December 23, 2008

Stylistics : Shows That Same Way Of 40 Years

(内容に触れます。これからごらんになる方で、事前情報を知りたくない方はご注意ください)

【スタイリスティックス~ザット・セイム・ウェイ】

おじぎ。

彼らの何曲かごとに、曲が終わったところでする「おじぎ」が深く、直角で、長い。お客さんを楽しませてなんぼのもの。徹底したエンタテイナー。MC役ハーブ・マレルは軽快なトークで語る。「ちょうど僕たちは、グループを結成して40年。(拍手)いつでもここ日本に来られてとても嬉しい」 クリスマス時期のスタイリスティックスは月曜から土曜まで6日間、12ステージがすでに満員。28日には横浜のホテルでディナー・ショーまで組まれている。

全21曲、ほぼおなじみの曲がほぼノンストップで歌われる。1曲1曲が短く、テンポよくたたみかけてくる。どれもおなじみの曲ばかりだが、今回はちょうど出た新作『ザット・セイム・ウェイ』から新曲「サッド・トゥモロウ」と「エボニー・アイズ2008」を披露。前者はエアリオン・ラヴが書いた曲で、歌に入るイントロのところで、「これは数年前、僕の兄が亡くなったときに書いた曲です。この歌詞は、誰かを失った誰にでもあてはまる曲だと思います」と一言いれて歌い始めた。

「涙も、悲しみも、痛みもいらない。言葉にできない気持ちが体から抜け出た。一緒に過ごした思い出ももう語れない。一日の終わりを迎えるのが恐い。さよならをいうことなく、あなたは去っていってしまった。もっと多くを語りたかった~ときが経てば痛みも消えることはわかっている。でも、愛は決してなくならない」(大意)

なるほど、ここでいう「あなたyou」は恋人ではなく、彼の「兄」(もしくは弟)だったのだ。もちろん、聴く者によっては、恋人、あるいは両親、親友でもあてはまるだろう。

歌って、踊り、びしっと振り付けがついて、深いおじぎをして。その40年の歴史に、帽子を取って敬意を表しよう。アンコールを終えてステージを降りると、ファンが彼らの元に殺到した。

ライヴ後楽屋に挨拶に行った。楽屋入口で待っていると、ポジティヴのモーリスから声をかけられた。「久しぶり。元気そうね。よくビルボードで会うね」「おおっ、これは、久しぶり。次のプロジェクトは何?」と尋ねると「ジャネットだ。キョウドウ横浜と一緒にやるよ」。

中に入ると、いきなり、エアリオンが持っていたCDを見るなり、「ライナーノーツを友達に訳してもらって読んだよ。いいことを書いてくれてありがとう」と言われた。こちらがびっくり。ハーブにはメールでいくつか質問をして答えをもらったので、そのお礼も言ったら、彼にも「いい記事をありがとう」と言われた。「日本ではどれがシングルになっている?」と聞かれ、「う~ん、日本では今はシングル盤は切られないですねえ。ラジオは、アルバムからの曲をかけていると思いますよ。たぶん、1曲目のタイトル曲が一番かかってるんじゃないかな」「最近地元(フィラデルフィア)ではアルバムから『エボニー・アイズ2008』がかかっていて、これがシングルになるらしい。だから、今回ステージで歌ったんだ」「なるほど」 

すると、ヴァン・フィールズが「『ペインテッド・オン・ザ・スカイ』もすごくいい曲だよ。全曲、気にいってるけど、これはチェックしてくれ」と言う。

彼らは12月11日から、福岡3日、札幌1日、大阪4日、そして、東京6日、最後にディナー・ショー。超ハードワークだ。あと一週間、喉、お大事に。

◎スタイリスティックス~ビルボード・ライヴで12月27日(土)まで毎日2ステージ

http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=6589&shop=1

■ 最新作『ザット・セイム・ウェイ』

ザット・セイム・ウェイ
スタイリスティックス
ビクターエンタテインメント (2008-11-19)
売り上げランキング: 20410

『スタイリスティックス・クリスマス』(新装発売)

スタイリスティックス・クリスマス
スタイリスティックス
ビクターエンタテインメント (2008-11-19)
売り上げランキング: 33988

■ 過去関連記事

April 16, 2008
Stylistics : Magic Of The Song
【「愛がすべて」、その魔力のすべて】
http://blog.soulsearchin.com/archives/002457.html
前々回来日時ライヴ評。

December 22, 2007
Stylistics : Take Me Back To The 70s
【スタイリスティックス・ライヴ~70年代のあのころへフラッシュバック~】 
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200712/2007_12_22.html
(ここに過去関連記事一覧)
前回12月来日時ライヴ評。

December 24, 2007
Stylistics : They Love Japan, Japan Love Stylistics
【スタイリスティックス、日本を愛す、日本人、スタイリスティックスを愛す】 
http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_12_24.html

■メンバー

エアリオン・ラヴ/Airrion Love(Vocals)
ハーバート・マレル/Herbert Murrell(Vocals)
ハロルド‘イーバン’ブラウン/Harold 'Eban' Brown(Vocals)
ヴァン・フィールズ/Van Fields(Vocals)

ハーヴィー・ペリー/Harvey Perry(Keyboards/ Musical Director)
ジェノ・メイヤー/Jeno Meyer(Keyboards)
テディー・ディヴィス/Teddy Davis(Keyboards)
ラザフォード・ゲイ/Rutherford Gay(Guitar)
グレゴリー・ヘンダーソン/Gregory Henderson(Drums)
テツロー/Tetsuro (From Hi-Jack) (Bass)

■セットリスト
Setlist : Stylistics @ Billboard Live, December 22, 2008

show started 21:39
01. Intro
02. Heavy Fallin' Out
03. I'm Stone In Love With You
04. Betcha By Golly, Wow
05. Break Up To Make Up
06. Stop, Look, Listen
07. You Are Everything
08. Sad Tomorrows (Aaron)
09. Sixteen Bars
10. Disco Baby
11. Thank You Baby
12. Mine Au Mine (From CD "Closer Than Close"-1980)
13. Sing Baby Sing
14. Introducing Members On: Funkin' For Jamaica (N.Y.) [Tom Browne]
15. First Impressions
16. You Make Me Feel Like Brand New
17. Funky Weekend
Enc. Ebony Eyes 2008
Enc. Silent Night
Enc. Have Yourself A Merry Little Christmas
Enc. Can't Give You Anything (But My Love)
show ended 23:07

(2008年12月22日月曜、六本木ビルボード・ライヴ=スタイリスティックス・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Stylistics
2008-205


投稿者 吉岡正晴 : December 23, 2008 02:56 AM
コメント