April 02, 2009

Manhattans Live: Very Polite Bow Shows The Essence Of Soul Entertainment

【マンハッタンズ~直角のお辞儀に見るソウル・エンタテインメントの真髄】

直角。

初校の校正が夕方の7時くらいに終わったので、急遽マンハッタンズに行くことに。今回はいけないかなと思っていたのでラッキー。

マンハッタンズは東海岸、ニュー・ジャージーのドゥー・ワップ系R&Bヴォーカル・グループ。まさにR&Bコーラスの王道を行くグループだ。その安定したステージ裁きは、ソウル=R&Bの究極の形式美。2006年1月、2008年6月以来ほぼ10ヶ月ぶりの来日。初来日は1981年3月。28年前だ。

メンバーはバンドともに昨年と変わらず、最初のイントロ2曲目まで同じだったので、そのまま同じかと思いきや、ちょっと変えていた。

ほとんど全曲メドレーで曲間に無駄な余白がなく、次々と曲が歌われるので、本当に飽きない。しかもしゃべりがあっても、イントロに乗せてDJの如く低音のウィンフレッド・ブルーが紹介する。曲紹介なくメドレーで行くと、曲を知らなければ、どこでどう曲が変わったかわからないかもしれない。

リードのジェラルドが右側で歌うとき、3人が輪になってコーラスをつけるところなどは、ドゥー・ワップ系のなごりか。けっこう通してみていると、いろんな曲に振り付けがついているんだなあと感心する。リードのジェラルドは、サム・クックの影響を強く受けたシンガーで、サム・クック節が随所に聴かれ、ときにサムが光臨してきてるのではないかと思わせられることもある。

そういうサム関連で見ると、下記セットリスト17でボビー・ウーマックの「イフ・ユー・シンク・ユーアー・ロンリー・ナウ」を挟み込むが、サム愛弟子のボビーの曲をジェラルドが歌うところがいい。

前々回見たときのリーダー格ベース・ヴォーカル、ウィンフレッド・ブルーが椅子に座って歌っていたが、それが今回は杖もなく、けっこう張り切って振り付けを踊っていた。ずいぶんよくなったんだなと思い嬉しくなった。

そして再び感心したのが、彼らのお辞儀の深さ。4人が腰を直角に折り、しかも何秒かそのまま下を向いたまま。まさにお客様は神様ですのソウル・エンタテインメントの真髄だ。そして、ライヴ終了後も例によってサイン会をこなしていた。

■過去関連記事

June 02, 2008
Manhattans Live : Traditional Heritage Of Great Vocal Group
【伝統的R&Bヴォーカル・グループの真髄~マンハッタンズ・ライヴ】
http://blog.soulsearchin.com/archives/002551.html

January 08, 2006
Manhattans: Brings The Legacy Of Sam Cook, Ray Charles
【ソウルのレガシーを蘇らせるマンハッタンズ】 
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200601/2006_01_08.html

■ マンハッタンズ『涙の口づけ』

涙の口づけ\
涙の口づけ
posted with amazlet at 09.04.02
マンハッタンズ
ソニー・ミュージックハウス (2003-05-21)
売り上げランキング: 19163

■ メンバー

(マンハッタンズ)

ジェラルド・アルストン/Gerald Alston(Lead Vocals)
ブルー・ ラヴェット/Winfred Blue Lovett(Vocals(Bass))
トロイ・メイ/Troy May(Vocals(Bariton & Tenor))
デイヴィッド・タイソン/David Tyson(Vocals(1st Tenor)

(イースト・コースト・コネクション)

ジャスティス・バトラー/Justice Butler("Drums/ Musical Director")
コルト・ヤンガー/Colt Younger("Keyboards/co-Musical Director")
ハーウィ・ロビンス/Howie Robbins(Keyboards)
マーク・バウワーズ/Mark Bowers(Guitar)
ジェイソン・シモンズ/Jason Simons(Bass)

■ セットリスト マンハッタンズ 

Setlist : Manhattans @ Billboard Live, April 1st, 2009
[ ] indicates original artist or artist made the song hit

show started 21:32
01. Intro
02. Ain't No Stoppin' Us Now
03. I'll Never Find Another (Find Another Like You)
04. (Medley #4 to #8) Tomorrow
05. Forever By Your Side
06. The Way We Were
07. Am I Losing You (A Riff of " Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye))
08. Can I Kiss My Bride
09. (Medley #9 to #15) Crazy
10. There's No Me Without You
11. We Never Danced To A Love Song
12. Wish That You Were Mine
13. Hurt
14. It Feels So Good To Be Loved So Bad
15. There's No Good In Goodbye
16. (Medley #16 to #22) Don't Take Your Love From Me
17. If You Think You're Lonely Now ~ Don't Take Your Love From Me
18. Hold On (Everything's Gonna Be Alright)
19. Men Cry Too (New)
20. Introducing Members: On "For The Love Of Money"
21. Shining Star
22. Kiss And Say Goodbye
Enc. Georgia On My Mind
show ended 22:57

(2009年4月1日水曜、ビルボード・ライヴ東京=マンハッタンズ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Manhattans
2009-21


投稿者 吉岡正晴 : April 2, 2009 01:38 AM
コメント