November 18, 2006

Sam Moore With Surprising Finale: Sam, You Are So Beautiful

【サム・ムーア、驚きと感動のフィナーレ】

感動。

生きる伝説、見事なソウル・サヴァイヴァー、歴史そのもの・・・。いくら言葉を探そうにも、完璧な言葉は見つからない。あまりに多くのものがありすぎて、超おなかいっぱいになったサム・ムーア・ライヴ最終日。

徐々に週前半の評判が効いて来たのか、この日は超満員で立ち見も出た。楽屋からステージまでの道のり、たくさんのファンに握手を求められ、かなり時間がかかっていた。バンドも熱ければ、観客も熱い。本人もかなりやる気いっぱいで、予定ではインストゥルメンタルだった「ホールド・オン」を途中から歌い出した。ドラマーのトニーによると、これはアレサ・フランクリンのヴァージョンだそうだ。

「ノック・オン・ウッド」の次に、セットリストでは「ソウル・シスター・・・」だったが、なぜか飛んで「カム・オン・カム・オーヴァー」へ。サムのよく通る甲高い声が、本当に素晴らしい。声も、マイクになんのエフェクトもつけず、素の声が会場を包み込む。そして、歌の「タメ」が、ものすごく見事だ。ここで歌い始めそうという瞬間から、さらに一歩タメてから、その歌詞を歌い始める。これは実に味わい深い。

ずば抜けてうまいというわけではない。しかし、その歌声には、味がある、渋さがある、艶がある、そしてクラース(品)がある。彼がそこに立って、ちょっと腕を動かすだけで、雰囲気と存在感があふれ出る。シンプルでストレートな歌だけに、聴くものの心に、ソウルに直球で語りかけてくるのだろう。彼の声を聴いていると、雰囲気も含めて、少しばかり日本のキングトーンズのリードシンガー、内田正人を思わせた。

観客にサビを歌わせる「ブレイム・イット・オン・ザ・レイン」では、日本人が2-3人歌った後、なんと、通路からステージに一人のブラックの女性が進んで行って手を挙げた。サムが彼女にマイクを手渡した。我らがブレンダ・ヴォーンだ!! ゴスペルっぽく、思い切りシャウトして歌うと、会場の空気が一挙に沸騰した。サムがそれを見て、あきれたように喜びを表した。

「アイ・キャント・ターン・ユー・ルーズ」のエンディングでは「ワン・モア・タイム??」と客を煽り、何度も終わりそうで終わらない。その度に客席は盛り上がっていく。こういったエンタテインメントは最高だ。70年の歴史だろう。

そして感動のバラード「サムシングス・ロング・ウィズ・マイ・ベイビー」。シンプルなバックに、切々と歌うサム。「俺のベイビーが出て行ってしまった。何が悪かったんだ・・・」とセリフを言うサム。曲のストーリー(物語)に立体感を与えるパフォーマンス。ここでのタメも、うならされてしまう。そして、泣かされる。ソウル、R&Bの真髄である。

会場が静まり返って歌が終わると万雷の拍手。そこに奥さんのジョイスが登場し説明を始めた。「30年前、一人の若者がサムの元にやってきました。その若者はその後大スターになりました。その彼が今夜、ここに来ています。みなさんへのサプライズ・ゲストです。キヨシロー!!」 

客席から「おおおっ、ええええっ」という歓声があがる。ステージ左手からノーメークの忌野清志郎が現れた。そして、サムと一緒に「アイ・サンキュー」を歌ったのだ!! あの清志郎節だ。声も元気そう。「アイ・サンキュー」のところを、「ありがとう」にしたりして歌った。闘病中とは思えない雰囲気だった。1曲終えて、2人はステージ中央でハグ。観客は全員総立ちだ。

サムは言った。「昔彼が来た時、私の荷物を持って、あちこちに行ってくれたものなんだ」 当時無名だった忌野清志郎にとって、サム&デイヴはまさに神様に近い存在だっただろう。それがこうして何十年ぶりにステージ上で再会できるのは、彼にとってもものすごく嬉しいことだったに違いない。サム同様、清志郎も見事なソウル・サヴァイヴァーになって欲しい。 

そして、サムは続けた。「まだショーは終わらないよ。もう一組のサプライズ・ゲストをみんなにご紹介しよう。ゴスペラーズ!!」 

5人全員が客席からステージに上がった。そして始まったイントロは、「ソウル・マン」。総立ちの観客のヴォルテージはさらに上がる。ブルーノートの温度は一挙に5度は上がったに違いない。主として村上てつや、黒沢薫の2人が、「ソウル・マン」を歌い、そこにゴスペラーズのメンバーがコーラスをつける。もちろん、「ソウ~~ルマン」というところを、サムも歌う。この曲の部分は、メドレーになっていて、その間中、彼らはステージでサビを歌ったり、踊ったり、大パーティーになった。

