October 19, 2008

Levi Stubbs Dies At 72 : Four Tops Left Final One On The Earth

【フォー・トップス・リード・シンガー、リーヴァイ・スタッブス72歳で死去】

訃報。

モータウンを代表するソウル・ヴォーカル・グループ、フォー・トップスのリード・シンガーで独特の迫力あるヴォーカルを聴かせたリーヴァイ・スタッブスが2008年10月17日、アメリカ・ミシガン州デトロイトの自宅で死去した。72歳だった。癌、心臓疾患を抱え、2000年から自宅療養でセミ・リタイアしていた。48歳の妻クリニース、5人の子供によって送られる。葬儀の詳細は未定。

フォー・トップスはテンプテーションズと並んでモータウンを代表するヴォーカル・グループ。グループ名の通り、4人組。このうち、ローレンス・ペイトンが1997年、オービー・ベンソンが2005年に亡くなっているので、今回リードのリーヴァイが亡くなったことで、唯一アブドゥール・デューク・ファキールだけが生き残りメンバーとなった。

リーヴァイは2004年7月28日にデトロイトのミュージック・ホール・センター行われた「フォー・トップスの結成50周年記念トリビュート・コンサート」でアレサ・フランクリンに紹介され車椅子でステージに登場、そこに集まったアーティストたち、観客に感謝をし、涙をあふれさせながら、1曲「アイ・ビリーヴ・イン・ユー・アンド・ミー」を歌った。最後はほとんど曲にならなかったほどだ。

そのときの映像。

フォー・トップスは1953年(1954年説もある)、デトロイトでこの4人によって結成され、チェス・レコードなどで実績を積み、その後1963年にモータウン入り。結成から、メンバーの一人ローレンスが1997年に死去するまでの44年間、一度もメンバー・チェンジをすることなく強固な絆で続いてきた。1960年代には「リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア」「アイ・キャント・ヘルプ・マイ・セルフ」「バーナディット」など多数のヒットを放った。その張りのある迫力のリード・シンガーがリーヴァイだった。リーヴァイはフォー・トップスのリード・シンガーとして、大変目立ち人気もあったが、グループから脱退しソロに転じることは一切なかった。デルズのリード・シンガー、マーヴィン・ジュニアと似ている。

フォー・トップスは1970年にアルバム『スティル・ウォーターズ・ラン・ディープ』をリリースするが、これは、モータウン作品の中でもほとんど初期にできた「コンセプト・アルバム」になっていた。マーヴィン・ゲイは、このアルバムを聴いてインスパイアーを受けた部分もあり、その影響が翌年の『ホワッツ・ゴーイング・オン』へつながる。「ホワッツ・ゴーイング・オン」の曲自体が、フォー・トップスのメンバー、オービー・ベンソンが作品作りにかかわっていた。

フォー・トップスは、モータウンが1972年本拠をロス・アンジェルスに移すのを機に、ABCレコードに移籍、ここで「キーパー・オブ・ザ・キャッスル」「エイント・ノー・ウーマン」(今年の『ソウル・パワー』でゴスペラッツがカヴァー)、さらに、カサブランカで「ホエン・シー・ウォズ・マイ・ガール」などのヒットを出した。1997年以降、オリジナル・メンバーが3人になってからは、「ザ・トップス」となり活動を続けていた。リーヴァイは体調不良を理由に、2000年からステージにはあがっていなかった。

最近は、唯一の生き残りアブドゥール・デューク・ファキールが、オリジナルのローレンス・ペイトンの息子のロクゥエル・ペイトン、元テンプテーションズのメンバー、テオ・ピープルス、元モータウンのシンガー、ロニー・マクネアを加え、4人組ヴォーカル・グループ「ザ・トップス」として活動している。

リーヴァイは、1980年代以降、その声を生かし映画やテレビのナレーションの仕事などもしていた。有名なのは、『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の声など。

フォー・トップスは、1974年に初来日、その後1998年に、前年に死去したローレンス・ペイトンを除く3人で「ザ・トップス」として来日した。

ENT>OBITUARY> Stubbs, Levi (6/6/1936 - 10/17/2008, 72)


投稿者 吉岡正晴 : October 19, 2008 05:07 AM
コメント