February 26, 2009

"Okuribito [Departures]" Saga Continues: 

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【「おくりびと」誕生へのご縁】

縁。

この「おくりびと」誕生までは本当にいろいろな話があるようだ。それらは一言で、「ご縁」という言葉でつながる。

いろいろ見てておもしろいな、と思ったのが、本木さんが奥さんとなる内田也哉子さんと知り合うきっかけが、1993年のアカデミー賞のテレビ中継だったらしい。それから16年後、彼らは夫婦でロスに行き、本木さんはそのアカデミー賞を受賞するのだから、すごい縁だ。

また、監督の滝田洋二郎氏は、もともといわゆるピンク映画(成人映画)からキャリアを積み上げた人で、その彼は1986年、『コミック雑誌なんかいらない!』から一般映画を監督し始める。彼が一般映画を撮り出す最大のターニング・ポイントとなったのがこの『コミック…』なのだが、この映画を撮るにあたって滝田監督を抜擢したのが、そもそもこの映画の発案者だった内田裕也さんだった。

内田さんは、成人映画の監督だった滝田氏を一般映画の世界に招きいれ、その滝田さんは以後、一般映画で着実に実績を積み上げ、今回の『おくりびと』へつながる。その企画案が内田さんの義理の息子、本木さんから出ているわけだ。これまたすごいご縁だ。

本木さんはこの映画の成功の要因に脚本の小山薫堂さんの名前をあげているが、本木さん、小山さん、そして、滝田さんのつながりは、いつ頃、どのようにしてできたのだろうか。

そしてなにより、本木さんが出会った『納棺夫日記』。これこそ最大のご縁だろう。

いろいろなテレビなどで本木さんのインタヴューが出ていたが、ひじょうに真摯なまじめな映画人という印象を受けた。ひょっとして、映画プロデューサー兼俳優として日本のクリント・イーストウッドみたいになれるのではないか。

■ ざっと不完全な年表

1986年 『コミック雑誌はいらない!』(滝田氏、一般映画へ進出。内田裕也氏の抜擢)
1993年 本木氏、インド旅行
1993年3月 青木新門氏 『納棺夫日記』上梓
1993年3月? アカデミー賞で本木氏、内田也哉子さんと知り合う。
1993年10月 本木氏、自身の写真集に『納棺夫日記』からの引用許諾をもらうため、青木氏にコンタクト
1993年12月 本木氏 『天空静座 - HILL HEAVEN』上梓
1995年5月 本木氏、内田也哉子さんと結婚
2005年頃? 映画『おくりびと』企画、産声をあげる
2008年9月 『おくりびと』ロードショー公開
2009年2月 アカデミー賞「外国語映画賞」受賞

抜けているところを徐々にでも埋めていきたい。

■ 「おくりびと」関連記事

February 25, 2009
Roots Of "Okuribito [Departures]" : Aoki Shinmon's Book
【青木新門氏の『納棺夫日記』は『おくりびと』の原点本】
http://blog.soulsearchin.com/archives/002841.html

February 24, 2009
Real Departures For Soul: Motoki's Soul Searchin Journey To India
【ソウルの真の出発】
http://blog.soulsearchin.com/archives/002840.html

ENT>AWARD>ACADEMY


投稿者 吉岡正晴 : 03:51 PM | コメント (0)

February 25, 2009

Roots Of "Okuribito [Departures]" : Aoki Shinmon's Book

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【青木新門氏の『納棺夫日記』は『おくりびと』の原点本】

原点本。

昨日付け本ブログでアカデミー賞「外国語映画部門」を獲得した日本映画『おくりびと』とそのアイデアの元になった『納棺夫日記』について書いた。さっそく複数の方からこれに関してメールをいただいた。どちらの方も青木さんと間接的に接点がある方たちで媒体には出ていない内容を知らせてくださった。ありがとうございます。

さらに、その後も、さまざまな媒体で青木さん自身がコメントをだされたりしている。そうした情報を読むと、昨日速攻で書いた文章『Real Departures For Soul: Motoki's Soul Searchin Journey To India~ソウルの真の出発』は、もう一度改めて書き直さなければならない。(近いうちにやります)

僕や多くの人が持っている一番の疑問。それはなぜ青木さんの『納棺夫日記』はオフィシャルな原作本となっていないのか。一番端的な理由は、2009年2月24日付け毎日新聞の次の記事に明らかになっている。

毎日新聞2009年2月24日付け朝刊
http://mainichi.jp/enta/cinema/archive/news/2009/02/24/20090224ddm041200157000c.html

~しかし、封切り直前、「原作者」とされることは拒んだ。一番描いてほしかった「『おくりびと』が(死者を)どこに送るのか」が描かれていなかったからだ。~

当初、映画化したいと本木さんが青木さんに言ったときには、「これは映画化できる話ではない」と断ったという。しかし、それでも本木さんは諦めずに、青木さんのところに足を運んだり、手紙を書いたりした。最初の脚本を見たときはやはり青木さんにとっては不本意で、映画化の話は一度振り出しに戻った。しかし、本木さんは諦めずに、タイトルも変え、脚本も書き直して持っていった。すると、その熱意に負けたのか青木さんから、原作と青木さんの名前を出さないという条件なら映画化してもいいという言葉をもらったという。


書き出し。

書き出しは、全ての出発点。文章で一番重要だ。僕は小学校の国語の先生(藤本先生)にそう習った。そして、『納棺夫日記』の書き出しは、実に見事だ。

「今朝、立山に雪が来た。
全身に殺気にも似た冷気が走る。~」(『納棺夫日記』青木新門・著)

映画の舞台、ロケはさまざまな事情があったのだろう。山形県庄内市になる。青木さんは、富山に大変こだわりのある方だった。この冒頭の一文からして、映画の舞台が立山でなくては、原作者としては譲れないだろう。

また、青木さんは「納棺夫」という言葉にこだわりがあったようだ。映画では「納棺師」とされている。これは、最近では女性でもこの仕事をするために、業界的には、「納棺師」という言い方が一般的らしい。だが、この物語は「納棺夫」の物語だ。

納棺の仕事は宗教性と無縁ではなく、そのあたりが省かれている点も気になったらしい。とはいうものの、映画は映画としてエンタテインメントにしなければならないので、そのあたりのさじ加減は実にむずかしい。

2月24日日本テレビ系『みやねや』(午後2時~)で青木さん本人がインタヴューに答えられていた。それによると、本木さんが映画がほぼできて「やはり、原作として名前をいれさせてください」と懇願しにきた。食事処で本木さんは出されたものに箸もつけず、1時間半ずっと正座したまま、懇願し続けたという。青木さんはその真摯な姿勢に打たれたが、『納棺夫日記』は『納棺夫日記』、『おくりびと』は『おくりびと』でいいではありませんか、と言ったという。

僕はこの話を聞いて、どちらも立派だと感動した。青木さんは青木さんで筋を通し、この本を映画化することを許可した。そして本木さんは本木さんで、最後の最後まで原作クレジットをいれることにこだわった。だが、こうして原作クレジットは入らずとも、本木さんがこの本についてあちこちで話したことで、この映画の原点がここにあるということが明らかにされ、これは十分に恩返し(クレジットを与えている)しているように思える。しかも、アカデミーという超ど級の御礼がついた。

青木さんは原作本としては名前を貸さなかったが、ふたりの関係はひじょうに良好で、青木さんは本木さんに大変好印象を持っている。『~それでも先月末、本木さんからノミネートの知らせを受けた時は、素直に「おめでとう。蛆(うじ)の光はオスカーの黄金の光とつながっています」と伝えた。~』(上記・毎日新聞・記事)

『納棺夫日記』はほとんど自費出版に近いもので、初版は500部(毎日新聞の記事では2500部)とかなりの少部数だったそうだ。しかし、そんな本を、本木さんは一体どこでどのようにして手に入れたのだろう。新たな疑問が浮かびあがった。

「映画と本は別物だ」と青木さんは言う。まったくその通りだと思う。しかし、僕は、これについて映画の原作本ではなく、新たな呼称を授けたい。『納棺夫日記』は、『おくりびと』の「原点本」だ、と。映画と書籍の新しいいい関係だと思う。

■ 参考記事

なんと糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」で昨年、『おくりびと』についての糸井氏、学者の中沢新一氏、本木さんの3人の深い対談がでていました。よくわかる読み応えある対談です。
http://www.1101.com/okuribito/index.html

February 24, 2009
Real Departures For Soul: Motoki's Soul Searchin Journey To India
【ソウルの真の出発】
http://blog.soulsearchin.com/archives/002840.html

++

ちなみに、「納棺夫」という言葉に英語の定訳はないようだが、Coffin's ManとかCasket Manあたりでいいのだろうか。

ENT>AWARDS>Oscar>81st, Winners
ENT>MOVIES>Okuribito, Departures


投稿者 吉岡正晴 : 05:54 AM | コメント (0)

February 24, 2009

Real Departures For Soul: Motoki's Soul Searchin Journey To India

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【ソウルの真の出発】

出発。

第81回アカデミー賞・外国語映画部門で日本の映画『おくりびと(英語タイトルDepartures)』が受賞した。今回これを機にいろいろ調べたら、なかなか興味深かったので、簡単にまとめてみたい。

+++

インド。

1993年、俳優本木雅弘(1965年12月21日生まれ)は『メメントモリ(ラテン語/死を想え)』(藤原新也・著=情報センター出版局刊)などの影響もあり、プライヴェートでインドに旅行した。悠久のガンジス川で彼が見たものは、そこをゆったりと流れる遺体だった。その横で日常を送る人々、生と死の共存を垣間見る。そのとき、彼は死生観というもので大きなカルチャー・ショックを受けた。日本に帰り彼はそうしたものについての書籍をむさぼるように読み出す。上野正彦氏の「死体は語る」や、熊田紺也氏の「死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い」などだった。そんな中に、富山県の一地方出版社から発売された『納棺夫日記』(青木新門・著=桂書房、1993年)があった。

