December 25, 2005

"Soul Music Live Vol.5"(Part 2)

【「ソウル・ミュージック・ライヴ・VOL.5」Part2】

存在意義。

ゴスペラーズに続いてはニュースをはさんでいよいよ木下航志くんの登場となった。ドラムスのないいわゆる「アコースティック・セット」で、ギター、ベース、サックス、ハーモニカ、コーラス2人らのバックで、航志くんがピアノを弾きながら歌うスタイル。いきなりの「ジョージア・・・」が以前聴いた時よりも深みを増していた。「ソウル・サーチン・トーキング」で航志くんがこの曲を歌ったのは、半年前のこと。この日の「ジョージア」は2005年12月のジョージアということになる。また半年たったら、違うヴァージョンになっているのだろう。

航志くんの声も以前よりも太くなっているような気がした。たぶん、16歳という年齢は日々様々なことが成長しているのだろう。身体も大きくなれば、筋肉も発達する。それにともなって声帯も変化していく。

この日の圧巻その1は、初披露となったカーティス・メイフィールドの「ピープル・ゲット・レディー」。こういうカヴァーは、もうたまらない。かなり練習をしたらしいが、その成果が見事にでた。しかも、スペシャル・ゲストにあのブレンダ・ヴォーンが登場! 

航志くんはのってくると、ところどころで、音がフラットしたりすることがある。また、「た行」「さ行」の発音にちょっと難があり、滑舌(かつぜつ)が若干よくないところがある。が、それを凌駕する声の存在感がある。ということを、終った後の雑談の中でゴスの村上さん、黒沢さんらが言った。その通りだと思う。本当にこの声と歌唱は、天からの贈り物だ。まさに、ギフテッド! これは、この日初めて航志くんを見たブラザー・ケイ・グラントの言葉。

そして、圧巻その2。ブレンダとのデュエットで「アメイジング・グレイス」。これは、まさにアメイジングとしか表現がしようがない。それにしても、ブレンダが一声だすと、本当にその場の空気が瞬間に変わる。後半のブレンダと航志くんのコール&レスポンスはすごいものがあった。こういうことが出来てしまう底力というか。

さらにサプライズ! 6月の「ソウル・サーチン・トーキング」で実現した黒沢さんと航志くんのデュエットが、ここに再現だ。あの「ユーヴ・ガット・ア・フレンド」で、二人が共演。いやあ、まさかまたこの二人でこの曲が聴けるとは。もともと二人のからみはなかったのだが、2日ほど前に、尾臺さんに「ゴスと航志くんのからみがあればいいですね」というような感じのメールを送っていたら、どうもそれが伝わったらしく、さらに、リスナーからのそのような要望も多数あったようで、前日に急遽、これが決まった。前日夜遅く、黒沢さんから「明日航志くんとユーヴ・ガット・ア・フレンド、一緒にやるよ」というメールが来て、驚嘆した。

6曲目の「絆」は航志くんとお母さんの絆を歌った作品だが、2004年8月のライヴで、タイトル未定のまま歌われていた曲だ。それがいよいよ完成しレコーディングされた。

航志くんは結局7曲歌ったわけだが、やはり、カヴァーのほうが圧倒的にインパクトがある。

航志くんに続いては、今度はフリー・ファンクというPファンク、ロジャーなどをベースにしたファンク・バンドが登場した。96年に結成されたグループということだったが、初めて聴いた。最初、ちょっと観客もバンドも温まっていなかったが、4曲目でヴォコーダーにゲストのシュンタロウさんという方が登場していきなりヒートアップした。彼が思い切りヴォコーダーを遣ったのが、ザップのカヴァー「ドゥ・イット・ロジャー」と「ソー・ラフ・ソー・タフ」。後半は一気にファンク一色に染めてくれた。今度一度、ゆっくりフルのライヴを見てみたい。

そして、アーティスト最後がブラザー・トム。ピアノ1本の伴奏で彼が歌った。始まるまで、ピアノだけで一体何をやるのか、まったく見当つかなかったが、これにはやられた。なんとレイ・チャールズの「アイ・キャント・ストップ・ラヴィン・ユー」、オーティス・レディングの「ドック・オブ・ザ・ベイ」を日本語にして歌ったのだ。トムさんのよれば、その日に日本語を作ったということで、後者の「がんばんべい、おじさん」にはまいった。前者の日本語もなかなかはまっていた。これはおもしろい試みだ。

それにしても、トムさんは話がうまい。真の語り部だ。その話術に本当に引き込まれる。子を持った父という立場での語りをいれて、歌った3曲目。これは、トムさんたちがやったミュージカル『ミラクル・ブラインド・ボーイズ』の挿入歌「ブラインド・ラヴ」だった。その歌詞におそらく涙した人も多いのではないだろうか。

いやあ、密度の濃い5時間。本当にNHKでなければできなような番組だ。それにしても濃い。長丁場、疲れた。(笑) でも、また、次回もよろしく。楽しみにしてます。フリーファンクのような地道に活躍しているソウル系バンドをサポートする意味でも存在意義のでてきた番組になっている。僕も紹介したいバンドをいくつか思いつくので、ぜひどんどん新人に機会を与えてくれればと思う。


Setlist: Kishita Kohshi

01. Georgia On My Mind
02. 通り雨
03. 太陽の道 風の道
04. People Get Ready
05. Amazing Grace
06. 絆
07. You've Got A Friend

Setlist: Free Funk ftg. Shutarou, Orito

01. Midnight Jam
02. (Not Just) Knee Deep
03. Maggot Brain (シュウタロウ)
04. Do It Roger~So Ruff, So Tuff
05. 鮑の艶話 (オリト、シュウタロウ)
06. 自由自在
07. Freefunk Shuttle

Setlist: Brother Tom

01. 愛さずにはいられない(日本語)
02. ドック・オブ・ザ・ベイ(日本語)
03. ブラインド・ラヴ (日本語)

(2005年12月23日金、木下航志、フリーファンク、ブラザー・トム・ライヴ~NHK-FM『ソウル・ミュージック』ライヴVol.5)

ENT>MUSIC>LIVE>Kishita Kohshi, Freefunk, Brother Tom
ENT>MUSIC>RADIO>"Soul Music"-NHK-FM

投稿者 吉岡正晴 : 02:51 AM | コメント (0)