February 09, 2009

51st Grammy Award: (Part 3)

【第51回グラミー賞予想 パート3】

イギリス。

今回のグラミー賞主要4部門は、イギリス勢の活躍が目立つ。主要3部門15ノミネートのうちのべ11 作品がイギリス系。昨年は、エイミー・ワインハウスがいいところを持っていったが、その勢いでイギリス勢が今年も獲得していくのだろう。

コールドプレイは、3部門独占も十分あると思うが、アデルもいいところでノミネートされている。アデルがもし取るとすると、取りそうなのは「ソング」で、一番メインの「レコード」はやはり、コールドプレイという気がする。アデルは「新人賞」もいけそうなので、アデルとコールドプレイで2個ずつわけることになる。また、コールドプレイ3、新人アデルも十分あり。アデルのサウンド、曲調は昨年のエイミーを思わせるものがあり、エイミーを好んだグラミー投票者を考えると意外といいところにいくのかもしれない。「レコード」「アルバム」でヴェテランのロバート・プラントがノミネートされているが、これは、昨年のハービー・ハンコック的な大穴的獲得の可能性はある。また、レオナ・ルイスはグラミー投票者好みの王道シンガー。どこまで支持を伸ばすか。だが、今年はコールドプレイが大本命だろう。

新人はアデルかダフィーが日本では人気が高いが、アメリカではアデルのほうが前評判がよい。調査にもよるのだが、アメリカで一番人気があるのは、ジャスミン、続いてアイドル・グループのジョナス・ブラザースのようだ。さすがに、新人賞にアイドル・グループはないと思うのだが…。

なお、ライヴで出演するアーティストは、順不同で、ケニー・チェスニー、コールドプレイ、ジェニファー・ハドソン、ジョナス・ブラザース、リル・ウェイン、ケイティ・ペリー、キャリー・アンダーウッド、ジェイZ、ポール・マッカートニー、レディオヘッド、T.I.、ジャスティン・ティンバーレーク、カニエ・ウェストなど。

今年は第51回。発表は日本時間9日午前10時から。

ENT>AWARDS>Grammy, 51st

投稿者 吉岡正晴 : February 9, 2009 01:42 AM
コメント