本木はこれを読んで感銘。本木は言う。「その本で納棺師という仕事を知りまして、そのときに、見知らぬ男が見知らぬご遺体を前にふき清め、仏着を着せて棺に納めるという一連の作業が職業として存在するということに大変衝撃を受けました。そしてそれがとてもミステリアスである種エロチックで、何だかとても映画的だと感じたことを覚えています」(シネマトゥデイのインタヴュー・文・平野敦子)

シネマトゥデイ・本木雅弘インタヴュー↓
http://cinematoday.jp/page/A0001898

本木はこのインドの旅を一冊の作品にまとめようと、写真と文で作品を作る。その中で彼は、『納棺夫日記』で感銘を受けた文章を引用したく、著者の青木氏(1937年生まれ)に連絡をいれる。青木氏は快諾、彼が引用した文章は「蛆(うじ)も命なのだ。そう思うと蛆(うじ)たちが光って見えた」というものだった。インド・ベナレスのガンジス川岸辺で送り火を手にした上半身裸の本木の写真の横にこの一文をいれた。

青木氏の著作『納棺夫日記』は、死去した遺体を洗い清め、納棺することを仕事にする納棺夫を描いたもので、これは青木氏本人の自伝的著作でもあった。彼が引用するほど感銘を受けたのはこのシーンだ。

「目の錯覚のせいか、少し盛り上がった布団が動いたような気がした。それよりも、部屋の中に豆をばらまいたように見える白いものが気になった。
よく見ると、蛆(うじ)だと分かった。蛆が布団の中から出てきて、部屋中に広がり、廊下まで這い出している。─(略)─
お棺を置き、布団をはぐった瞬間、一瞬ぞっとした。後ろにいた警察官は顔をそむけ後退りし、箒(ほうき)を届けに来た男などは、家の外まで飛び出していった。
無数の蛆が肋骨の中で波打つように蠢いていたのである。
蛆を掃き集めているうちに、一匹一匹の蛆が鮮明に見えてきた。そして、蛆たちが捕まるまいと必死に逃げているのに気づいた。柱をよじ登って逃げようとしているのまでいる。 
蛆も生命なのだ。そう思うと蛆たちが光って見えた。」
(青木新門・著『納棺夫日記 増補改訂版』=文藝春秋、1996年)

本木の写真集は『天空静座 - HILL HEAVEN』として、1993年12月に発売される。MARCのデータベースによると、この本は「暗黒の"死"が\"幸福\"の頂点となる。生と死が1つに溶け合う。巨大で不可解なインドの風土の写真、文学の一文、詩、フィルム・メモワール、寄稿、投稿などが混然となって伝える、\"天国"のかたち」ということだ。インドで受けた強烈な死生観を余すことなく彼は写真集と文で表現した。彼はこのインドの旅、そして、この『納棺夫日記』以来、これを映画化したいと漠然と思うようになる。僕は本木がこのインドの旅、そして、こうした本を読むことによって相当深いソウル・サーチンをしたと思う。

この経緯について、青木氏は本人のホームページでも触れている。

青木氏ウェッブ↓
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shinmon/news.htm

『納棺夫日記』は、地方発信の書籍として評判を呼び、その約3年後、文芸春秋社から1996年7月発売。さらにベストセラーとなった。

熱望。

本木は、依然この物語を映画化したいと熱望し続けた。しかし題材が地味であることなどからなかなかゴー・サインはでなかった。さまざまな紆余曲折を経て、2005年頃、制作準備が始まった。インドへの旅からすでに12年の歳月が流れていた。

監督に滝田洋二郎(1955年12月4日生まれ)氏、脚本に売れっ子放送作家小山薫堂(1964年6月23日生まれ)氏などがあたり、さらに広告代理店、放送局などが集まった製作委員会が結成され、映画製作が始まった。当初は原作が『納棺夫日記』になる雰囲気だったが、映画の脚本の第一稿を読んだ青木氏がどうやら自分の本のイメージと違うということ、また青木氏が住む富山ではなく、映画の舞台・ロケ地が山形県庄内市になることなどで、原作からは降りることになったらしい。このあたりの事情はさまざまなことがあるのだろう。推測でしかない。しかし、原作クレジットはなくとも、この映画を作るきっかっけとなった作品は『納棺夫日記』であることにはまちがいない。

映画は2008年夏までに完成し、9月に全国で公開された。映画は静かにヒット。すぐに第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを獲得するなど、さまざまな賞を総なめにしていく。約半年で日本で250万人が映画を見たという。『納棺夫日記』とは別の映画脚本を元にした映画のノヴェライズという手法で『おくりびと』という本も出た。そして2009年2月20日、日本アカデミー賞10部門獲得。勢いがついていた。

そして、2009年2月22日(現地時間)。ロス・アンジェルス・コダック・シアター。「外国語映画賞」発表。日本時間23日午後1時07分。プレゼンターが封を切って、言う。「オスカー・ゴーズ・トゥー…。…デパーチャーズ! ジャパン!」

本木雅弘、広末涼子らと壇上に上がった滝田監督は喜びをかみしめながらカタカナ英語で挨拶した。「Thank you to all the Academy. Thank you to everybody who help this film. I am very happy. Thank you. I am here because of film. This is a new departure for me. I will, we will be back, ... I hope. Thank you, arigatou!」

授賞式はその後も今年のハイライト「スラムドッグ&ミリオネア」の大量受賞とともに進んでいった。ライヴ・ショーの最後、「ベスト・ピクチャー(最優秀映画)」の発表となった。5本のノミネートから選ばれたのは、この日8部門目の獲得となった圧勝の「スラムドッグ」だった。

この映画もまたインドを舞台にした作品だった。ステージには多くのインド人出演者も上がった。「スラムドッグ」に「おくりびと」。どちらも言ってみればインドにルーツを持つ作品だ。「おくりびと」のすべては本木雅弘のインドへの旅から始まり、これを何が何でも映画化したいという強い彼の気持ちがすべてを動かした。そうして、インドにおけるソウル・サーチンが生み出したまったく別の2本の映画に、同じ日、同じ場所で、同じ瞬間、世界が見つめる中、世界の栄光と映画の神様が微笑んだ。ソウルを知っている人たちは素晴らしい。

■ 第81回オスカー・アカデミー賞
February 23, 2009
OSCAR, 81st Academy Awards Final: New Departure For Japanese Film
http://blog.soulsearchin.com/archives/002839.html

■ おくりびと[DVD] はやくも2009年3月18日発売

おくりびと [DVD]
おくりびと [DVD]
posted with amazlet at 09.02.24
アミューズソフトエンタテインメント (2009-03-18)
売り上げランキング: 1

■ 定本『納棺夫日記』

定本納棺夫日記 2版\
定本納棺夫日記 2版
posted with amazlet at 09.02.24
青木 新門
桂書房
売り上げランキング: 100

■ その文庫版

納棺夫日記 (文春文庫)
青木 新門
文藝春秋
売り上げランキング: 1

■ おくりびと(映画のノヴェライズ版)

おくりびと (小学館文庫)
百瀬 しのぶ
小学館
売り上げランキング: 26

ENT>AWARDS>Oscar>81st, Winners


投稿者 吉岡正晴 : 02:40 AM | コメント (0)

February 23, 2009

OSCAR, 81st Academy Awards Final: New Departure For Japanese Film

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【第81回アカデミー賞~「おくりびと」「つみきのいえ」受賞~日本映画に新たな出発】

日本。

アメリカ映画業界最大のイヴェント、アカデミー賞の授賞式が2009年2月22日(日=東部時間午後8時=日本時間2月23日月曜午前10時)からロスアンジェルスのコダック・シアターで行われた。日本からの映画「おくりびと」が、外国語映画賞を、短編アニメ賞で「つみきのいえ」が堂々と獲得した。「つみきのいえ」の加藤久仁生監督は、「サンキュー・マイ・ペンシル、どうもありがとうミスター・ロボット」などと挨拶。さらに「おくりびと(デパーチャー)」を受賞した滝田洋二郎監督は壇上で「サンキュー・トゥ・オール・ジ・アカデミー。サンキュー・トゥ・エヴリバディー・フー・ヘルプ・ディス・フィルム。アイ・アム・ヴェリー・ヴェリー・ハッピー。サンキュー。アイ・アム・ヒア・ビコーズ・オブ・フィルム。ディス・イズ・ア・ニュー・デパーチャー・フォー・ミー。アイ・ウィル、ウイ・ウィル・ビー・バック、アイ・ホープ、サンキュー、ありがとう」と英語で挨拶した。

日本映画はこれまでに1956年に正式に「外国語映画賞」が設立されてから12本ノミネートされ初の獲得となった。なお正式な「外国語映画賞」以前に、同様の賞として「名誉外国語映画賞」があり、1951年度「羅生門」(黒澤明監督)、1954年度「地獄門」(衣笠貞之助監督)、1955年度「宮本武蔵」(稲垣浩監督)が獲得しているので、53年ぶり、4本目ということになる。また外国語映画賞では、日本映画ではないが1975年度ソ連映画「デルス・ウザーラ」で黒澤明監督が獲得している。これはまさに日本映画の快挙だ。(日本映画関係は、下記資料参照)

今年は、「ベンジャミン・バトン」と「スラムドッグ」の一騎打ちの様相を呈していた。ソウル・サーチャーは、9部門10ノミネートの「スラム」が「ベスト・ピクチャー」など計7部門獲得を予想したが、8部門を獲得。「スラム」が受賞を逃したのは「サウンド・エディティング(音響賞)」の部門のみ。13部門でノミネートの「ベンジャミン」が「アート・ディレクション」など4部門を予想したが、3部門を獲得した。「ベンジャミン」は有力視された「コステューム(衣装)部門」を「ある公爵夫人の生涯(ダッチェス)」に奪われた。

主演男優賞は、ショーン・ペンが5度目のノミネートで「ミスティック・リヴァー」(2003年)で同賞を受賞して以来、同賞2度目の受賞。本命ミッキー・ロークを破っての受賞。助演女優賞は、ペネロペ・クルースが2006年に「主演女優」でノミネートされており、2度目のノミネートで見事受賞。主演女優はケイト・ウィンストレットが6度目のノミネートで初受賞。「監督」「作品」は予想通り「スラム」になった。

