January 09, 2007

Satisfaction Guarantee: The Great Diva Gray Show With Lots Of Diversity

【満足保証~ディーヴァ・グレイ・ショウ、いよいよ今夜】

満足保証。

しかし、彼らの集中力には驚かされる。午後1時から8時まで、7時間である。リハ最終日、3日目。初日こそ5時間だが、2日目、3日目は7時間。途中10分程度の休憩が2度くらいで、あとはひたすら演奏している。大体みんな家で宿題をしてきているので、仕事が早い。まあ、プロのミュージシャンだから当たり前と言えば、当たり前なのだが。見てるこちらもさすがに疲れるのだから、彼らはそれ以上に疲労しているはずだ。さすがに7時過ぎには疲れが見えてきたが・・・。(笑) そう、明けて今日の『ザ・グレイト・ディーヴァ・グレイ・ショウ』のリハーサル模様だ。

3日目は、バンドとヴォーカル、ディーヴァを含め9人全員勢ぞろい。曲のエンディング、次の曲へのつなぎ部分などをちょこっと確認している。音楽ディレクターのケイリブが的確にメンバーに指示をし、すぐにミュージシャンたちはそれに応える。

僕がやることと言ったら、せいぜいメンバーのためにコピーを取ったり、スターバックスにコーヒーを買いに行く程度だ。いや、9人分のスタバの注文は「一仕事」ですが。なにしろ、誰ひとりとして同じオーダーはなかった。(笑) しかも注文、みんな細かいよ。おおきさもバラバラなら、砂糖の種類も、普通の砂糖をたくさんという人、ダイエットシュガーの人、生クリームはのせずにナツメグをかけてきてくれ、という人まで。もちろん紙に書いてお使いに行きました。

ディーヴァ・グレイは、実は本名ではない。なぜこの名前がついたかというと、彼女は音楽的神童で、16歳でオペラ学校に飛び級で入学したという。そこで、彼女はみんなから、「ディーヴァ」と呼ばれるようになったそうだ。彼女の歌には、ソウル、ゴスペルだけでなく、クラシックの要素、そう、ちょっとしたオペラ的な要素がある。これが、ひじょうにユニークなところだ。「例えば、サラ・ブライトマンとか知ってる?」と聞くと、「もちろん。いい曲もあるわね」と言う。そういうのさえ、歌えそうな雰囲気を持っている。

ディーヴァの今回のライヴではダンステンポの曲がかなり多いが、何曲かしっとりとしたバラードがある。そういう作品は歌のうまさが抜群に光る。

リハを三日見て確信した。もう今日の、ライヴは間違いない。ご来場いただく方には満足を保証する。ちょっと手前味噌っぽくて、なんなんだが、一観客としてのシンプルな感想だ。

歌う曲は、おなじみの曲ばかり。そのすべては、彼女がオリジナル・アーティストのレコーディングで参加している作品ばかりである。シック(クリフにバーナードが乗り移る)、チェンジ、BBQ&バンド(フィリップのシンセ使いが最高!)、ナタリー・コール、ルーサー、ジョージ・ベンソン(ガッツがナイル・ロジャースからベンソンに変身だ)などなど。そして、こんな曲もやるの~というような選曲もある。ディーヴァの音楽的素養の広さ、多様性もうかがいしれるラインアップだ。

数少ない休憩時間にロビー・ダンジーと雑談に。彼女が80年代中頃にいたクリストルというグループについての話になった。「なんで、そんな私の過去の秘密を知ってるの? (笑)」とロビー。「アルバム、2枚だっけ、3枚?」と僕。「3枚よ」と彼女。すると、そこにケイリブが割ってきて、「ほら」と言って携帯の画面を僕に差し出した。すると画面には、そのクリストルのジャケ写が!! ロビーの若かりし日の写真だ。一斉にみんなが集まった。「やめてちょうだいよ、20年も前だわ(笑)」。ロビーはこの他にマスターズ・オブ・ファンク、そして、ジェナイでも歌っている。

リハの模様をビデオで記録していたら、向こう正面からフィリップに写真を撮られた。そうしたら早くも・・・。↓↓↓ (笑) 

2007年1月8日付け↓
http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/funky_philip_woo/view/20070108

鈴木桃子さんのブログも。

http://blog.livedoor.jp/peach314/archives/50835149.html#comments 
(2007年1月6日付け)

では、今夜ブルース・アレーでお会いしましょう。セットリストなどの詳細は明日付けの日記にアップします。まじに、ショーの内容的にはツアーもできる充実度だなあ。

■ザ・グレイト・ディーヴァ・グレイ・ショウ

ディーヴァ・グレイ・ウィズ・ケイリブ・ジェームス&ザ・ソウル・サーチャーズ
(ケイリブ・ジェームス、高田真、ガッツ、クリフォード・アーチャー、ゲイリー・スコット、ロビー・ダンジー、鈴木桃子、フィリップ・ウー)

2007年1月9日(火曜)午後7時半~目黒ブルースアレー。

立ち見でしたら、まだご覧いただけます。本日は直接お店03-5496-4381にお電話してください。
詳細はhttp://www.soulsearchin.com/

ENT>ANNOUNCEMENT>The Great Diva Gray Show


投稿者 吉岡正晴 : 02:58 AM | コメント (0)