November 25, 2006

SOS Band: The Sound Of Success Said To The Audience, "You Are The Finest!"

【SOSバンド:アトランタ・ファンクの粋】

総立ち。

1987年4月の渋谷ライヴインでの初来日以来、なんどか日本に来ているアトランタ出身の大型ソウルバンド、SOSバンド(正確にはS.O.S.バンドと表記)がコットンクラブにやってきた。(来日は2度目が89年7月MZA有明ガディル、3度目が90年。その後、94-95年頃日比谷屋音のファンクフェスティヴァルで来日)

ドラムス、ギター、キーボード2、トランペット、サックス、コーラス、そしてリード・シンガー、メリー・デイヴィスの8人がオンステージ。トランペットのアブドゥ-ル・ラウーフは、メリーと並んでオリジナルメンバー。曲によってリード・ヴォーカルもとる。

8人の大型バンドは、例えば、バーケイズ、ダズ・バンド的なファンク系バンドの王道を行く。振り付けがあり、ハードなドラムと、ものすごくのりのいいシンセ・ベース、そして、ゴスペルにルーツを持つメリーのヴォーカルということで聴き応え充分。

この日はかなり熱いファンが多かったようで、3曲目ジャム&ルイスがプロデュースをてがけた「ジャスト・ビー・グッド・トゥ・ミー」から、お客さんほぼ総立ちに。バンドメンバーものりのりで、それまでのショーより20分近く長かったようだ。

全曲ヒット曲ばかりでSOSファンにとってはたまらないところ。サウンドは基本的にレコード(CD)に近い感じを出すが、より肉感的だ。特にドラムスがハードでかなり目立つ。このドラマー、メルヴィン・ボルドウィンは来月のジョニー・ギルでも来日するそうだ。またシンセのベースが実に来る。また、女性バックコーラスを担当するセリアは11~12年前くらいにSOSに参加したが、前回の日比谷のライヴには来ていない。その直後に加入したという。

しっかり踊り、観客を巻き込んでのソウル・ショー。この手のライヴたたき上げバンドは、まずまちがいない。

■メンバー 
ザ・エス・オー・エス・バンド
Mary Davis(vo), Celia Georgie(vo), Frederick Thaxton(vo,sax), Abdul Raoof(vo,tp) Allan Smith(key), Darryl Rouse(key),
Reginald Ward(g), Melvin Baldwin(ds)

http://www.cottonclubjapan.co.jp/ccj/top.html

Setlist: S.O.S. Band 11/24/2006
セットリスト SOSバンド

show started 21:44
01. Intro
02. For Your Love
03. Just Be Good To Me
04. Borrowed Love
05. High Hopes
06. Tell Me If You Still Care
07. Take Your Time (A riff of "One Nation Under The Groove")
08. Weekend Girls
-- Introducing of members
09. No One's Gonna Love You
10. The Finest
11. Just The Way You Want Me
12. Jam (I Like Party)- Just To Be Good To Me (Reprise)
Enc1. S.O.S. (Dit Dit Dit Dash Dash Dash Dit Dit Dit) (Instrumental)
Enc2. Sands Of Time
show ended 23:33

(2006年11月24日金曜 丸の内コットンクラブ=SOSバンド・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>SOS Band
2006-218

投稿者 吉岡正晴 : 03:04 AM | コメント (0)