予想24部門で本命が17部門的中、対抗で5部門、はずれが2部門。9割1分7厘。はずれたのは、「サウンド・ミキシング」が「スラムドッグ」を、「ドキュメンタリー・ショート」で「スマイル・ピンキ」が獲得したところ。かなりいい成績だった。

全24部門の各受賞者は次の通り。

オスカー予想は今年で5年目。過去の的中率は次の通り。

第81回 2008年度 予想24部門 本命的中17 対抗5 .917
第80回 2007年度 予想24部門 本命的中13 対抗4 .708
第79回 2006年度 予想24部門 本命13 対抗8 .875
第78回 2005年度 予想10部門 本命7 対抗2 .900
第77回 2004年度 予想10部門 本命7 対抗3 1.000

アカデミーのオフィシャル・ウェッブ
http://www.oscar.com/

中継をするWOWOWのサイト
http://www.wowow.co.jp/extra/academy2009/nomination/list.html

■第81回オスカー・アカデミー賞 結果

01. ACTOR, LEADING

Richard Jenkins in “The Visitor”
Frank Langella in “Frost/Nixon”
勝者 対抗Sean Penn in “Milk”
Brad Pitt in “The Curious Case of Benjamin Button”
本命Mickey Rourke in “The Wrestler”

02. BEST PICTURE

対抗“The Curious Case of Benjamin Button”
“Frost/Nixon”
“Milk”
“The Reader”
勝者 本命“Slumdog Millionaire”

03. ACTOR, SUPPORTING

Josh Brolin in “Milk”
Robert Downey Jr. in “Tropic Thunder”
Philip Seymour Hoffman in “Doubt”
勝者 本命 Heath Ledger in “The Dark Knight”
対抗 Michael Shannon in“Revolutionary Road”

04. SHORT FILM, ANIMATED

勝者 対抗“La Maison en Petits Cubes” 「つみきのいえ」
“Lavatory - Lovestory”
“Oktapodi”
本命“Presto” 「マジシャン・プレスト」
+“This Way Up” 

05. ACTRESS, LEADING

+ Anne Hathaway in“Rachel Getting Married”
Angelina Jolie in “Changeling”
Melissa Leo in “Frozen River”
対抗 Meryl Streep in “Doubt”
勝者 本命 Kate Winslet in “The Reader”

06. SHORT FILM, LIVE ACTION

“Auf der Strecke (On the Line)”
“Manon on the Asphalt”
本命“New Boy”
“The Pig”
勝者 対抗“Spielzeugland (Toyland)”

07. ACTRESS, SUPPORTING

Amy Adams in “Doubt”
勝者 本命 Penélope Cruz in“Vicky Cristina Barcelona”
+Viola Davis in “Doubt”
対抗 Taraji P. Henson in “The Curious Caseof Benjamin Button”
Marisa Tomei in “The Wrestler”

08. SOUND EDITING

勝者 本命“The Dark Knight”
“Iron Man”
“Slumdog Millionaire”
対抗 “WALL-E”
“Wanted”

09. ANIMATED FEATURE

“Bolt”
対抗 “Kung-Fu Panda”
勝者 本命 “WALL-E”

10. SOUND MIXING

“The Curious Case of Benjamin Button”
本命“The Dark Knight”
勝者 “Slumdog Millionaire”
対抗 “WALL-E”
“Wanted”

11. ART DIRECTION

“Changeling”
勝者 本命“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“The Duchess”
“Revolutionary Road”

12. VISUAL EFFECTS

勝者 本命“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“Iron Man”

13. CINEMATOGRAPHY

“Changeling”
“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗 “The Dark Knight”
“The Reader”
勝者 本命“Slumdog Millionaire”

14. SCREENPLAY, ADAPTED

対抗 “The Curious Case of Benjamin Button”
“Doubt”
“Frost/Nixon”
“The Reader”
勝者 本命 “Slumdog Millionaire”

15. COSTUME DESIGN

“Australia”
本命“The Curious Case of Benjamin Button”
勝者 対抗“The Duchess”
“Milk”
“Revolutionary Road”

16. SCREENPLAY, ORIGINAL

“Frozen River”
“Happy-Go-Lucky”
“In Bruges”
勝者 本命“Milk”
対抗“WALL-E”

17. DIRECTING

対抗“The Curious Case of Benjamin Button”
“Frost/Nixon”
“Milk”
“The Reader”
勝者 本命 “Slumdog Millionaire”

18. DOCUMENTARY FEATURE

“The Betrayal (Nerakhoon)”
対抗“Encounters at the End of the World”
“The Garden”
勝者 本命“Man on Wire”
+“Trouble the Water”

19. DOCUMENTARY SHORT

本命“The Conscience of Nhem En”
“The Final Inch”
勝者 “Smile Pinki”
対抗“The Witness - From the Balcony of Room 306”

20. FILM EDITING

“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“Frost/Nixon”
“Milk”
勝者 本命“Slumdog Millionaire”

21. FOREIGN LANGUAGE FILM

“The Baader Meinhof Complex” (ドイツ)
+“The Class” (フランス)
勝者 対抗“Departures" 「おくりびと」(日本)日本「「おくりびと」 日本
“Revanche”(オーストリア)
本命“Waltz with Bashir” 「戦場でワルツを」(イスラエル)

22. MAKEUP

勝者 本命“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“Hellboy II: The Golden Army”

23. ORIGINAL SCORE

“The Curious Case of Benjamin Button”
“Defiance”
“Milk”
勝者 本命“Slumdog Millionaire”
対抗“WALL-E”

24. ORIGINAL SONG

対抗“Down to Earth” from “WALL-E”
勝者 本命“Jai Ho” from “Slumdog Millionaire”
“O Saya” from “Slumdog Millionaire”

+++

(資料)

過去の主な日本関係のアカデミー賞

年度

1951 名誉賞(最優秀外国語映画)=「羅生門」(黒澤明監督)
1954 同=「地獄門」(衣笠貞之助監督)
1954 衣装デザイン賞=和田三造「地獄門」
1955 名誉賞(最優秀外国語映画)=「宮本武蔵」(稲垣浩監督)
1957 助演女優賞=ナンシー梅木「サヨナラ」
1975 外国語映画賞=「デルス・ウザーラ」(黒澤明監督のソ連映画)
1977長編ドキュメンタリー映画賞=「愛のファミリー」(日本、アメリカの合作)
1985 衣装デザイン賞=ワダ・エミ「乱」
1987 音楽(作曲)賞=坂本龍一「ラストエンペラー」
1989 名誉賞=黒澤明
1992 衣装デザイン賞=石岡瑛子「ドラキュラ」
1998 ドキュメンタリー短編賞=「ザ・パーソナルズ--たそがれのロマンス」(伊比恵子監督)
1999 短編アニメーション賞=「老人と海」(日本、ロシア、カナダ合作)
2002 長編アニメーション賞=「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)
2008 短編アニメーション賞=「つみきのいえ」(加藤久仁生監督)
2008 外国語映画賞=「おくりびと」(滝田洋二郎監督)

外国語映画賞 日本映画ノミネート

ACADEMY AWARDS HISTORY
This is the twelfth Academy Award nomination for Japan. Previous nominations were:

THE TWILIGHT SAMURAI (2003) -- Nominee, Foreign Language Film
MUDDY RIVER (1981) -- Nominee, Foreign Language Film
KAGEMUSHA (THE SHADOW WARRIOR) (1980) -- Nominee, Foreign Language Film
SANDAKAN NO. 8 (1975) -- Nominee, Foreign Language Film
DODES'KA-DEN (1971) -- Nominee, Foreign Language Film
PORTRAIT OF CHIEKO (1967) -- Nominee, Foreign Language Film
KWAIDAN (1965) -- Nominee, Foreign Language Film
WOMAN IN THE DUNES (1964) -- Nominee, Foreign Language Film
TWIN SISTERS OF KYOTO (1963) -- Nominee, Foreign Language Film
IMMORTAL LOVE (1961) -- Nominee, Foreign Language Film
HARP OF BURMA (1956) -- Nominee, Foreign Language Film

Additionally, Japan received three Special/Honorary Awards prior to the establishment of Foreign Language Film as a regular category in 1956:

SAMURAI, THE LEGEND OF MUSASHI (1955) -- Honorary Foreign Language Film Award
GATE OF HELL (1954) -- Honorary Foreign Language Film Award
RASHOMON (1951) -- Honorary Foreign Language Film Award

ENT>AWARDS>Oscar>81st, Winners

投稿者 吉岡正晴 : 02:48 PM | コメント (0)

February 19, 2009

OSCAR, 81st Academy Awards Predictions:

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【アカデミー予想】

予想。

アメリカ映画業界最大のイヴェント、アカデミー賞の授賞式が来る2009年2月22日(日=東部時間午後8時=日本時間2月23日月曜午前10時)からロスアンジェルスのコダック・シアターで行われる。ソウル・サーチンの恒例アカデミー賞予想をお送りする。今年は、「ベンジャミン・バトン」と「スラムドッグ」の一騎打ちの様相を呈している。ソウル・サーチャーの予想では、9部門10ノミネートの「スラム」が「ベスト・ピクチャー」など計7部門、13部門でノミネートの「ベンジャミン」が「アート・ディレクション」など4部門を獲得するのではないかとみる。全24部門の各予想は次の通り。

オスカー予想は今年で5年目。過去の的中率は次の通り。

第81回 2008年度 予想24部門
第80回 2007年度 予想24部門 本命的中13 対抗4 .708
第79回 2006年度 予想24部門 本命13 対抗8 .875
第78回 2005年度 予想10部門 本命7 対抗2 .900
第77回 2004年度 予想10部門 本命7 対抗3 1.000

