October 07, 2008

Nick Tribute Continues: Oka's Foot Painting & Emori's Book

【ニック岡井トリビュート~フット・ペインティング展ビームス・ギャラリー】 

準備。

このところ、僕は岡伸昭さんの来週(10月16日から新宿ビームス・ギャラリー)から始まるフット・ペインティング展の準備でかなり多忙。今回はいろいろとお手伝いしているのだが、僕もこういうことはやったことがないので、何もかも初めてで、次々とやることがでてくる。これも、ニック・トリビュートという気持ちで出来ることなのだが。

同じ週に本が出る江守さんと電話で話した。来週(10月16日=木曜)に銀座のベノアで行われる出版記念パーティーで、来場者に配る本のサインをそろそろやらなければならないそうだ。なんと、200冊準備するという。つまり、200冊に直筆のサインをするわけだ。腱鞘炎(けんしょうえん)にならないよう、気をつけてください。江守さんの本は、このソウル・サーチンでも何度も紹介している『黒く踊れ!』。実質的な発売日は10月16日頃で、そのあたり以降に店頭に並ぶ予定だ。一方、いわゆる本の奥付は、11月11日ごろになりそう。奥付が11月11日だったら、ちょうどニックの命日だ。

+++

飛沫。

岡さんのフット・ペインティング展『アフター・ザ・ダンス~ゲット・オン・ザ・グット・フット』では、額装したポスターと、5種類の葉書を制作し、グッズとして売ることになった。実際に展示する一点ものは、なかなか貴重でたぶん値段もかなり高くなってしまうが、ポスターや葉書だったら、気軽に買えるだろう。

展覧会会期中に、ずっと会場でリピートで流す10分~15分程度のビデオを編集しなければならなくなった。そこで、6時間分のテープを見たのだが、ニックの元気な姿、しかも、かっこよく踊っている姿を久々に見て、仕事を忘れて見入ってしまった。

2004年5月25日、ニックは青いペンキを靴につけて、「悲しい噂」で踊った。「マイ・ガール」で踊った。「マザー・ポップコーン」で踊った。「イッツ・ア・シェーム」で踊った。

ニックは「29」と描かれたTシャツを着て、「ヒッチハイク」で踊った。「セクシュアル・ヒーリング」で踊った。「イッツ・ユア・シング」で踊った。踊った後(After The Dance)残ったのが、フット・ペインティングだ。

すべてを踊った後、ニックは岡と少し話をしていた。「僕も(こんなことをするのは)今日が初めてだからね。誰がやっても同じだと思うけど、岡君が僕じゃなきゃダメだって言うんでね。(笑) ただ僕はソウル・ミュージックが好きで、それだけやり続けてきたけれど、もし、今僕が十代だったら、ヒップホップやラップやっただろうし、80年代に聴きはじめたら、Pファンクだっただろうしね。ただ僕にはこれしかなくて、好きでやってるだけ」 

岡が言った。「今回は、自分で(自分の筆などを作って、自分が描くことによって)作品を作らないということを第一に考えたんです。僕がやることは、最高の素材で、最高のプレイ、パフォーマンスをしてもらい、それをキャンヴァスに残すこと。仮に僕が踊ったんじゃダメなんです。ニックさんじゃなければ」

そう、これはニック岡井でなければならなかった。そして、これを作るのも岡伸昭でなければならなかった。二人の必然がキャンヴァスの上で、火花を散らし、青い飛沫(しぶき)になっている。「動」が「凍結」された瞬間のアートがここに存在している。

■B GALLERY EXHIBITIONのご案内

「岡伸昭 × ニック岡井 フット・ペインティング
“After The Dance”~Get On The Good Foot~」

期間 2008年10月16日(木)~11月18日(火)11時~20時
会期中 無休 入場無料
場所 B GALLERY (BEAMS JAPAN 6F)
東京都新宿区新宿3-32-6 電話03-5368-7309
http://www.beams.co.jp
内容 「ソウルダンスの神様」ニック岡井が、足に青のペンキをつけ、ニック自身が愛した数々のソウル・ヒットでソウル・ステップを踊り、それをキャンヴァスに記したもの。10号程度の小さなものから、120号x3枚連作までの大規模なものまで20数点を展示。

オープニング・レセプション 2008年10月17日(金) 18時~20時
入場無料。どなたでもご参加いただけます。作家よりワインとソフトドリンクが提供されます。

+++++

フィリップ・ウー凱旋ライヴ

フィリップ・ウーが、メイズのツアーから戻り、日本で久々のライヴを敢行します。10月10日(金)、目黒ブルース・アレー。ヴォーカルは最近、フィリップ・セッションによく顔を出すDCノーマン。今週金曜日。お忘れなく! 

PHILIP WOO SESSION
(HAMMOND A-100/Leslie147)Philip Woo (G)西山HANK史翁 (B)Cliff Archer (Ds)Jay Stixx (Vo)Day“D.C.”Norman
2008年10月10日(金) 19時半~
会場 目黒ブルースアレー
住所 153-0063 東京都目黒区目黒1-3-14ホテルウィング・インターナショナル目黒B1F
予約専用電話 03-5740-6041 (月曜~土曜 12時~20時まで)
それ以外は店頭電話 03-5496-4381 Eメールwebmaster@bluesalleyia.co.jp
前売券 テーブル席(指定)4,000円 当日券は500円UP (各税込) このほかに500円のテーブルチャージがかかりす

http://www.bluesalley.co.jp/reservation/index.html#2

ENT>ANNOUNCEMENT>Oka Nobuaki's Exhibition
ENT>BOOK>Emori, Ai>Dance, Black


投稿者 吉岡正晴 : October 7, 2008 06:13 AM
コメント