ショーはまだ終わらない。前半、飛ばされていた「ソウル・シスター、ブラウン・シュガー」がここで披露された。なるほど、そういうことだったのか。もちろん、4ヶ月前、エナメル・ブラザースとして歌った黒沢薫とサム・ムーアのツートップだ。ところが、エナメルでは黒沢はサムのパートを歌っており、デイヴのパートは覚えていなかったので、かなり焦って歌詞を覚えたらしい。ステージに出て歌い始めるときには、彼は歌詞カードを手に持っていたのだが、歌い始めると、もう見ていなかった。「覚えてた」という。さすが、「飛び入り慣れ」している黒沢ならではだ。(笑) このデュオ、ソウルフルだったなあ。

大盛り上がりの「ソウル・シスター」で、ゴスペラーズのメンバーがステージを降りる頃には観客席は熱気で溢れかえっている。サムが話し始めた。「この4日間(本当は5日間だが、気にしない、気にしない)、ずっと、ビリー(・プレストン)がここ(会場)にいてくれたような気がします。本当に楽しい時間を過ごすことができました。ビリーに捧げます。ビリー、ユー・アー・ソー・ビューティフル・・・」

熱狂から静寂へ。淡々と歌うサムを600の瞳が凝視する。

You are so beautiful To me
You are so beautiful To me
Can't you see

You're everything I hoped for
You're everything I need
You are so beautiful To me

"You Are So Beautiful"
(Written By Billy Preston/Bruce Fisher)

何度も繰り返される「You are so beautiful(君は素晴らしい)」のフレーズ。サム・ムーアは、天国のビリー・プレストンに向かって歌う。同時に、そこにいる観客に向かって歌う。そして、観客は思う。サム、ユーアー・ソー・ビューティフル、と。(サム、あなたは素晴らしい) 

歌い終えて、曲の最後でサムは言った。「Goodnight Billy, to me」 演奏が終わる頃には、再びスタンディングオヴェーションだ。そして、彼がステージから楽屋に戻るまで、皆に手を差し出され、もみくちゃにされ、長い時間がかかった。その間中も、拍手は鳴り止まなかった。

いやあ、よかった・・・。ため息がでた。1時間56分、火曜日より20分近く長くなっていた。僕も最後に立ち上がって長い間拍手を続けた。こんなに長い時間、手が痛くなるまで拍手をし続けたのは、本当に久しぶりだった。

■ブルーノートウェッブ
http://www.bluenote.co.jp/art/20061113.html

■メンバー 

Sam Moore (Vocal)
Crispin Cioe (Sax)
Ohno Kiyoshi (Sax)
Larry Etkin (Trumpet)
Aoki Taisei (Trombone)
James Dower (Keyboard, Back Vocal)
Mark Newman (Guitar, Back Vocal)
Ivan Bodley (Bass, Back Vocal = Musical Director)
Tony Lewis (Drums)
Omar Martinez (Percussion)
Elaine Caswell (Back Vocal)
Calloway (Back Vocal)


■Setlist @ Bluenote Tokyo, 11/17/2006
Sam Moore サム・ムーア・セットリスト
original artist with year hit in the ( )

show started 20:03
01. Back At The Chicken Shack (Instrumental) (Jimmy Smith - 1963)
02. Soul Finger (Instrumental) (Bar Kays - 1967)
03. Peter Gunn (Instrumental) (Henry Mancini - 1959, From "Blues Brothers"-1980)
------Sam on the stage
04. Hold On, I'm Coming (Instrumental) (Sam & Dave - 1966)
05. Knock On Wood (Eddie Floyd - 1966)
06. Come On, Come Over (Jaco Pastorius with Sam & Dave - 1976)
07. Rainy Night In Georgia (Brook Benton - 1970) (Sam Moore & Conway Twitty - 1994)
------From Sam Moore's New Album "Overnight Sensational"
08. None Of Us Are Free (2006) (Ray Charles - 1993, Lynyrd Skynyrd - 1997)
09. I Can't Stand The Rain (2006) (Ann Peebles -1973, Tina Turner - 1984)
10. Blame It On The Rain (2006) (Milli Vanilli - 1989)
11. Ain't No Love (2006) (Paul Carrack - 2003)
------Featuring female singers
12. Tell Mama (Elaine Caswell) (Etta James - 1967)
13. Crazy (Calloway) (Gnarls Barkley - 2006)
------All The Classic Section
14. Don't Play That Song (Ben E King - 1962)
15. I Can't Turn You Loose (Otis Redding - 1965)
16. When Something's Wrong With My Baby (Sam & Dave - 1967)
17. I Thank You (Sam & Dave - 1968) (+Imawano Kiyoshiro)
18. Medley: Soul Man (Sam & Dave - 1967) / Dance To The Music (Sly & Family Stone - 1968) / A riff of "Land Of 10000 Dances(Wilson Pickett - 1967) (+Gospellers)
19. Soul Sister, Brown Sugar (Sam & Dave - 1969) (+Gospellers)
20. You Are So Beautiful (2006) (Joe Cocker, Billy Preston-1974)
show ended 21:59

(2006年11月17日金曜、東京ブルーノート=サム・ムーア・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Moore, Sam
2006-213

投稿者 吉岡正晴 : 05:10 AM | コメント (0)