アカデミーのオフィシャル・ウェッブ
http://www.oscar.com/

中継をするWOWOWのサイト
http://www.wowow.co.jp/extra/academy2009/nomination/list.html

■第81回オスカー・アカデミー賞予想

01. ACTOR, LEADING

Richard Jenkins in “The Visitor”
Frank Langella in “Frost/Nixon”
対抗Sean Penn in “Milk”
Brad Pitt in “The Curious Case of Benjamin Button”
本命Mickey Rourke in “The Wrestler”

02. BEST PICTURE

対抗“The Curious Case of Benjamin Button”
“Frost/Nixon”
“Milk”
“The Reader”
本命“Slumdog Millionaire”

03. ACTOR, SUPPORTING

Josh Brolin in “Milk”
Robert Downey Jr. in “Tropic Thunder”
Philip Seymour Hoffman in “Doubt”
本命 Heath Ledger in “The Dark Knight”
対抗 Michael Shannon in“Revolutionary Road”

04. SHORT FILM, ANIMATED

対抗“La Maison en Petits Cubes” 「つみきのいえ」
“Lavatory - Lovestory”
“Oktapodi”
本命“Presto” 「マジシャン・プレスト」
+“This Way Up” 

05. ACTRESS, LEADING

+ Anne Hathaway in“Rachel Getting Married”
Angelina Jolie in “Changeling”
Melissa Leo in “Frozen River”
対抗 Meryl Streep in “Doubt”
本命 Kate Winslet in “The Reader”

06. SHORT FILM, LIVE ACTION

“Auf der Strecke (On the Line)”
“Manon on the Asphalt”
本命“New Boy”
“The Pig”
対抗“Spielzeugland (Toyland)”

07. ACTRESS, SUPPORTING

Amy Adams in “Doubt”
本命 Penélope Cruz in“Vicky Cristina Barcelona”
+Viola Davis in “Doubt”
対抗 Taraji P. Henson in “The Curious Caseof Benjamin Button”
Marisa Tomei in “The Wrestler”

08. SOUND EDITING

本命“The Dark Knight”
“Iron Man”
“Slumdog Millionaire”
対抗 “WALL-E”
“Wanted”

09. ANIMATED FEATURE

“Bolt”
対抗 “Kung-Fu Panda”
本命 “WALL-E”

10. SOUND MIXING

“The Curious Case of Benjamin Button”
本命“The Dark Knight”
“Slumdog Millionaire”
対抗 “WALL-E”
“Wanted”

11. ART DIRECTION

“Changeling”
本命“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“The Duchess”
“Revolutionary Road”

12. VISUAL EFFECTS

本命“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“Iron Man”

13. CINEMATOGRAPHY

“Changeling”
“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗 “The Dark Knight”
“The Reader”
本命“Slumdog Millionaire”

14. SCREENPLAY, ADAPTED

対抗 “The Curious Case of Benjamin Button”
“Doubt”
“Frost/Nixon”
“The Reader”
本命 “Slumdog Millionaire”

15. COSTUME DESIGN

“Australia”
本命“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Duchess”
“Milk”
“Revolutionary Road”

16. SCREENPLAY, ORIGINAL

“Frozen River”
“Happy-Go-Lucky”
“In Bruges”
本命“Milk”
対抗“WALL-E”

17. DIRECTING

対抗“The Curious Case of Benjamin Button”
“Frost/Nixon”
“Milk”
“The Reader”
本命 “Slumdog Millionaire”

18. DOCUMENTARY FEATURE

“The Betrayal (Nerakhoon)”
対抗“Encounters at the End of the World”
“The Garden”
本命“Man on Wire”
+“Trouble the Water”

19. DOCUMENTARY SHORT

本命“The Conscience of Nhem En”
“The Final Inch”
“Smile Pinki”
対抗“The Witness - From the Balcony of Room 306”

20. FILM EDITING

“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“Frost/Nixon”
“Milk”
本命“Slumdog Millionaire”

21. FOREIGN LANGUAGE FILM

“The Baader Meinhof Complex” (ドイツ)
+“The Class” (フランス)
対抗“Departures" 「おくりびと」(日本)
“Revanche”(オーストリア)
本命“Waltz with Bashir” 「戦場でワルツを」(イスラエル)

22. MAKEUP

本命“The Curious Case of Benjamin Button”
対抗“The Dark Knight”
“Hellboy II: The Golden Army”

23. ORIGINAL SCORE

“The Curious Case of Benjamin Button”
“Defiance”
“Milk”
本命“Slumdog Millionaire”
対抗“WALL-E”

24. ORIGINAL SONG

対抗“Down to Earth” from “WALL-E”
本命“Jai Ho” from “Slumdog Millionaire”
“O Saya” from “Slumdog Millionaire”

ENT>AWARDS>Oscar>81st, Predictions

投稿者 吉岡正晴 : 02:33 AM | コメント (0)

February 26, 2008

80th Oscar (Final): 2008

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【第80回オスカー、決定】  

決定。

第80回アカデミー賞(オスカー)の授賞式が2008年2月24日、午後8時(全米東部時間=日本時間2月25日午前10時)から行われた。事前の予想通り、今年のメイン「ノー・カントリー」が最優秀映画、助演男優賞、監督賞、脚色賞の4部門を獲得した。また主演女優と助演女優の両方にノミネートという快挙を成し遂げているケイト・ブランシェットはどちらも獲得ならずだった。

ソウル・サーチャーのオスカー予想は4年目。77回、78回はそれぞれ10部門(本命7・対抗3)、9部門(本命7・対抗2)で予想し本命・対抗で10割、昨年は24部門全部の予想をして本命で13、対抗で8、はずれが3の.875の的中率。今年は主要10部門で本命で8、対抗で1、はずれが1の9割。しかし全部門では24部門中、本命で13、対抗で4、はずれが7部門の7割8厘と若干ふるわなかった。主要部門ではずれた1部門はもっともむずかしかった助演女優賞。ケイト、エイミー、ティルダの三つ巴で最終的にティルダになった。

オフィシャルサイト(ノミネートなど。英語)
http://oscar.com/

THE 2008 80th OSCAR

01. BEST PICTURE
Atonement (つぐない)
Juno (ジュノ)
Michael Clayton (フィクサー)
勝者 本命 No Country for Old Men (ノー・カントリー)
対抗 There Will Be Blood (ゼア・ウィル・ビー・ブラッド)

02. BEST ACTOR
対抗 George Clooney, Michael Clayton
勝者 本命 Daniel Day-Lewis, There Will Be Blood
Johnny Depp, Sweeney Todd (スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師)
Tommy Lee Jones, In the Valley of Elah (告発のとき)
Viggo Mortensen, Eastern Promises (イースタン・プロミセス)

03. BEST ACTRESS
Cate Blanchett, Elizabeth: The Golden Age (エリザベス~ゴールデン・エイジ)
本命 Julie Christie, Away From Her (アウェイ・フロム・ハー~君を想う)
勝者 対抗 Marion Cotillard, La Vie en Rose (エディット・ピアフ~愛の讃歌)
Laura Linney, The Savages (ザ・サベージ)
Ellen Page, Juno

ここは、ジュリーとマリオンとエレン・ページの三つ巴でかなり接戦。

04. BEST SUPPORTING ACTOR
対抗 Casey Affleck, The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (ジェシー・ジェームズの暗殺)
勝者 本命 Javier Bardem, No Country for Old Men
Philip Seymour Hoffman, Charlie Wilson's War (チャーリー・ウィルソンズ・ウォー)
Hal Holbrook, Into the Wild (イントゥ・ザ・ワイルド)
Tom Wilkinson, Michael Clayton

05. BEST SUPPORTING ACTRESS
本命 Cate Blanchett, I'm Not There (アイム・ノット・ゼア)
Ruby Dee, American Gangster (アメリカン・ギャングスター)
Saoirse Ronan, Atonement
対抗 Amy Ryan, Gone Baby Gone (愛しき者はすべて去りゆく)
勝者 Tilda Swinton, Michael Clayton

ここもケイト、エイミー、ティルダの三つ巴のように思える。

06. BEST DIRECTOR
対抗 Paul Thomas Anderson, There Will Be Blood
勝者 本命 Joel and Ethan Coen, No Country for Old Men
Tony Gilroy, Michael Clayton
Jason Reitman, Juno
Julian Schnabel, The Diving Bell and the Butterfly (潜水服は蝶の夢を見る)

07. BEST ORIGINAL SCREENPLAY
Brad Bird, Ratatouille
勝者 本命 Diablo Cody, Juno
対抗 Tony Gilroy, Michael Clayton
Tamara Jenkins, The Savages
Nancy Oliver, Lars and the Real Girl

08. BEST ADAPTED SCREENPLAY
Paul Thomas Anderson, There Will Be Blood
勝者 本命 Joel Coen and Ethan Coen, No Country for Old Men
Christopher Hampton, Atonement
対抗 Ronald Harwood, The Diving Bell and the Butterfly
Sarah Polley, Away From Her

09. BEST ANIMATED FEATURE
対抗 Persepolis (ペルセポリス)
勝者 本命 Ratatouille (レミーのおいしいレストラン)
Surf's Up (サーフズ・アップ)

10. BEST ART DIRECTION
対抗 American Gangster
Atonement
The Golden Compass
勝者 本命 Sweeney Todd
There Will Be Blood

11. BEST CINEMATOGRAPHY
The Assassination of Jesse James…
Atonement
The Diving Bell and the Butterfly
本命 No Country for Old Men
勝者 対抗 There Will Be Blood

12. BEST COSTUME DESIGN
Across the Universe
本命 Atonement
勝者 対抗 Elizabeth: The Golden Age
La Vie en Rose
Sweeney Todd

13. BEST DOCUMENTARY
対抗 No End in Sight
Operation Homecoming: Writing the Wartime Experience
本命 Sicko
勝者 Taxi to the Dark Side
War/Dance

14. BEST DOCUMENTARY SHORT SUBJECT
勝者 Freeheld
本命 La Corona (The Crown)
対抗 Salim Baba
Sari’s Mother

15. BEST EDITING
勝者 対抗 The Bourne Ultimatum
The Diving Bell and the Butterfly
Into the Wild
本命 No Country for Old Men
There Will Be Blood

