June 15, 2008

Brother Korn Sings “Won’t Be Long” And Set House On Fire

【ブラザー・コーン銀座のラウンジを熱狂させる】

熱狂。

金曜夕方ソウル・メイト、ハセヤンから電話。「今夜、銀座の『砂漠の薔薇』でソウルのイヴェントがあって、コンちゃんが歌うらしいから行かない?」という誘い。12時半くらいに六ヒルに迎えに来てというので、迎えに行って、銀座に直行した。

「砂漠の薔薇」は、ディスコのようなクラブのような、ラウンジのようなちょっとおしゃれ系の店。昨年あたりオープンした。たしかオープニングに誘われたような気がするが、行くのは初めて。

「で、今日は何のイヴェントなの?」 「さあ、よくわかんないんだよ」 中に入るとものすごい人、人、人。「コンちゃんの楽屋はどこですか」と従業員風の女の子に聞くも、「あっちだと思います」とよくわかんない答え。人をかき分けていくうちに、なんとスキンヘッドのDJアライさんとばったし。「今日のこれはなんなんですか」 「あ、これ、僕のイヴェントなんですよ」 「へえ、すごいっすねえ」 

煙いし、人は多くて中でなかなか進めないし、どうしたもんかと思っていると、DJアキラさんと遭遇。「今日のこのイヴェントは何なんですか」 「さあ、僕もよくわかんないんですよ、ただ呼ばれて~」 ついに奥の奥の部屋に進むとそこが楽屋で、その中にコンちゃんがいた。「ああ、どうもどうも」「おおっ、ハセヤン」「で、今日のこれって何なの、このすごい人は?」「なんか、僕もよくわかんないんだよ」とブラザー・コーン。なんだか、みんなよくわからないままだ。(苦笑)

するとそこに近田春夫さんがいた。ハセヤンは学生時代「近田春夫とハルヲフォン」でドラムをやっており、なんと2人はおよそ30年ぶり以上の再会だった。「いやあ、ほんと久しぶりだね。いいねえ、こういう夜の場で、偶然再会するのって」と近田さんはハセヤンと旧交を温めた。ハセヤンが近田さんを紹介してくれ、名刺を渡すと「ああ、お名前は見たことあります。このような容貌でしたか」とちょっと驚かれた。(笑) 「確か、近田さん、慶応ですよね。高校からですか」 「いや、オレ、下から」 「すごいんだよ、彼(笑)」とハセヤン。それは知らなかった。びっくり。

まもなく、着替えを済ませたブラザー・コーンがほんの半畳ほどのお立ち台のようなところに上り、「ウォント・ビー・ロング」のイントロが流れ出した。すると、身動きのとれない超満員の観客たちは、腕、こぶしを天井に突き上げ、「オリオリオリオ~~」と叫ぶ。この熱狂はなんだ。「ヒット曲があるってことは、本当に強いねえ」と横にいたハセヤンに言うと「コンちゃん、かっこいいねえ」。たぶん、イグザイルなどのカヴァーもあって、この曲が圧倒的に浸透しているのだろう。去年の『ソウル・パワー・サミット』でもアンコールでマーチンさんに呼び出され、ブラザー・コーンが登場したときには随分と盛り上がった。こういうのを見ると、バブルガム・ブラザース復活の機運も徐々に高まっているなあ、と思う。

なんかよくわからないイヴェントだったが、コンちゃんの人気がすごいということがわかった金曜の夜であった。

ENT>MUSIC>LIVE>Brother Korn


投稿者 吉岡正晴 : June 15, 2008 02:00 AM
コメント