレストラン。ふだんは、落ち着いた、しかしカジュアルなイタリアン・レストランだ。ここに簡易PAと照明を持ち込み、ステージを作った。

メンバーは、フィリップ・ウーを始め、ジェイ・スティックス、キース・ウィリアムソン、ハンコ屋さんの4人にコーラス2人(アンソニー・ベイリーとタイニース・ヒントン)という豪華版。シルヴァーノさんの趣味でたまにこうしたライヴを行っているという。

僕はセカンドから見たが、超満員。テーブルが大きいので、5-60人以上ははいっていたか。しかし、後ろのほうの席はステージは見えない。普通に食事をしている。ふだん、このお店に来ているお客さんが多かったようだ。さすがに音響は簡易だけにそれ相応だが、アップテンポの曲になると、お客さん、みな立ち上がって、リズムに体を揺らす。普通にそこにある音楽をエンジョイする。外人比率高し。みんなが知ってる曲をカヴァー・バンドがやって、金曜の夜を楽しむ、こういう気楽なパーティー・バンドもいいかもしれない。東京の夜を楽しむひとつの方法だ。

DSC08070.jpgDSC08074.JPG

それにしても、選曲がベタで受ける。しかし、こんなところでセットリストをメモる僕って何? う~ん、セットリスト・マニアの悲しい性だあ。(苦笑)また半年に1回くらいの割りでやるそうなので、そのときはお知らせします。

DSC08072.JPG

■ メンバー
Funk Night @ Il Buttero
Andrea Hopkins (vocal), Philip Woo (Keyboards), Keith Williamson (Bass), Jay Stixx (Drums), Nishiyama ‘Hank’ Fumio (Guitar), Anthony Bailey (Vocal), Tynice Hinton (Vocal)

■セットリスト アンドレア・ホプキンス
Setlist : Andrea Hopkins Live @ Il Buttero, June 6th, 2008
[ ] denotes original artist

Show started 21:10
01. Dock Of The Bay [Otis Redding]
02. I Will Survive [Gloria Gaynor]
03. I Wish [Stevie Wonder]
04. Long Train Running [Doobie Brothers]
05. Yes We Can Can [Pointer Sisters]
06. Believe [Cher]
07. Because Of You [Neyo](Anthony sings)
08. Ain’t Nobody [Rufus & Chaka Khan]
Enc. September [Earth Wind & Fire]
Show ended 22:04

1st set
01. Street Life [Crusaders]
02. Everything Must Change [George Benson, Randy Crawford]
03. Just Be Good To Me [SOS Band]
04. Midnight Train To Georgia [Gladys Knight & The Pips]
05. I’ll Be Good To You [Brothers Johnson, Quincy Jones]
06. Killing Me Softly With His Song [Roberta Flack]

(2008年6月6日金曜、広尾イル・ブッテロ=アンドレア・ホプキンス・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Hopkins, Andrea
2008-96


投稿者 吉岡正晴 : June 11, 2008 03:55 AM
コメント