16. BEST FOREIGN-LANGUAGE FILM
Beaufort (Israel)
勝者 The Counterfeiters (Austria)
対抗 Katyn (Poland)
本命 Mongol (Kazakhstan)
12 (Russia)

17. BEST MAKEUP
勝者 本命 La Vie en Rose
Norbit
対抗 Pirates of the Caribbean: At World's End

18. BEST ORIGINAL SCORE
勝者 本命 Atonement
The Kite Runner
Michael Clayton
対抗 Ratatouille
3:10 to Yuma

19. BEST ORIGINAL SONG
勝者 本命 ''Falling Slowly,'' Once
''Happy Working Song,'' Enchanted
''Raise It Up,'' August Rush
''So Close,'' Enchanted
対抗 ''That's How You Know,'' Enchanted

20. BEST SOUND EDITING
勝者 The Bourne Ultimatum
対抗 No Country for Old Men
Ratatouille
There Will Be Blood
本命 Transformers

21. BEST SOUND MIXING
勝者 The Bourne Ultimatum
対抗 No Country for Old Men
Ratatouille
3:10 to Yuma
本命 Transformers

22. BEST VISUAL EFFECTS
勝者 The Golden Compass
対抗 Pirates of the Caribbean: At World's End
本命 Transformers

23. BEST ANIMATED SHORT
対抗 I Met the Walrus
Madame Tutli-Putli
Même Les Pigeons Vont au Paradis (Even Pigeons Go to Heaven)
My Love (Moya Lyubov)
勝者 本命 Peter & the Wolf

24. BEST LIVE-ACTION SHORT
At Night
Il Supplente (The Substitute)
勝者 本命 Le Mozart des Pickpockets (The Mozart of Pickpockets)
Tanghi Argentini
対抗 The Tonto Woman

ENT>MOVIE>AWARDS>Academy, 80th

投稿者 吉岡正晴 : 03:39 AM | コメント (0)

February 20, 2008

80th Oscar Predictions: 2008

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【第80回オスカー大予想】

全予想。

第80回アカデミー賞(オスカー)の授賞式が2008年2月24日、午後8時(全米東部時間=日本時間2月25日午前10時)から行われる。今年も、恒例の予想をおおくりする。ソウル・サーチャーのオスカー予想は、まだ4年目。77回、78回はそれぞれ10部門(本命7・対抗3)、9部門(本命7・対抗2)で予想し本命・対抗で10割、昨年は24部門全部の予想をして本命で13、対抗で8、はずれが3の.875の的中率。さて今年は。

今年の大きな軸は、「ノー・カントリー・フォー・オールド・メン」。これが果たしていくつ持っていくか、というところが見所。また主演女優と助演女優の両方にノミネートという快挙を成し遂げているケイト・ブランシェットは両部門獲得なるかなどは話題。おそらく、助演で取るだろうというのが、ソウル・サーチャーの予想。下記リストで1~10までの主要部門でどこまで的中するか。目標は本命・対抗であわせて主要部門で10割、トータルで8割。

発表は日本時間2月25日(月曜)午前10時から。

オフィシャルサイト(ノミネートなど。英語)
http://oscar.com/

THE 2008 80th OSCAR NOMINEES

01. BEST PICTURE
Atonement (つぐない)
Juno (ジュノ)
Michael Clayton (フィクサー)
本命 No Country for Old Men (ノー・カントリー)
対抗 There Will Be Blood (ゼア・ウィル・ビー・ブラッド)

02. BEST ACTOR
対抗 George Clooney, Michael Clayton
本命 Daniel Day-Lewis, There Will Be Blood
Johnny Depp, Sweeney Todd (スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師)
Tommy Lee Jones, In the Valley of Elah (告発のとき)
Viggo Mortensen, Eastern Promises (イースタン・プロミセス)

03. BEST ACTRESS
Cate Blanchett, Elizabeth: The Golden Age (エリザベス~ゴールデン・エイジ)
本命 Julie Christie, Away From Her (アウェイ・フロム・ハー~君を想う)
対抗 Marion Cotillard, La Vie en Rose (エディット・ピアフ~愛の讃歌)
Laura Linney, The Savages (ザ・サベージ)
Ellen Page, Juno

ここは、ジュリーとマリオンとエレン・ページの三つ巴でかなり接戦。得票率がもし公開されれば、3人とも22%前後で横並びではないだろうか。

04. BEST SUPPORTING ACTOR
対抗 Casey Affleck, The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (ジェシー・ジェームズの暗殺)
本命 Javier Bardem, No Country for Old Men
Philip Seymour Hoffman, Charlie Wilson's War (チャーリー・ウィルソンズ・ウォー)
Hal Holbrook, Into the Wild (イントゥ・ザ・ワイルド)
Tom Wilkinson, Michael Clayton

05. BEST SUPPORTING ACTRESS
本命 Cate Blanchett, I'm Not There (アイム・ノット・ゼア)
Ruby Dee, American Gangster (アメリカン・ギャングスター)
Saoirse Ronan, Atonement
対抗 Amy Ryan, Gone Baby Gone (愛しき者はすべて去りゆく)
Tilda Swinton, Michael Clayton

ここもケイト、エイミー、ティルダの三つ巴のように思える。

06. BEST DIRECTOR
対抗 Paul Thomas Anderson, There Will Be Blood
本命 Joel and Ethan Coen, No Country for Old Men
Tony Gilroy, Michael Clayton
Jason Reitman, Juno
Julian Schnabel, The Diving Bell and the Butterfly (潜水服は蝶の夢を見る)

07. BEST ORIGINAL SCREENPLAY
Brad Bird, Ratatouille
本命 Diablo Cody, Juno
対抗 Tony Gilroy, Michael Clayton
Tamara Jenkins, The Savages
Nancy Oliver, Lars and the Real Girl

08. BEST ADAPTED SCREENPLAY
Paul Thomas Anderson, There Will Be Blood
本命 Joel Coen and Ethan Coen, No Country for Old Men
Christopher Hampton, Atonement
対抗 Ronald Harwood, The Diving Bell and the Butterfly
Sarah Polley, Away From Her

09. BEST ANIMATED FEATURE
対抗 Persepolis (ペルセポリス)
本命 Ratatouille (レミーのおいしいレストラン)
Surf's Up (サーフズ・アップ)

10. BEST ART DIRECTION
対抗 American Gangster
Atonement
The Golden Compass
本命 Sweeney Todd
There Will Be Blood

皆目わからない。

11. BEST CINEMATOGRAPHY
The Assassination of Jesse James…
Atonement
The Diving Bell and the Butterfly
本命 No Country for Old Men
対抗 There Will Be Blood

12. BEST COSTUME DESIGN
Across the Universe
本命 Atonement
対抗 Elizabeth: The Golden Age
La Vie en Rose
Sweeney Todd

13. BEST DOCUMENTARY
対抗 No End in Sight
Operation Homecoming: Writing the Wartime Experience
本命 Sicko
Taxi to the Dark Side
War/Dance

14. BEST DOCUMENTARY SHORT SUBJECT
Freeheld
本命 La Corona (The Crown)
対抗 Salim Baba
Sari’s Mother

15. BEST EDITING
対抗 The Bourne Ultimatum
The Diving Bell and the Butterfly
Into the Wild
本命 No Country for Old Men
There Will Be Blood

16. BEST FOREIGN-LANGUAGE FILM
Beaufort (Israel)
The Counterfeiters (Austria)
対抗 Katyn (Poland)
本命 Mongol (Kazakhstan)
12 (Russia)

17. BEST MAKEUP
本命 La Vie en Rose
Norbit
対抗 Pirates of the Caribbean: At World's End

18. BEST ORIGINAL SCORE
本命 Atonement
The Kite Runner
Michael Clayton
対抗 Ratatouille
3:10 to Yuma

19. BEST ORIGINAL SONG
本命 ''Falling Slowly,'' Once
''Happy Working Song,'' Enchanted
''Raise It Up,'' August Rush
''So Close,'' Enchanted
対抗 ''That's How You Know,'' Enchanted

20. BEST SOUND EDITING
The Bourne Ultimatum
対抗 No Country for Old Men
Ratatouille
There Will Be Blood
本命 Transformers

21. BEST SOUND MIXING
The Bourne Ultimatum
対抗 No Country for Old Men
Ratatouille
3:10 to Yuma
本命 Transformers

22. BEST VISUAL EFFECTS
The Golden Compass
対抗 Pirates of the Caribbean: At World's End
本命 Transformers

23. BEST ANIMATED SHORT
対抗 I Met the Walrus
Madame Tutli-Putli
Même Les Pigeons Vont au Paradis (Even Pigeons Go to Heaven)
My Love (Moya Lyubov)
本命 Peter & the Wolf

24. BEST LIVE-ACTION SHORT
At Night
Il Supplente (The Substitute)
本命 Le Mozart des Pickpockets (The Mozart of Pickpockets)
Tanghi Argentini
対抗 The Tonto Woman

ENT>MOVIE>AWARDS>Academy, 80th


投稿者 吉岡正晴 : 06:02 AM | コメント (0)

February 27, 2007

79th Academy: Oscar Goes To...

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【第79回アカデミー賞・マーチン・スコセッシー遂に】

挑戦。

第79回アカデミー賞の授賞式が2007年2月25日(=日本時間、26日・月曜午前10時)にロスアンジェルスのコダックシアターで行われた。

パフォーマンスでは、ジェニファー・ハドソンらの『ドリーム・ガールズ』チームのものが印象的だった。しかし、『ドリーム・ガールズ』から3曲がノミネートされた歌曲賞は、まったくの予想外で 『AN INCONVENIENT TRUTH』のメリサ・エスリッジに渡った。また、随所にでてきたシルエットのパフォーマンスもおもしろかった。

プレゼンテイターに渡辺謙が登場し、堂々としていたところは素晴らしかった。ちょっと感動した。

予想結果は、全24部門中本命で13部門、対抗で8部門で的中、両者あわせると8割7部5厘の的中率。個人的にはグラミーより当たるところが痛し痒し。(苦笑) 主要6部門、主演・助演・男優・女優、作品賞、監督賞では本命で5、対抗で1だったのでかなりの成績だ。唯一対抗にしたのは、助演男優賞の部門。僕はエディー・マーフィーを本命にしていたが、『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・ラーキンに行った。

また、作品賞、監督賞がついにスコセッシーに行ったところが見事。これはまさに本命だった。また、スピーチでは、主演男優賞の本命、フォーレスト・ウィテッカーのものが感動的だった。「かつてドライヴイン・シアターで見ていた映画に自分が出ることになるなど夢にも思わなかった。その夢が実現した」といったような内容。菊地凛子さんは残念だったが、ノミネートされただけでも、日本人として誇りを感じる。すばらしい。どんどんとハリウッド映画に挑戦して欲しい。

しかし、ワウワウ(WOWOW)の日本サイドの部分は、もう少し映画に詳しい人をだせないのだろうか。少なくとも、司会者も含めノミネート作品は見ていて欲しいところ。試写が時間的制約で見られないとしても、その作品の内容のおおまかのところは知っておいて解説か、語ってほしい。その作品がどういう作品・ストーリーか、どこが評価されてノミネートに至ったのか、演技はどうなのか、脚本がいいのかなど、今回の中継は映画の内容についてはまったくなかったので、熱心な映画ファンでなくともかなりストレスがたまる。熱心な映画ファンは怒り心頭だろう。なんでちゃんとした映画評論家でも出せないのだろうか。来年はもうすこしまともな解説を頼みたい。

オフィシャルサイトは次の通り。

http://www.oscar.com/

79TH AWARDS WINNERS

01. Best motion picture of the year 最優秀映画

BABEL
受賞 本命 THE DEPARTED
LETTERS FROM IWO JIMA
対抗 LITTLE MISS SUNSHINE
THE QUEEN

02. Performance by an actor in a leading role主演男優賞

Leonardo DiCaprio - BLOOD DIAMOND
Ryan Gosling - HALF NELSON
対抗Peter O'Toole - VENUS
Will Smith - THE PURSUIT OF HAPPYNESS
受賞 本命 Forest Whitaker - THE LAST KING OF SCOTLAND

03. Performance by an actor in a supporting role助演男優賞

受賞 対抗 Alan Arkin - LITTLE MISS SUNSHINE
Jackie Earle Haley - LITTLE CHILDREN
Djimon Hounsou - BLOOD DIAMOND (ジャイモン・アンスー)
本命 Eddie Murphy - DREAMGIRLS
Mark Wahlberg - THE DEPARTED

04. Performance by an actress in a leading role主演女優賞

Penelope Cruz - VOLVER
Judi Dench - NOTES ON A SCANDAL
受賞 大本命 Helen Mirren - THE QUEEN
Meryl Streep - THE DEVIL WEARS PRADA
対抗 Kate Winslet - LITTLE CHILDREN

05. Performance by an actress in a supporting role助演女優賞

Adriana Barraza - BABEL
Cate Blanchett - NOTES ON A SCANDAL
対抗Abigail Breslin - LITTLE MISS SUNSHINE
受賞 本命 Jennifer Hudson - DREAMGIRLS
Rinko Kikuchi - BABEL

06. Adapted screenplay 脚色賞

対抗 BORAT CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN
CHILDREN OF MEN
受賞 本命 THE DEPARTED
LITTLE CHILDREN
NOTES ON A SCANDAL

07. Original screenplay 脚本賞

BABEL
対抗 LETTERS FROM IWO JIMA
受賞 本命 LITTLE MISS SUNSHINE
PAN'S LABYRINTH
THE QUEEN

08. Achievement in directing 監督

Alejandro Gonzalez Inarritu "BABEL"
受賞 本命 Martin Scorsese "THE DEPARTED"
対抗 Clint Eastwood "LETTERS FROM IWO JIMA"
Stephen Frears "THE QUEEN"
Paul Greengrass "UNITED 93"

09. Best animated feature film of the year 長編アニメ映画

本命 CARS
受賞 対抗 HAPPY FEET
MONSTER HOUSE

10. Achievement in art direction アートディレクション

本命 DREAMGIRLS
THE GOOD SHEPHERD
受賞 対抗 PAN'S LABYRINTH
PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST
THE PRESTIGE

11. Achievement in cinematography 撮影賞

THE BLACK DAHLIA
本命 CHILDREN OF MEN
THE ILLUSIONIST
受賞 対抗 PAN'S LABYRINTH
THE PRESTIGE

12. Achievement in costume design 衣装賞

CURSE OF THE GOLDEN FLOWER
THE DEVIL WEARS PRADA
本命 DREAMGIRLS
受賞 対抗 MARIE ANTOINETTE
THE QUEEN

13. Best documentary feature ドキュメンタリーフィルム

DELIVER US FROM EVIL
受賞 本命 AN INCONVENIENT TRUTH
IRAQ IN FRAGMENTS
対抗 JESUS CAMP
MY COUNTRY, MY COUNTRY

14. Best documentary short subject 短編・ドキュメンタリー

受賞 THE BLOOD OF YINGZHOU DISTRICT
対抗 RECYCLED LIFE
本命 REHEARSING A DREAM
TWO HANDS

15. Achievement in film editing 編集

本命 BABEL
BLOOD DIAMOND
CHILDREN OF MEN
受賞 対抗 THE DEPARTED
UNITED 93

16. Best foreign language film of the year 外国映画賞

AFTER THE WEDDING
DAYS OF GLORY (INDIGENES)
受賞 対抗 THE LIVES OF OTHERS
本命 PAN'S LABYRINTH
WATER

17. Achievement in makeup

対抗 APOCALYPTO
CLICK
受賞 本命 PAN'S LABYRINTH

18. Achievement in music written for motion pictures (Original score) 作曲賞

受賞 本命 BABEL
THE GOOD GERMAN
NOTES ON A SCANDAL
PAN'S LABYRINTH
対抗 THE QUEEN

19. Achievement in music written for motion pictures (Original song) 歌曲賞

受賞 "I Need to Wake Up" - AN INCONVENIENT TRUTH
本命 "Listen" - DREAMGIRLS
対抗 "Love You I Do" - DREAMGIRLS
"Our Town" - CARS
"Patience" - DREAMGIRLS

20. Best animated short film 短編アニメーション

受賞 THE DANISH POET
LIFTED
本命 THE LITTLE MATCHGIRL
対抗 MAESTRO
NO TIME FOR NUTS

21. Best live action short film

BINTA AND THE GREAT IDEA (BINTA Y LA GRAN IDEA)
ERAMOS POCOS (ONE TOO MANY)
本命 HELMER & SON
THE SAVIOUR
受賞 対抗 WEST BANK STORY

22. Achievement in sound editing

APOCALYPTO
BLOOD DIAMOND
FLAGS OF OUR FATHERS
受賞 本命 LETTERS FROM IWO JIMA
対抗PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST

23. Achievement in sound mixing

APOCALYPTO
BLOOD DIAMOND
受賞 本命 DREAMGIRLS
FLAGS OF OUR FATHERS
対抗 PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST

24. Achievement in visual effects

受賞 本命 PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST
POSEIDON
対抗 SUPERMAN RETURNS

ENT>AWARD>ACADEMY>79th

+++++++++++++++

投稿者 吉岡正晴 : 12:10 PM | コメント (0)

February 22, 2007

79th Academy Predictions

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【第79回アカデミー賞・予想】

予想。

第79回アカデミー賞の授賞式が来る2007年2月25日(=日本時間、26日・月曜午前10時)にロスアンジェルスのコダックシアターで行われる。また本命、対抗で予想をしてみる。2年前から始め、一昨年は9部門で予想し、本命対抗で全部門、昨年も10部門で本命対抗で全部門当たっている。そこで今年は24部門に広げてみた。さすがにアカデミーともなると、予想記事が充実していて、丹念に読んでいくとひじょうにおもしろい。果たしてどうなるか。本命・対抗トータルで6割(15部門)来ればよしとするところだが・・・。日本人は来るか。ついにマーティン・スコセッシーにオスカーは渡るか。オスカーは誰の手に。

オフィシャルサイトは次の通り。
http://www.oscar.com/

NOMINATIONS BY CATEGORY - 79TH AWARDS

01. Best motion picture of the year 最優秀映画

BABEL
本命 THE DEPARTED
LETTERS FROM IWO JIMA
対抗 LITTLE MISS SUNSHINE
THE QUEEN

02. Performance by an actor in a leading role主演男優賞

Leonardo DiCaprio - BLOOD DIAMOND
Ryan Gosling - HALF NELSON
対抗Peter O'Toole - VENUS
Will Smith - THE PURSUIT OF HAPPYNESS
本命 Forest Whitaker - THE LAST KING OF SCOTLAND

03. Performance by an actor in a supporting role助演男優賞
対抗 Alan Arkin - LITTLE MISS SUNSHINE
Jackie Earle Haley - LITTLE CHILDREN
Djimon Hounsou - BLOOD DIAMOND
本命 Eddie Murphy - DREAMGIRLS
Mark Wahlberg - THE DEPARTED

04. Performance by an actress in a leading role主演女優賞
Penelope Cruz - VOLVER
Judi Dench - NOTES ON A SCANDAL
大本命 Helen Mirren - THE QUEEN
Meryl Streep - THE DEVIL WEARS PRADA
対抗 Kate Winslet - LITTLE CHILDREN

05. Performance by an actress in a supporting role助演女優賞
Adriana Barraza - BABEL
Cate Blanchett - NOTES ON A SCANDAL
対抗Abigail Breslin - LITTLE MISS SUNSHINE
本命 Jennifer Hudson - DREAMGIRLS
Rinko Kikuchi - BABEL

06. Adapted screenplay 脚色賞
対抗 BORAT CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN
CHILDREN OF MEN
本命 THE DEPARTED
LITTLE CHILDREN
NOTES ON A SCANDAL

07. Original screenplay 脚本賞
BABEL
対抗 LETTERS FROM IWO JIMA
本命 LITTLE MISS SUNSHINE
PAN'S LABYRINTH
THE QUEEN

08. Achievement in directing 監督

Alejandro Gonzalez Inarritu "BABEL"
本命 Martin Scorsese "THE DEPARTED"
対抗 Clint Eastwood "LETTERS FROM IWO JIMA"
Stephen Frears "THE QUEEN"
Paul Greengrass "UNITED 93"

09. Best animated feature film of the year アニメ映画

本命 CARS
対抗 HAPPY FEET
MONSTER HOUSE

10. Achievement in art direction アートディレクション

本命 DREAMGIRLS
THE GOOD SHEPHERD
対抗 PAN'S LABYRINTH
PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST
THE PRESTIGE

11. Achievement in cinematography 撮影賞
THE BLACK DAHLIA
本命 CHILDREN OF MEN
THE ILLUSIONIST
対抗 PAN'S LABYRINTH
THE PRESTIGE

12. Achievement in costume design 衣装
CURSE OF THE GOLDEN FLOWER
THE DEVIL WEARS PRADA
本命 DREAMGIRLS
対抗 MARIE ANTOINETTE
THE QUEEN

13. Best documentary feature ドキュメンタリーフィルム

DELIVER US FROM EVIL
本命 AN INCONVENIENT TRUTH
IRAQ IN FRAGMENTS
対抗 JESUS CAMP
MY COUNTRY, MY COUNTRY

14. Best documentary short subject 短編・ドキュメンタリー

THE BLOOD OF YINGZHOU DISTRICT
対抗 RECYCLED LIFE
本命 REHEARSING A DREAM
TWO HANDS

15. Achievement in film editing 編集
本命 BABEL
BLOOD DIAMOND
CHILDREN OF MEN
対抗 THE DEPARTED
UNITED 93

16. Best foreign language film of the year 外国映画賞
AFTER THE WEDDING
DAYS OF GLORY (INDIGENES)
対抗 THE LIVES OF OTHERS
本命 PAN'S LABYRINTH
WATER

17. Achievement in makeup

対抗 APOCALYPTO
CLICK
本命 PAN'S LABYRINTH

18. Achievement in music written for motion pictures (Original score)

本命 BABEL
THE GOOD GERMAN
NOTES ON A SCANDAL
PAN'S LABYRINTH
対抗 THE QUEEN

19. Achievement in music written for motion pictures (Original song)

"I Need to Wake Up" - AN INCONVENIENT TRUTH
本命 "Listen" - DREAMGIRLS
対抗 "Love You I Do" - DREAMGIRLS
"Our Town" - CARS
"Patience" - DREAMGIRLS

20. Best animated short film

THE DANISH POET
LIFTED
本命 THE LITTLE MATCHGIRL
対抗 MAESTRO
NO TIME FOR NUTS

21. Best live action short film

BINTA AND THE GREAT IDEA (BINTA Y LA GRAN IDEA)
ERAMOS POCOS (ONE TOO MANY)
本命 HELMER & SON
THE SAVIOUR
対抗 WEST BANK STORY

22. Achievement in sound editing

APOCALYPTO
BLOOD DIAMOND
FLAGS OF OUR FATHERS
本命 LETTERS FROM IWO JIMA
対抗PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST

23. Achievement in sound mixing

APOCALYPTO
BLOOD DIAMOND
本命 DREAMGIRLS
FLAGS OF OUR FATHERS
対抗 PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST

24. Achievement in visual effects

本命 PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST
POSEIDON
対抗 SUPERMAN RETURNS

ENT>AWARD>ACADEMY>79th

+++++++++++++++

投稿者 吉岡正晴 : 04:42 AM | コメント (0)

July 18, 2006

Two Interesting Compilation Album Has Released: "Atlantic Unearthed: Soul Brothers" & "Atlantic Unearthed: Soul Sisters"

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【アトランティック掘り起し作品集登場】

掘り起し。

ソウルの名門アトランティック・レコードの倉庫に眠る作品群を掘り起した強力なコンピレーション・アルバム2枚が出た。

男性シンガーを編纂した「アトランティック・アンアースド:ソウル・ブラザース」とその女性版「アトランティック・アンアースド:ソウル・シスターズ」。「アンアースド(Unearthed)」というのが、「~を掘り起す、発掘する」という意味だ。まさに、タイトル通りのコンピレーション、全米で2006年6月6日リリースされた。

ソウルの宝庫アトランティック・レコードに残っている未発表曲、またシングルのB面などに収められていた作品などを集めて編纂したアルバムで、初CD化のものも多数ある。日本でのリリースも検討中。

Atlantic Unearthed例えば、男性編では、ウィルソン・ピケット、ダニー・ハザウェイ、アーサー・コンレー、パーシー・スレッジらの未発表曲が収録されている。女性シンガー編ではアレサ・フランクリン、マージー・ジョセフ、パティー・ラベル、ディー・ディー・ワーウィック、スイート・インスピレーション、べティー・スワンの未発表曲が収録。またシングルのみのリリースでCD化されていなかった作品なども多い。だいたい64年から73年までにリリースされたものが中心になっている。

このコンピレーションを編纂したのは、ソウル・ミュージック研究家デイヴィッド・ネイサン。ネイサンはイギリス人で、現在はロスアンジェルス在住。イギリスのソウル音楽雑誌「ブルース・アンド・ソウル」に60年代後期からソウル関係の原稿を書き始め、「イギリスのソウルミュージック大使」の異名をとる。膨大な知識と取材によって、ソウル博士としても知られ、多数のライナーノーツ、コンピレーションの編集などを行っている。

どの曲も聴き応えがあるが、男性シンガーではピケット、ウーマック、クレイなど特に印象に残る。また、ダニー・ハザウェイの未発表曲も、すばらしい。これは73年1月にアリフ・マーディンのプロデュースで録音されている。シャイ・ライツで72年にヒットする「コールデスト・デイズ・オブ・マイ・ライフ」は、それより先に、おなじくシカゴのウォルター・ジャクソンが70年にレコーディングしていたことを初めて知った。

Atlantic Unearthed女性編では、なんといってもアレサ・フランクリンが歌う未発表ヴァージョン「マイ・ウェイ」だろう。しかし、なんであのスタンダードがこんなにもソウルフルになってしまうのだろうか。まさに楽曲の解釈力のすさまじさを爆発させている。プロデュースはトム・ダウドとアリフ・マーディンで、70年3月の録音。

カントリー・フィールもあるベティー・スワンの未発表曲「アイ・エイント・ザット・イージー・トゥ・ルーズ」は、モータウンのテルマ・ヒューストンが録音した曲のカヴァーということだが、どこかグラディス・ナイトあたりがレコーディングしそうな作品だ。「イフ・アイ・ワー・ユア・ウーマン」によく似ている。

ベイビー・ワシントンの歌うジミー・ラッフィンのヒット「ホワット・ビカームズ・オブ・ザ・ブロークン・ハーテッド」は、最近では『永遠のモータウン』で歌われ、かなり日本でも有名になっている。

それにしても、アトランティックの倉庫は、宝の山なんだろうな。

■ライノのウェッブ

"Atlantic Unearthed: Soul Brothers" (Atlantic/Rhino 77625-2)
http://www.rhino.com/store/ProductDetail.lasso?Number=77625

01. Can't Stop A Man In Love - Wilson Pickett
02. How Does It Feel - Bobby Womack
03. You Left The Water Running - Sam & Dave
04. Rome (Wasn't Built In A Day) - Arthur Conley
05. Book Of Memories - Percy Wiggins
06. That's How It Feels - The Soul Clan
07. I Love You More Than Words Can Say - Otis Redding
08. Baby, Baby, Baby - Percy Sledge
09. Hold On - James Carr
10. Pouring Water On A Drowning Man - Otis Clay
11. Lovebones - Mighty Sam
12. The Love Of My Woman - Darrell Banks
13. Coldest Days Of My Life - Walter Jackson
14. Whiter Shade Of Pale - R.B. Greaves
15. Change With The Seasons - Carl Hall
16. What A Woman Really Means - Donny Hathaway

"Atlantic Unearthed: Soul Sisters" (Atlantic/Rhino 77626-2)
http://www.rhino.com/store/productdetail.lasso?number=77626

01. My Way - Aretha Franklin
02. It's Growing - Margie Joseph
03. (1-2-3-4-5-6-7) Count The Days - Patti LaBelle & The Blue Belles
04. Please Little Angel - Doris Troy
05. Hands Off My Baby - Mary Wells
06. My Best Friend's Man - Dee Dee Sharp
07. Rescue Me - Dee Dee Warwick
08. What Becomes Of The Brokenhearted - Baby Washington
09. Full Time Woman - Irma Thomas
10. I Got To Love Somebody's Baby - Judy Clay
11. Cheater Man - Esther Phillips
12. What A Man - Laura Lee
13. Ain't Nothing Gonna Change Me - The Sweet Inspirations
14. It Ain't Who You Know - Jackie Moore
15. I Ain't that Easy To Lose - Betty Swann
16. Thankful For What I Got - Barabara Lewis

ENT>MUSIC>ALBUM>Soul Compilation

投稿者 吉岡正晴 : 12:28 AM | コメント (0)

March 07, 2006

78th Academy Award: "Oscar Goes To..."

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【第78回アカデミー賞授賞式】

順当。

第78回アカデミー賞が去る3月5日午後8時(東部時間)(日本時間6日午前10時)から、ロスアンジェルスのコダックシアターで発表された。ソウル・サーチン・ダイアリーではそのうちの9部門を予想、7部門が本命で、2部門が対抗で当たり、結局本命・対抗で10割の的中率となった。(グラミーより当たるというところが情けない=(笑)) 確か去年も全部当たってたような。

アニメでさすがに、アメリカの世論は『ウォレス・・』だったが、日本人なので、『ハウル』を本命にしたが、結局アメリカ世論通りということになった。また作品賞の『クラッシュ』は、きっと、『ブロークン・・・』と一騎打ちだったのだろう。下馬評では『ブローク・・・』だったが、『クラッシュ』は意外だった。そういう意味で言えば、全体的には作品賞の『クラッシュ』以外は、ほぼ順当な受賞ということになった。

受賞者など、オスカーのオフィシャルサイト。

http://www.oscar.com/

1.主演男優賞 Performance by an actor in a leading role

【受賞】 本命Philip Seymour Hoffman in "Capote" (UA/Sony Pictures Classics)
Terrence Howard in "Hustle & Flow" (Paramount Classics, MTV Films and New Deal Entertainment)
対抗Heath Ledger in "Brokeback Mountain" (Focus Features)
Joaquin Phoenix in "Walk the Line" (20th Century Fox)
David Strathairn in "Good Night, and Good Luck." (Warner Independent Pictures)

2.助演男優賞 Performance by an actor in a supporting role

【受賞】 本命George Clooney in "Syriana" (Warner Bros.)
対抗Matt Dillon in "Crash" (Lions Gate)
Paul Giamatti in "Cinderella Man" (Universal and Miramax)
Jake Gyllenhaal in "Brokeback Mountain" (Focus Features)
William Hurt in "A History of Violence" (New Line)

3.主演女優賞 Performance by an actress in a leading role

Judi Dench in "Mrs. Henderson Presents" (The Weinstein Company)
対抗Felicity Huffman in "Transamerica" (The Weinstein Company and IFC Films)
Keira Knightley in "Pride & Prejudice" (Focus Features)
Charlize Theron in "North Country" (Warner Bros.)
【受賞】 本命Reese Witherspoon in "Walk the Line" (20th Century Fox)

4.助演女優賞 Performance by an actress in a supporting role

Amy Adams in "Junebug" (Sony Pictures Classics)
Catherine Keener in "Capote" (UA/Sony Pictures Classics)
Frances McDormand in "North Country" (Warner Bros.)
【受賞】 本命Rachel Weisz in "The Constant Gardener" (Focus Features)
対抗Michelle Williams in "Brokeback Mountain" (Focus Features)

5.優秀アニメ映画 Best animated feature film of the year

本命"Howl's Moving Castle" (Buena Vista)
Hayao Miyazaki
"Tim Burton's Corpse Bride" (Warner Bros.)
Tim Burton and Mike Johnson
【受賞】 対抗\"Wallace & Gromit in the Curse of the Were-Rabbit" (DreamWorks Animation SKG)
Nick Park and Steve Box

6.最優秀監督賞 Achievement in directing

【受賞】 本命"Brokeback Mountain" (Focus Features) Ang Lee
"Capote" (UA/Sony Pictures Classics) Bennett Miller
"Crash" (Lions Gate) Paul Haggis
対抗\"Good Night, and Good Luck." (Warner Independent Pictures) George Clooney
"Munich" (Universal and DreamWorks) Steven Spielberg

7.最優秀作品 Best motion picture of the year

本命"Brokeback Mountain" (Focus Features) Diana Ossana and James Schamus, Producers A River Road Entertainment Production

"Capote" (UA/Sony Pictures Classics) Caroline Baron, William Vince and Michael Ohoven, An A-Line Pictures/Cooper's Town/ Producers Infinity Media Production

【受賞】 対抗\"Crash" (Lions Gate) Paul Haggis and Cathy Schulman, Producers A Bob Yari/DEJ/Blackfriar's Bridge/
Harris Company/ApolloProscreen GmbH & Co./Bull's Eye Entertainment Production

"Good Night, and Good Luck." Grant Heslov, Producer (Warner Independent Pictures) A Good Night Good Luck LLC Production

"Munich" (Universal and DreamWorks) Kathleen Kennedy, Steven Spielberg and A Universal Pictures/DreamWorks Barry Mendel, Producers Pictures Production

8.最優秀脚色 Adapted screenplay

【受賞】 本命"Brokeback Mountain" (Focus Features) Screenplay by Larry McMurtry & Diana Ossana

対抗\"Capote" (UA/Sony Pictures Classics) Screenplay by Dan Futterman

"The Constant Gardener" (Focus Features) Screenplay by Jeffrey Caine

"A History of Violence" (New Line) Screenplay by Josh Olson

"Munich" (Universal and DreamWorks) Screenplay by Tony Kushner and Eric Roth


9. 最優秀脚本 Original screenplay

【受賞】 本命"Crash" (Lions Gate) Screenplay by Paul Haggis & Bobby Moresco Story by Paul Haggis

対抗\"Good Night, and Good Luck." Screenplay by George Clooney & Grant Heslov
(Warner Independent Pictures)

"Match Point" (DreamWorks) Written by Woody Allen

"The Squid and the Whale" (Samuel Goldwyn Films and Sony Pictures Releasing) Written by Noah Baumbach

"Syriana" (Warner Bros.) Written by Stephen Gaghan


ENT>MOVIE>ACADEMY

投稿者 吉岡正晴 : 01:39 AM | コメント (0)

March 04, 2006

78th Oscar Predictions

[ ENT>MOVIE>ACADEMY]

【オスカー予想】  

予想。

第78回アカデミー賞が来る3月5日午後8時(東部時間)(日本時間6日午前10時)から、ロスアンジェルスのコダックシアターで発表される。そのうちの9部門の予想をしてみた。昨年同様、さまざまなメディアにでた記者の分析、予想記事を元にしてみた。本命と対抗あわせて4割も当たればいいところではないでしょうか。


1.主演男優賞 Performance by an actor in a leading role


本命Philip Seymour Hoffman in "Capote" (UA/Sony Pictures Classics)
Terrence Howard in "Hustle & Flow" (Paramount Classics, MTV Films and New Deal Entertainment)
対抗Heath Ledger in "Brokeback Mountain" (Focus Features)
Joaquin Phoenix in "Walk the Line" (20th Century Fox)
David Strathairn in "Good Night, and Good Luck." (Warner Independent Pictures)

2.助演男優賞 Performance by an actor in a supporting role

本命George Clooney in "Syriana" (Warner Bros.)
対抗Matt Dillon in "Crash" (Lions Gate)
Paul Giamatti in "Cinderella Man" (Universal and Miramax)
Jake Gyllenhaal in "Brokeback Mountain" (Focus Features)
William Hurt in "A History of Violence" (New Line)

3.主演女優賞 Performance by an actress in a leading role

Judi Dench in "Mrs. Henderson Presents" (The Weinstein Company)
対抗Felicity Huffman in "Transamerica" (The Weinstein Company and IFC Films)
Keira Knightley in "Pride & Prejudice" (Focus Features)
Charlize Theron in "North Country" (Warner Bros.)
本命Reese Witherspoon in "Walk the Line" (20th Century Fox)

4.助演女優賞 Performance by an actress in a supporting role

Amy Adams in "Junebug" (Sony Pictures Classics)
Catherine Keener in "Capote" (UA/Sony Pictures Classics)
Frances McDormand in "North Country" (Warner Bros.)
本命Rachel Weisz in "The Constant Gardener" (Focus Features)
対抗Michelle Williams in "Brokeback Mountain" (Focus Features)

5.優秀アニメ映画 Best animated feature film of the year

本命"Howl's Moving Castle" (Buena Vista)
Hayao Miyazaki
"Tim Burton's Corpse Bride" (Warner Bros.)
Tim Burton and Mike Johnson
対抗\"Wallace & Gromit in the Curse of the Were-Rabbit" (DreamWorks Animation SKG)
Nick Park and Steve Box

6.最優秀監督賞 Achievement in directing

本命"Brokeback Mountain" (Focus Features) Ang Lee
"Capote" (UA/Sony Pictures Classics) Bennett Miller
"Crash" (Lions Gate) Paul Haggis
対抗\"Good Night, and Good Luck." (Warner Independent Pictures) George Clooney
"Munich" (Universal and DreamWorks) Steven Spielberg


7.最優秀作品 Best motion picture of the year

本命"Brokeback Mountain" (Focus Features) Diana Ossana and James Schamus, Producers A River Road Entertainment Production

"Capote" (UA/Sony Pictures Classics) Caroline Baron, William Vince and Michael Ohoven, An A-Line Pictures/Cooper's Town/ Producers Infinity Media Production

対抗\"Crash" (Lions Gate) Paul Haggis and Cathy Schulman, Producers A Bob Yari/DEJ/Blackfriar's Bridge/
Harris Company/ApolloProscreen GmbH & Co./Bull's Eye Entertainment Production

"Good Night, and Good Luck." Grant Heslov, Producer (Warner Independent Pictures) A Good Night Good Luck LLC Production

"Munich" (Universal and DreamWorks) Kathleen Kennedy, Steven Spielberg and A Universal Pictures/DreamWorks Barry Mendel, Producers Pictures Production

8.最優秀脚色 Adapted screenplay


本命"Brokeback Mountain" (Focus Features) Screenplay by Larry McMurtry & Diana Ossana

対抗\"Capote" (UA/Sony Pictures Classics) Screenplay by Dan Futterman

"The Constant Gardener" (Focus Features) Screenplay by Jeffrey Caine

"A History of Violence" (New Line) Screenplay by Josh Olson

"Munich" (Universal and DreamWorks) Screenplay by Tony Kushner and Eric Roth


9. 最優秀脚本 Original screenplay

本命"Crash" (Lions Gate) Screenplay by Paul Haggis & Bobby Moresco Story by Paul Haggis

対抗\"Good Night, and Good Luck." Screenplay by George Clooney & Grant Heslov
(Warner Independent Pictures)

"Match Point" (DreamWorks) Written by Woody Allen

"The Squid and the Whale" (Samuel Goldwyn Films and Sony Pictures Releasing) Written by Noah Baumbach

"Syriana" (Warner Bros.) Written by Stephen Gaghan


ENT>MOVIE>ACADEMY

投稿者 吉岡正晴 : 06:31 AM | コメント (0)